TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/12/08 更新日:🕒2017/06/23

老人ホームでの遺品整理に困ったら?

遺族では対応出来ない場合の遺品整理

最近は、離れて暮らしているだけでなく、ある程度健康なうちから老人ホームに入居している人も少なくありません。

孤独死の心配は少なく、急病や持病の悪化にも迅速な対応が出来ることもあり、家族も安心ですが、亡くなった後は当然遺品整理は必要になります。

老人ホームでも、個室を利用している場合にはそれなりの所有品があり、遺族による回収と整理が求められます。

なかなか行く機会が無い場合であっても、ホームの事情などもあり、ある程度の期限が設けられている場合がほとんとです。

そんな中、多忙な遺族に代わって遺品整理をしてくれる業者が増えています。

貴重品の仕分けから、不用品の回収に処分まで請けてくれるところが多く、その需要は高まる傾向にあります。

今、老人ホームでの遺品整理も業者が請け負う時代なのです。

さまざまな業者の中でどう選択するか?

遺品整理をしてくれる業者の中にも、さまざまな種類があります。

一般の住居で孤独死をしてしまった場合には、部屋の清掃や臭いの除去まで請けてくれるところもあります。

老人ホームの場合であれば孤独死の心配はまずありませんが、故人の使用状況によっては清掃や原状回復を求められることもあります。また、施設という状況での作業には、周囲への配慮をしっかり行う準備やマナーを心得ているところも安心です。

また、遺品を扱う場合には供養をしながらその仕分けと処分を行う遺品整理士という資格を有している業者もいます。

遺品に向き合う心得やマナーだけでなく、遺品を処分する際にも法規制に基づいて適切に行う知識を習得した資格です。

老人ホームでの遺品整理には、周囲への配慮やマナーを心得ていることも考慮したほうが良いでしょう。

安心して任せられる業者の条件

生活総合サービス企業組合は、遺品整理士が在籍しています。

部屋の明け渡し期限が迫っているような場合でも、迅速で丁寧な対応が出来る遺品整理業者です。原状回復から清掃までも行っており、周囲への配慮や作業前の挨拶なども非常に丁寧で信頼出来ます。

また、何らかの事情がある場合にも、個人情報や守秘義務もしっかりしている為、安心して一任出来る業者なのです。

実際の費用に関しては、もちろん事前に見積もりの提示があります。依頼者が見積もりを確認し、納得の上で契約書を取り交わしてからの作業になる為、後から金額が追加になるなどのトラブルもありません。

実際の支払いも作業がすべて完了した後になります。生活総合サービス企業組合のように遺品整理士がいる業者や、見積書や契約書をしっかり作成する業者なら安心です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら