TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

桑名市の回収できないごみについて徹底紹介!

不用品
にお困りなら

桑名市では、処分したいものがあってもゴミとして回収できないものもあります。例えば「有害」なものであったり「危険性」のあるものはもちろん、他の団体でリサイクルとして再利用できるものはゴミとして処分していません。桑名市で回収できないゴミにはどんなものがあるのか?処分するもののなかで心配なもの、不安なものがある人は是非参考にしてみてくださいね。

桑名市で回収していないものとは

桑名市で回収していないものにはどんなものがあるのでしょうか。

1. 家電4品目

エアコン(室外機を含む)や洗濯機(衣類乾燥機を含む)、冷蔵庫・冷凍庫、テレビ(電池式液晶テレビを除く)などを処分するとき、通常のゴミや粗大ごみでは処分できません。

買い替え時の処分であれば買ったお店で処分してもらうこともできますが、不明な場合は引き取り協力店に確認し処分します。

また車などの移動手段がある場合は、指定引取場所に直接持ち込んで処分してもらうこともできます。処分には所定の費用がかかりますので、どのぐらいの金額になるのか確認しておきましょう。

2. パソコン(購入時の標準装備品も含む)

パソコンはリサイクルの出来る電化製品になりますパソコンを処分する際はその各メーカーに問い合わせて処分するようにしてください。

軽トラ
パック

パソコンに「リサイクルマーク」がついている場合は無料で回収してくれる場合もありますが、ない場合は有料になり「回収再資源化料金」の支払いが必要になります。

自作で制作したパソコンや事業の衰退などでメーカーが不在のパソコンの場合は、「パソコン3R推進協会」に相談します。

【対象外】

パソコンの標準装備品ではないプリンタなどの周辺機器や、ワープロ専用機、PDAなどは回収の対象外になります。この場合、リサイクル品としての処分はできません。パソコンや小型家電などの宅配買取サービスもありますので、処分しやすい方法を選んでくださいね。

3. その他の処分できないもの

・バイク(廃棄二輪車取扱店もしくは二輪車リサイクルコールセンター)
資源の有効活用、適正処理を行うため回収できない決まりになっています。地域によっては、バイクのマフラーだけ粗大ごみなどの処分方法もありますが、必ず問い合わせてください。

・タイヤ(購入店、販売店に相談)
適正処理困難物に指定されているため、自治体の回収ができません。タイヤの状態によっても処分できる方法が違います。カー用品店などの場合は1本あたり数百円で引取してもらえます。また車検のついでなど自動車修理工場に処分を依頼することもできます。

・バッテリー(購入店、販売店に相談)
リサイクル品として処理場に運ばれ資源として再利用されます。バッテリーを持ち運ぶときは、端子の絶縁や液漏れ防止などの対策も必要です。そうしないと発火の恐れもあります。購入したお店や販売店に相談するようにしてくださいね。

・ピアノ(メーカー、販売店に相談)
ピアノの種類によっては粗大ごみなどの回収を受けている場合もありますが、グランドピアノなどの大きなものは基本的には自治体では回収していません。一部の電子ピアノのみ回収してくれる場合もあります。メーカーや販売店に相談したうえで処分するようにしてください。

・耐火金庫(購入先、桑名市から収集運搬業の許可を受けた業者)
特殊な素材(気泡コンクリートや特殊合金、スチール、プラスチックなど)でできるため、処理自体がとても難しいこともあり一般のゴミ回収では承っていません。手提げ金庫などは回収してもらえる場合もあります。

・除湿機、冷風扇(フロンを使用)(桑名市から収集運搬業の許可を受けた業者)
除湿機などは小型家電リサイクル法の対象になっています。ただし内部にフロンが使われているものは回収の対象外です。もしフロンが使われているのかわからないときは、製造メーカーなどに直接確認してみてもいいと思います。

・プロパンガスボンベ(取引販売店)
なかにガスが溜まったまま処分してしまうと発火の恐れもあります。ガスボンベを処分する場合は穴を何箇所か開けてと書かれているものもありますが、開け方によっては逆効果になってしまう場合もあるのでおすすめしません。

・オイル、灯油(購入店、市内のガソリンスタンド)
昔はもう少しアバウトだったので廃棄方法に驚く人もいるかもしれません。現在は環境に配慮したうえでの処分が必要になるので引き取りが基本となっています。購入したときのレシートを残しておくと交渉しやすくなりますよ。

・消化器(販売店、消化器リサイクル推進センター)
消化器は古くなった場合も処分ではなく、買い替えで対応します。例えば消化器2本に対して1本無料で引き取りますなどの条件付きのケースもあります。一般廃棄物広域認定制度対象になっているので、必ず、リサイクル推進センターに相談してみてくださいね。

・危険物(農薬や医療系)(購入店、販売店)
農薬や医療系の廃棄物は一般のゴミとして処分してしまうと危険が伴います。また具体的にどのような形で処分するべきなどの条件も決められています。購入時に処分方法についてはどのようにするべきか、必ず確認しておくと安心です。

・FRP船(購入店、FRP船リサイクルセンター)
FRP船リサイクルシステムがあるため、自治体での受け入れや処理はできないものとしても指定されています。販売店やリサイクルセンターに相談したうえで、どのぐらいの処分費用がかかるのかを確認して出すようにしてください。オプションなどは別途費用がかかります。

・在宅医療器具(かかりつけの医療機関)
高齢化社会に伴い、在宅医療も広がりを見せています。在宅医療廃棄物のなかでも注射器などの鋭利なものに関しては、患者や家族が医療機関に持ち込んだうえで、感染性廃棄物として処分するように義務付けられています。医療機関に定期的に通っている場合は、相談してみてもいいと思います。

・自動車部品(購入店、販売店)
ネジなどの小さな金属パーツであれば、自治体に相談して回収してもらうこともできます。ただ車のサスペンションアームやエンジンマウントなどの金属に圧入されているゴムや樹脂製のものの場合は、一度回収業者に相談してみてもいいと思います。処分費用もお店によって違うので一度問い合わせてみてもいいですね。

回収できないものに困ったから不用品回収業者もおすすめ

桑名市で処分できないものについて説明してきましたが、細かくてよくわからない…なんて人もいると思います。

部分的に処分するのであれば対象の品目を調べるだけなので手間にはなりませんが、大量にゴミを処分する場合や分解しないとわからないようなものを処分する場合は、一気に処分できる不用品回収業者もおすすめです。まとめて処分できるので急ぎで片付けたい人にも最適です。

まとめ

桑名市で回収できないゴミの種類について説明しました。地域によっては回収できる場合もありますし、自治体によっても回収できるもの・できないものが違います。もし迷ったときは直接問い合わせてみてもいいと思います。

ゴミの処分に困ったときはお気軽にお問い合わせくださいね。同じように見える品目でもなかに含まれている有害物質など、自治体では回収できないものもあります。購入店や販売元などもいつでもわかるようにしておくこと、購入時のレシートを残しておくと処分するときに困らなくなりますね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら