TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

ごみ屋敷を防ぐために大家さんができる対策とは

不用品
にお困りなら

大家さんになる人なら、必ず頭に入れておかなくてはいけないのが「ゴミ屋敷」問題ではないでしょうか。どんなに新築のマンションだとしても、高級マンションであってもゴミ屋敷はどこで起こるかなんてわかりません。

借り始めたばかりのときはゴミ屋敷にならないような人でも、何かをきっかけにゴミ屋敷になってしまうこともあります。大家さんにとってゴミ屋敷を未然に防ぐ為の対処法をしっかりとしていなくてはいけません。

いざというときの費用を抑える為にも、ゴミ屋敷の対策を考えていきましょう。

大家さんにとってゴミ屋敷は他人事ではない

ゴミ屋敷というと一番に思い浮かべるのは「戸建て」だと思います。確かにメディアなどで取り上げられるゴミ屋敷は戸建てが断然多く、マンションやアパートで手がつけられないほどのゴミ屋敷になるなんて想像もしてしない人も多いのではないでしょうか。

そもそも戸建てがゴミ屋敷化してしまうのは、他人の出入りが少なく自分たちで管理をしないと行けない点ではないでしょうか。マンションは定期的にな検針もあったり、他の人との共同生活をしていることもありゴミ屋敷になるとバレやすい環境でもあります。

軽トラ
パック

住民に部屋のなかを綺麗に保たないと…と高い意識を持っています。また、退去時に高額なお金がかかるかも?と考えると、ある程度きれいに使わないとと考える人がほとんどです。よくも悪くもプライベート感の強い戸建ては、ゴミ屋敷になりやすいともいえます。

ただし、マンションやアパートなどの集合住宅もゴミ屋敷にならないとは限りません。近頃は独身で仕事が多忙な生活をしている人がゴミ屋敷になってしまったり、片付けが苦手でゴミ屋敷になってしまうケースも増えています。

ゴミ屋敷になるのは容姿に気を配り清潔感のある人でも例外ではありません。ゴミ屋敷になっていても気付きにくく、周囲に異臭やゴキブリなどの害虫が増えたなどのクレーム通報が入るまで気付かないことも多々…。

クレームになってしまうと、隣人同士のトラブルになってしまいますし、大家さんにとってはいつどこでゴミ屋敷になってもおかしくないと認識しておかなくてはいけないのです。

ゴミ屋敷を防ぐために大家さんができることとは

大家さんにとってもゴミ屋敷のリスクを減らす為にも、どうしたらいいのか対応を考えていかなくてはいけません。ゴミ屋敷になりそうな人には部屋を貸さないなんて人もいるかと思いますが、ゴミ屋敷はきっかけさえあれば誰でもなる可能性があります。

ゴミ屋敷化してしまいそうな人を見抜くことは簡単なことではありません。難しい問題だからこそごみやしきを防ぐために、大家さんはどんな対策が必要になるのでしょうか。

・点検する回数を増やす

マンションの場合、火災報知器の定期点検だったりWi-Fi工事、ベランダの塗装などなにかと理由をつけて部屋のなかに入るようにします。なかには部屋のなかに入るのを嫌がり仕事で家にいないなどの理由で断る人もいますが、それ以外の住民の部屋のなかの状態を確認できます。

毎回断るような人の場合、ゴミ屋敷のリスクがある人として目を光らせておくこともできますね。部屋のなかに定期的に入るようになると、ひと目につくこともあり「ゴミ屋敷を片付けなくては」とひどい状態を未然に防ぐこともできます。

また部屋のなかに入らずとも、家を訪ねたときに部屋のなかをちらっと見てゴミが溜まっていたり臭いが気になるときは、話し合いの場を設けることもできます。それでも状態が改善されないときは警告をしたり、ゴミ屋敷のリスクも減らせるはずです。

・ゴミ屋敷の特約項目を契約書に載せる

ゴミ屋敷は住んでいる本人の過失になります。賃貸として貸し出すときの契約書にゴミ屋敷になってしまったときの、原状回復費用は借り主の負担になる旨を記載しておきましょう。

契約している本人がそれに気付いていないと意味がないので、契約時にしっかりと説明し、ゴミ屋敷になってしまったときに高額な費用がかかるかもしれないと念を押しておきます。

それだけでもゴミ屋敷化を防ぐことには繋がります。部屋の経年劣化など大家さん側が負担しなくてはいけない点もありますが、ゴミ屋敷になってしまったときの負担はどの程度になるのか伝えておくだけでも、リスクの軽減になります。

・住民と積極的にコミュニケーションをとる

大家さんが近くに住んでいたり、同じマンションやアパート内に住んでいることもあると思います。ゴミ屋敷かどうかは近隣の人のほうが早く気付きますし、もしかすると異臭が気になっていてどうにかしてほしいと思っているかもしれません。

いきなり話しかけても距離を取られてしまうケースもあるので、日頃から話す機会を作り積極的にコミュニケーションを取っておきましょう。ゴミ屋敷だけでなく、マンションやアパートのリスク軽減を考えるうえでもとても有効的な方法になります。

例えばペット不可のマンションで住民とコミュニケーションが取れていたからこそ、気付き注意喚起ができたなんて例もあります。住んでいる本人が一番わかっていますし、しっかりと連携を取っておきましょう。

・ゴミ屋敷の問題について知ること

大家さんとして管理する立場になったら、ゴミ屋敷がいかに社会問題になっているのかを知ることも大切です。例えばコロナの影響もあり、ゴミ屋敷化してしまう人も増えています。

ゴミ屋敷になる原因の一つに精神的な問題もあり世の中が不安定になると、途端にゴミ屋敷になってしまう人もいます。その反面、長期間家にいるのでゴミ屋敷を解消しようと片付ける人がいたりと、今までゴミ屋敷になっていなかった人が片付けられない悩みを抱えていることもあります。

ゴミ屋敷の問題について知り、どんな対策が必要なのかを真剣に考える必要があります。ゴミ屋敷について知っていれば、対策もしっかりとできますよ。

ゴミ屋敷になってしまったときはどうしたらいいの?

どんなに気を付けていてもゴミ屋敷になってしまう可能性はゼロではありません。もし管理しているマンションやアパートでゴミ屋敷になってしまったとき、すぐに相談できる場所を決めておくと安心です。

住民と話す機会を設け片付けるように忠告しても、すぐに対応してくれるケースもあれば難しいケースもあります。近隣の人にも迷惑がかかってしまったり、ゴミ屋敷があるだけで次の住人が決まらなくなってしまうことも…。

大家さんにとっても空室のままの状況では、その間の収入が入らなくなってしまいます。ゴミ屋敷を一刻も早く解決できるように、すぐに対応してくれる業者を調べておきましょう。

ゴミ屋敷の片付けに困ったときは生活総合サービスへ

ゴミ屋敷の片付けでどこに依頼するべきか迷ったときは、生活総合サービスに任せてみませんか。ゴミ屋敷の問題をできるだけ早く解決したいと思っている方や、住人の都合で土日しか片付けが難しく自治体で依頼できないなど、さまざまな問題を解決するお手伝いをしています。

ゴミ屋敷で不用品回収業者に依頼すると、なかには悪質な業者もおり不法投棄などのトラブルの原因になってしまうこともあります。当店、生活総合サービスなら安心しておまかせいただけますし、どんな不用品回収も1個から受付ます。

処分方法に迷ったときはもちろん、早急に対応して欲しい、ゴミ屋敷に限らずなんでも相談できる場所としてお気軽にご相談くださいね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら