TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

年度末で海外転勤するなら不用品を見直して引っ越し費用を抑えよう

お引越しの際は段取りよくしましょう
不用品
にお困りなら

年度末になると、会社の転勤の発表もあり何かと慌ただしく過ごしている方も多いのではないでしょうか。海外にも支店がある会社になると、急に日本を離れて転勤になる可能性も考えられます。

海外転勤だけでなく移住、定年後に物価の安い海外に住みたいなど、国内を離れることは誰でも十分にあります。でも海外に引っ越しするとなると、何からはじめたらいいのか?そもそも引っ越し代金ってどのぐらいかかるのか?など気になりますよね。

海外転勤の場合、引っ越しポイントについてご紹介します。

海外転勤前はやらなくてはいけないことが多い

海外転勤が会社から伝えられるタイミングによっても変わりますが、日時に余裕があるケースもあれば急に引っ越しが必要になるケースもあります。何度も海外転勤をしている人なら慣れているかもしれませんが、はじめてのケースになると何から手をつけていいのかわからなくなってしまいます。

家族がいるケースや単身なのかによっても考えるべきことが変わり、今住んでいるマンション・アパート・戸建てをどうするのか?引き払うのかそれとも、必要なもののみ持っていくのかなど状況によっても変わります。

海外転勤までの間に仕事の引き継ぎもしなくてはいけませんし、移動手段や費用、ビザの問題なども考えなくてはいけません。必要書類を揃えたり、申請をしたりとやることがたくさんあります。

軽トラ
パック

また、海外転勤先での住居を会社が用意してくれるケースと自分で用意するケースでも実際にやらなくてはいけないことは変わります。日本とは違った手続きが必要になるからこそ、海外転勤は大変なんですよね。

海外転勤の大仕事といえば引っ越し

海外転勤でおそらく多くの人が大変になるのが、引っ越しの作業だと思います。日本で引越し業者を探すときは、見積もりを比較したり料金を比較するサイトがたくさんあります。でも海外の引越し業者の見積もりをだしているサイトはなかなか見つかりません。

日本にある引越し業者のなかで、海外の引っ越し対応できるところを探します。海外の引っ越しの場合は、現地にある自社の子会社もしくは代理業者などを使うのが一般的です。すべての日本の引越し業者が海外展開しているわけではありません。

例えば「サカイ引越センター」や「アート引越しセンター(法人限定)」「ヤマトロジスティクス(クロネコヤマト)」「日本通運」などが対応しています。いずれも日本全国で対応している引越し業者でもあり、知名度の高いところばっかりです。

海外展開も行っている引越し業者になると、ある程度ビジネス展開をしている大規模の業者に限られます。海外の転勤先によっても変わりますが、引っ越し代を交渉するのは難しい場合が多く、代金は高額になってしまいます。

海外に引っ越す際の料金を抑えるコツ

海外移住など日本から海外に引っ越しをする場合は、どうしても料金が高くなります。会社が負担してくれる場合もありますが、なかには自己負担分も出てきてしまうので、少しでも金銭的な負担を抑えたいと思いますよね。海外に引っ越しするときに少しでも料金を減らす方法をご紹介します。

1. 荷物を減らす

引越し料金の多くは「引越し元~引越し先」までの距離と、荷物量によってある程度料金が決まっています。距離に関しては海外が引越し先の以上どうにもなりません。でも荷物の量を少なくするのはできますよね。持っていく荷物を少なくして、海外で調達することもできます。残しておいても使わないものは処分したり、欲しい人にあげるなど一度荷物の断捨離をするのもおすすめです。荷物を見直してみるとずっと使っていないものは思っているよりもたくさんあるはずですよ。

2. 家具・家電を見直す

海外に持っていくもので大きなものや重いものはできるだけ見直したほうでいいでしょう。国産の家電などは持っていっても規格外だったり、電圧の関係で使えないこともあります。もし持っていって使えなかった場合、海外で処理するほうが大変です。日本とはやり方も違いますし、どこでどんなふうに手続をしたらいいのかわからないので戸惑うこともあると思います。日本で処分してしまったほうが、引っ越してからの手間を軽減することもできます。

3. 見積もりを複数でもらう

海外に引っ越しできる業者は限られているものの、引越し業者によっても見積もり料金が違うこともあります。特にこの引越し業者でないと駄目などの条件がないのであれば、見積もりを比較したうえで少しでも条件のいい業者を選ぶのをおすすめします。料金面だけでなく、大切な資産を預けるのですから「この業者になら預けて大丈夫」と思えるところを探すようにしましょう。

海外に持ち出せないものもあるの要注意

海外に引っ越しをする場合、日本では問題なく使えるものであっても検疫や通関状況等の関係から持ち出しができないものもあります。どこに海外転勤するのかによっても変わりますが、持ち出せない以上処分するしかなくなります。

例えば「食品」「危険物」「動植物」などもその一つで、保管するのは難しいので片付ける方法を考えなくてはいけないのです。またアダルトなどのポルノ関係のグッズも海外に持ち出すことはできません。事前に調べておき、持ち出せるかどうか心配なものは確認したほうがいいでしょう。

海外転勤前に不用品を処分する方法は?

海外転勤前に使っていないものや、持っていっても使えそうにないものは処分しようかな?と考えている人もいるのではないでしょうか。でもどうやって処分したらいいのか迷いますよね。具体的な処分方法には以下の方法があります。

1. 自治体

お住まいの自治体にもえるごみ・もえないゴミだけでなく粗大ごみの回収を依頼することもできます。自治体の場合は事前に回収日を予約したあとに、ごみ処理券を購入して指定日に所定の場所まで持っていきます。処分にかかる費用を抑えることができますが、その分、平日しか回収してくれないこと、所定の場所に持ち出すのが難しいものもあります。時間的な余裕や、処理の費用を抑えたい人におすすめです。

2. 買取

処分するもののなかで新しいものや比較的使っている頻度の少ないものは、リサイクルショップに持ち込んで買取して貰う方法もあります。ただし、持ち込んだとからといって必ず買取してもらえるとは限りません。また相場よりも安い価格で買取になってしまうこと、自分で持ち込まなくては行けない分、手間もかかります。処分費用をかけたくない人にはおすすめです。

3. 不用品回収

不用品回収業者に依頼して、まるごと処分して貰う方法です。家具・家電などの分別も必要ありませんし、運び出しや運搬、処分などの一通りの作業をすべて依頼できるので余計な手間がかかりません。電話1本で即日回収対応をしてくれることもあり、急ぎで不用品を処分したい人にとってもおすすめです。多少の費用もかかりますが、トラック乗せ放題などなんでも乗せて処分できあっという間に片付けたい人に最適です。

まとめ

年度末に急に決まった海外転勤だけに関わらず、海外移住など日本を出て引っ越す事は誰でもあるかもしれません。日本とは違う引っ越し事情になりますし、料金を抑える為にもできるだけ荷物を少なくしたほうがいいでしょう。不用品の処分に困ったときは、当店にお気軽にお問い合わせくださいね。あっという間に片付きますので急ぎの対応も可能です!

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら