TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

桑名市の粗大ごみの処分方法は?回収できないものあるの?

不用品回収業者に依頼するメリット、デメリットを紹介する内容です
不用品
にお困りなら

粗大ごみは可燃ごみや不燃ごみのように定期的な自治体の回収では処分できません。引越しや部屋の模様替え、建替えなどさまざまな理由で家のなかにある家具や家電を処分しなくてはいけないことがあります。

自治体によってもそのルールが違います。桑名市では粗大ごみの処分にどんなルールがあるのか?詳しくご紹介させていただきます。

桑名市の粗大ごみで回収できるもの、できないもの

粗大ごみとは、家庭から出るゴミ(事業所からのゴミは除く)になり、桑名市の指定袋に入らないものを粗大ごみとしています。

桑名市の粗大ごみで回収できるものにはどんなものがあるのでしょうか。

まずは粗大ごみとして回収できるものを紹介します。

・電化製品

・木製家具(たんす、ソファなど)

・自転車

・石油ストーブ(乾電池、灯油は抜く)

・ふとん(資源物回収不可)

・こたつなどの電化製品

桑名市の粗大ごみとして回収できないものです

・エアコン(壁掛け式・取付式どちらも対象)

・洗濯機(縦型、ドラム式など)

・冷蔵庫

・テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)

・パソコン(デスクトップ、ノートパソコン)

・衣類乾燥機

・太陽光温水器

・ボイラー

・浴槽

・事業活動に伴って生じたごみ など

軽トラ
パック

家電リサイクル法対象品目に該当するものは粗大ごみとして回収はできません。家電リサイクル法とは。正式な名前を「特定家庭用機器再商品化法」といいます。有用な部品や材料をリサイクルして、廃棄物を減らす目的があります。

家電リサイクル法の対象のものは、別の処分方法になり、粗大ごみとしては処分できません。例えば家電を買い換えるのであれば、そのお店で引取をしてもらえないか確認します。買ったお店がわからないケースや、すでに閉店してしまったお店の場合は「引取協力店」に依頼したうえで、引き取ってもらえないかどうかを確認してください。

これらの引取ではリサイクル料金と指定引取場所までの運搬料金が別途かかる場合もあるので、どの程度費用がかかるのかどうか確認しておくようにしてくださいね。

また、粗大ごみで収集できないパソコンの処分はメーカーでの回収品目になるので、粗大ごみとしての処分はできあません。パソコンの回収は各メーカーの担当窓口へ連絡して確認してください。

PCにリサイクルマークがついているものは無料で回収してもらえますが、マークがついていないものは有料となり、メーカーから指定された方法で「回収再資源化料金」を支払って処分します。

標準付属品としてついてきた、キーボードやマウス、スピーカー、ケーブルなども一緒に回収してもらえますので、確認してみてくださいね。

桑名市の戸別回収で粗大ごみを出す方法

粗大ごみの処分方法は「桑名市粗大ごみ受付センター(桑名地区)」に連絡します。地区ごとに電話番号が異なりますので、かけるまえに間違えていないか必ず確認してくださいね。

受付は月曜日~金曜日(祝休日・年末年始を除く)、8時30分~5時までとなります。

12月などの時期や、月曜日などの週明けになると電話が混雑してしまい、なかなか繋がらなくなってしまうこともあります。そのため急ぎでなければ別の曜日に電話した方がスムーズです。お昼時なども電話が混み合います。

【粗大ごみを出す手順】

1. 粗大ごみの回収に来て欲しい日時の1週間前までに「粗大ごみ受付センター」に電話にて申し込みを行います。

回数は1世帯辺り月2回が上限となり1回の申し込み点数は5点までになります。点数に大きさなどは関係ありませんので、引越し時など優先的に出したいものを依頼するようにしてくださいね。

・収集希望日(粗大ごみ地区別収集日一覧表を参照)

・粗大ごみとして出す品目と寸法を伝える

・出す場所を確認する(原則は自宅前になります)

→この内容に答えると「受付番号」「粗大ごみの収集日」「粗大ごみのシールの枚数」「金額」などを担当者から伝えられますので、必ずメモを取るようにしてください。

2. 粗大ごみ受付センターで指定された、金額分の粗大ごみシールを購入します

・粗大ごみ(大)600円(粗大ごみシール2枚)

・粗大ごみ(小)300円(粗大ごみシール1枚)

となります。粗大ごみとして回収を依頼する個数によってかかる費用がかわります。

http://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/24,62750,c,html/62750/20200402-171205.pdf

に取扱いの一覧が表示されていますので、自宅から買いに行きやすいものを選ぶうようにしてください。クリーニング店やコンビニ、金物店、薬局、生活協同組合などさまざまな場所で売っていますので、最寄りの取扱店を知っていると便利です。

3. 粗大ごみシールに必要事項を記入して、粗大ごみに貼ります

氏名・受付番号・収集日を記入したうえで粗大ごみに貼り、いつ回収日が来てもいいように準備しておきます。油性ペンなど落ちにくいものを使うのをおすすめします。

4. 回収日当日に粗大ごみを指定した場所に持っていきます

粗大ごみの回収日当日の朝8時30分までに指定された場所に持っていきます。粗大ごみを出したあとは回収時の立ち会いなどは必要ありません。あとは自治体の回収が取りに来るのを待つだけです。

桑名市で粗大ごみを持ち込み処分で出す方法

清掃施設などに粗大ごみを直接持ち込む方法です。ただし自分で持っていかなくてはいけないので車がないと難しいかもしれません。また大型の家具になると自宅から運び出す手間もかかります。なかには重いものを持ち上げるのが難しい人もいますよね。桑名市で粗大ゴミを持ち込みで処分する場合はこういった条件をクリアできる人におすすめします。

「桑名広域清掃事業組合」に直接ゴミを持っていき、処分してもらいます。

住所:桑名市多度町力尾

電話:0594-31-8880

月曜日~金曜日の朝9時~4時まで受付をしています。土日祝はお休みにはなりますが、受付時間が長い分、処分したいときに処分できるメリットもあります。持ち込んだゴミが100kg以下の場合は一律2,000円となり、100kgを超えるときは10kgあたり200円の超過がかかります。まとめて粗大ごみを処分したい人にもおすすめです。

桑名市で粗大ごみの処分にお困りの方はお気軽にお問い合わせを

桑名市の粗大ごみの処分方法について説明しました。

なかには…

・急な不用品が出てしまい自治体が処分できる日まで待っている余裕がない

・行政に処分を依頼したいけど、不用品が多すぎて何からはじめていいのかわからない

・引っ越しの日が決まっていて自分で処分しなくては行けないものの時間がない

などの急な理由で粗大ごみを処分したいケースもあると思います。

自治体に依頼した場合は、費用を抑えられますし自治体ならではの安心感もあります。

ただ決められた回収日以外は粗大ごみを処分してもらうことはできません。また、指定の場所に直接運び出さなくてはいけません。高齢者のなかには自宅から粗大ごみを出すのも難しい…なんて人もいるのではないでしょうか。

粗大ごみの処分に対して不安な気持ちを持っている方にこそ、当店「生活協同組合」が誠心誠意お手伝いをいたします。お客様のご自宅に出張して粗大ごみはもちろん、可燃ごみ・不燃ごみ・家電などのさまざまな処分を行います。お客様はただご依頼いただくだけなので、余計な手間もかかりません。

引越しまでに時間がない肩や、搬出するのが難しいなど粗大ごみの処分が難しい方は、当店にお気軽にご相談くださいね。粗大ごみをどうやって処分したらいいのか、その方法やスケジュールなども一緒に決めていきましょう。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら