TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

一人暮らしの息子の部屋がごみ屋敷!片付けるのはどうしたらいい

一人暮らしの息子の部屋がごみ屋敷
不用品
にお困りなら

自分の子どもが大学に進学したり就職によって一人暮らしをするようになると、親心としては「本当に大丈夫かな?」「ちゃんと生活できているかな?」と考え、不安な気持ちになるものです。

特に娘なら一人でもちゃんと料理や掃除などできるけど息子になると今までやってこなかった分、心配だな…と思うことも。そんな一人暮らしの息子がゴミ屋敷だったとき、どうやって解消したらいいのでしょうか。

一人暮らしでゴミ屋敷になる人もいる

普段はなかなか気になっていても「自立したんだから余計な口出しはしたくない」と、息子の一人暮らしの部屋にいかないご両親も多いと思います。でも何かのきっかけで行った一人暮らしの部屋がゴミ屋敷になっていたら…。

例えば息子が体調を崩し職場で倒れてしまい自宅に行ってみると、あふれかえるほどのゴミだらけになっていてどうにもならない状態だったなんて話もあります。

軽トラ
パック

また就職を機会に家を出たものの、職場関係のストレスで無職になってしまい自宅に引きこもりゴミ屋敷になってしまったなど、実際に社会に出てから何がきっかけになるかわかりません。もともとキレイ好きで掃除もできる息子だとしても、一人暮らしを始めるととたんに生活が乱れてしまい部屋のなかが汚くなることもあります。

一人暮らしを始めるとすべてを一人で行わなくてはいけなくなります。仕事の合間に料理を作り掃除や洗濯などもしなくてはいけません。ストレス過多の社会のなかでやらなくてはいけないことに追われ、次第に片付けが後回しになってしまうのです。

特に近頃はコロナの影響があったり地震など何かと不安なニュースも多いので、気持ちが疲れてしまい不安になってしまう人もいます。

なかには頑張っているのに誰もわかってくれない、不安を抱えたままで疲れ切ってしまう人も。社会が不安定になればなるほど、一人暮らしのゴミ屋敷は増えてしまう可能性があるのです。

ゴミ屋敷の問題は深刻

親の立場からすれば、息子がゴミ屋敷に住んでいたらとても複雑な気持ちになるものです。「心配だから実家に戻ってきては?」と提案しても、仕事があるからとなかなか戻ってこないこともあり、何度も足を運んで説得する人もいるようです。

なかにはゴミ屋敷をきれいにしようとして不用品を処分したり、掃除をしたり食事を運ぶなどしていても、本人の気持ちが向かない限りはどうにもなりません。

少しでも生活を改善させたいと思っても、ちょっと目を離したすきに部屋のなかが汚くなってしまったり、食べ物が腐敗してしまうものも。どうにかしてあげたいと思っても、ずっと親がいるわけにはいきません。

どうにかしたいと思い「部屋の片付けをしようよ」といってもやる気がでないこともあります。ゴミ屋敷のなかを片付けるのはもちろん、どうしてゴミ屋敷になってしまったのかその原因もはっきりとしていき改善する必要があります。

息子の部屋がゴミ屋敷の状態を解消する方法

息子の部屋がゴミ屋敷だった場合、どうにかしてでも解消する必要があります。一人で片付けるのが難しい場合、業者に依頼して片付けをするか家族で協力しながら片付けるかのどちらかになります。

1. 業者に依頼してゴミ屋敷の片付けをする

息子自身が部屋の片付けができればいいのですが難しい場合は、業者に依頼するのもおすすめです。ゴミ屋敷の程度がひどく虫が這っていたりネズミなどの害獣が住んでいるような状態であれば、部屋のなかの家具・家電は使えない状態なのも少なくありません。

もったいないと思ってしまい捨てられないものもあるかもしれませんが、使えないものがあれば思いきって処分してしまいましょう。業者にゴミの回収を依頼してしまえば、電話一本でゴミの回収に伺いますし、運び出しや処分なども一通り対応してくれます。

平日は仕事で難しい場合も、土日祝など週末の回収もできますし、早朝や夜間などの回収も対応します。その物件に住み続けるのであれば、ゴミ屋敷であることを周りに知られたくありませんよね。

そういった時間なども考慮したうえで、周囲に知られることなくゴミ屋敷を片付けられます。一気に部屋のなかがきれいになる分、何度も掃除をする手間もかかりません。

2. 家族で協力して片付ける

息子のゴミ屋敷を友人などに相談したくない人も多いと思います。家族の問題はできるだけ家族で解消したい!と思っているのであれば、家族で協力しあい片付けるのもおすすめです。車を出していらないものをまとめ清掃センターなどに持っていきます。

少し大きめの車がないと難しいこと、家具や家電などを持ち上げなくてはいけない分、力仕事も必要になります。ただ余計な費用をかけずに家族で片付けたいのであれば、この方法もおすすめです。

一緒に作業をすることで息子も部屋の片付け作業ができることもありますし、これから何度もゴミ屋敷を繰り返さないためにも自力で片付けるのもおすすめです。

ゴミ屋敷の状態によっては、そのまま物件に住み続けるのではなく引越しも視野に入れてみてもいいと思います。原状回復の義務はありますので、片付けなくていいわけではありません。

もちろん家のなかのゴミを処分し掃除をしたうえで、所定の退去の手続きが必要になります。ゴミ屋敷から心機一転、新しい生活をスタートさせるために引越しを考える人も少なくありません。住み続けるのかどうかも含めてじっくりと検討してみてくださいね。

ゴミ屋敷をできるだけ早く片付けたいのであれば…

ゴミ屋敷をできるだけ早く片付けたいのであれば、業者に依頼してしまうのもおすすめの方法です。天井まで積み上がっているようなゴミ屋敷だとしてもあっという間に片付くので、時間を無駄にすることがありません。

なかでも軽トラパックを使っていただければゴミの分別など必要なくトラックに乗る分だけ一気に回収します。トラックへの積み上げなどの作業も当店のスタッフが行いますので、重い荷物を持ち上げる必要もありません。

電話一本のご予約で指定のお時間に回収に伺いますので、お気軽にご相談くださいね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら