TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

遺産放棄をするときの遺品整理とは?勝手にすると単純認証に?

不用品
にお困りなら

両親が亡くなり、住んでいた部屋の遺品整理をしなくてはいけなくなると何からはじめて良いのか、わからずも戸惑ってしまう人もいるのではないでしょうか。遺産を相続するのか、もしくは放棄するのかによっても遺品整理の考え方が変わります。今回は、遺産放棄(相続放棄)する時の遺品整理の注意点やポイントについてお話していきたいと思います。

遺産放棄(相続放棄)とは

両親など家族が亡くなるとその日より相続が発生します。そのため、法定相続人に該当する人は、「法定相続分」に従い、自動的に遺産を相続することになります。遺産というと保険金や預貯金などの現金や不動産、株などのプラスの資産をイメージする人が多いと思いますが、ときにはマイナスの資産が上回っているケースも少なくありません。

被相続人が借金をしていたり負の資産が多いと、法定相続人に支払いの義務が生じてしまいます。マイナスの資産を代わりに支払わなくてはいけなくなり、大きな負担になってしまうのです。そのため“一切の遺産相続をせずに、放棄すること”を遺産放棄といいます。

遺産放棄の手続きを行うと、はじめから相続人ではなかったことになり、借金の支払い義務もありません。もし遺産のなかに借金があるにも関わらず、遺産放棄をしていないと相続債権者より借金の支払督促が届き、そのままにしていると裁判や差し押さえの対象になります。

軽トラ
パック

遺産放棄は発生日より3ヶ月以内に手続きを行う必要があり、一度進めてしまうと取り返しがつかなくなります。遺産相続放棄するのかどうかは、法定相続人同士しっかりと話し合う必要があります。

遺産相続放棄だと遺品整理はしてはいけない?

家族が亡くなったとき、必ずといっていいほど必要になるのが遺品整理だと思います。故人の残したものを一つ一つ丁寧に片付けてあげたいと、考えている人も思います。ただし遺産放棄をする場合、確定するまえに遺品整理をしてはいけないといわれています。

放棄の手続きをする前に勝手に財産を処分してしまうと、法律上、単純承認として見なされてしまい相続放棄ができなくなってしまいます。単純承認とは、何の条件も付けずに相続を受け入れることをいい利益も負債もすべてを引き継ぐことになります。

ただしプラスとマイナスの財産を比較したときは、マイナスが上回る場合は返済義務が生じてしまいます。

例えば故人が所有していた不動産や車を売却したり、家屋の取り壊しなども単純承認に該当します。遺産放棄の鉄好きは、はじめから相続人でなかったことになるため、遺品整理をしてはいけないといわれています。

また、故人が賃貸物件に住んでいた場合は特に注意が必要です。というのも契約者が亡くなったとしても、自動的に契約が終了になるわけではありません。相続放棄する場合、故人の代わりに解約の手続きを進めてしまうと単純承認として認められてしまいます。

賃貸物件は解約するまでに1ヶ月程度の時間がかかるので焦ってしまいがちですが、放棄するのであれば絶対に手続きをしないこと。管理会社も解約の胸の連絡があれば何もいわずに手続きのやり方を案内します。「管理行為」と見なされてしまうので、手続きを進めないように注意してくださいね。

ただし遺産放棄の手続きが終わったあとに例外として市場価値のないものは処分しても問題がないと考えられています。例えば故人とやりとりをした手紙や写真などは、持っていても単純承認には見なされません。

また、水道・ガス・電気などの光熱費の解約については、日常家事債務に該当するため、亡くなったあと勝手に手続きしても単純承認にはあたりません。遺品整理を行ううえで、単純承認として見なされてしまうものとそうでないものを見極めないと、後々大変なことになってしまいます。

遺産放棄すると遺品整理はしなくてはいい?

これは、その賃貸物件などの条件にもよると思います。もしあなたが連帯保証人の場合、遺産放棄の手続きをしても解約時にかかる費用の支払い義務が生じてしまいます。

そのため遺産放棄と一緒に部屋の遺品整理や、解約の手続きも必要になります。近頃は連帯保証人をたてずに保証会社を利用している人も多くいると思いますので、万が一のことを考えると連帯保証人はトラブルの元になってしまうことも。

注意しなくてはいけないのが遺産放棄したからといって、片付けが必要になるケースもあればならないケースもあるということです。例えば自宅で亡くなったり部屋のなかが著しく汚れているケースになると、遺品整理まで行う必要が出てきてしまいます。

この場合の遺品整理にかかった費用は、負担しなくてはいけなくなってしまうのです。亡くなったときの状況によっても違うので一概にはいえません。予想外に高額な請求をされてしまったときは弁護士等に相談してみたほうが安心です。

もし相続を放棄したうえで遺品整理をしたいのであれば、「相続財産管理人」を選定して、相続放棄の手続きを進めることもできます。その場合予納金として20万円以上の費用が発生してしまいます。

実際に遺品整理の管理人の人件費だったり実費としてかかったものも含まれます。放棄したからといってさまざまな負担から免れるとは言い切れません。その場では請求されなくても、遺品整理の量が膨大だった場合は後日の請求になることも考慮しておかなくてはいけません。相続の放棄に関わらずかかる費用もあるのです。

遺産放棄後の片付けで困らないようにできること

遺産放棄の片付けで後々困らない為にはどうしたらいいのでしょうか。

・生前整理を進めておく

遺産放棄をしても部屋のなかがゴミ屋敷になっていては、負担しなくてはいけないことも出てきてしまいます。また、放棄すると相続してほしいものがあっても受け取れなくなってしまいます。

もし借金があって返済していたり、負債があるのがわかっているのであれば事前に生前整理をしておくのも一つの手段です。どの程度マイナスの財産があって、プラスの財産があるのかわかっていれば、亡くなったあとの負担も減らせます。

・遺品整理が相談できる業者を決めておく

遺産放棄をしても遺品整理をしなくてはいけないケースもありますし、できるだけ負担を少なくできる業者を探しておくと安心です。遺品整理業者にもさまざまなケースがあり、なかには何十万もの高いお金を請求されるケースもあります。

相続できる遺産もないのに、処分する費用が高くついてしまいます。急ぎになると高い見積もりを提示してくる業者もいるので、気軽に遺品整理を相談できる業者を探しておくことも大切です。

遺品整理なら当店にお任せください!

遺品整理や生前整理を考えているものの業者選びに戸惑っている人もいると思います。インターネットで調べると、広告を出しているような業者は高額なケースも多く金銭的な負担が大きくなってしまいがちです。ご家庭の事情によっては、葬儀代やお墓代などの金銭的な負担もありそこまで余裕がないなんてケースもあります。

遺品整理のご依頼なら当店、生活総合サービスにおまかせしてみませんか。軽トラパックなどの乗せ放題もありますし、お手頃な価格にて遺品整理を行います。電話一本で回収に伺いますし、混雑具合によっては即日の対応も受付しています。遺産相続放棄などやらなくてはいけないことも多く大変なときだからこそ、お気軽にご相談くださいね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら