TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

大掃除は12月にこだわる必要なし!業者の閑散期がねらい目

不用品
にお困りなら

大掃除というと12月の年の瀬に行うものだと思っていませんか?確かに新しい年を迎えるにあたり、年神様に気持ちよく過ごしていただくためにも大掃除は欠かせないものです。

でも12月の後半ってやることたくさんありますよね!クリスマスに年末の準備、お正月の準備、年賀状などいくら時間があっても足りません。大掃除をもっと効率的に行うための具体的な方法についてご紹介したいと思います。

大掃除は12月にこだわる必要がない

そもそも大掃除とは、自宅の煤払いを行い神様を迎える準備をすることになります。この文化は平安時代から続いているものになり、1年間蓄積していたすすやほこりを落とすための行事でもあります。

年末の大掃除の習わしとして12月13日よりはじめて、12月28日までに終わらせる必要があります。江戸時代には13日を「煤払いの日」として定めていたとも考えられています。

ちなみに大掃除をしてはいけない日というのも決められており、12月29日(苦がつくことから)、12月31日(大晦日でもあり一夜飾りになるため)、1月1日(福を逃がす可能性があることから)と定められています。

軽トラ
パック

でも、年末のギリギリまで仕事が入っていたりして大掃除が年の瀬になってしまうなんて人もいるのではないでしょうか。確かに本来の大掃除は13日~28日が望ましいとされてきました。でも、現在は時代も変わっていますし仕事の考え方も変わっています。

仕事納めもありますし忘年会が入っていることも珍しくありません。大晦日までに掃除をしなくてはいけないといわれても時間が確保できない人も少なくないのです。

12月はただでさえ忙しい月でもありますし、大掃除をしなくてはいけないと焦ってする必要もありません。大掃除は12月にこだわることなく、1年のなかでできるタイミングに進めるようにしておきましょう。

大掃除は1年のなかの何時頃にするべき?

大掃除を12月に拘る必要がないとはいえ、ではどのように進めたらいいのか戸惑う人もいるかもしれません。新年を迎える前には家の掃除を終わらせたいと思う人がほとんどだと思います。

大掃除は遅くとも12月28日には終わらせられるようにスケジュールを組んでおくと安心です。大掃除を効率よく終わらせ年末の忙しさを解消できる方法を紹介します。

1. 閑散期に不用品を見直す

会社の閑散期など比較的時間に余裕のあるうちに、家のなかにある不用品を見直すようにしておきましょう。例えば新しく新調したい家電があるだとか、こんな部屋になりたいなどイメージしている部屋に近づけるために何を不用品とするのか、見直すことから始めます。

そのうえで閑散期に新しい家具や家電を探し、不用品を処分するところまで進めておくと安心です。12月になると不用品回収業者も混雑するため、希望日時に予約がとれなくなってしまうこともあります。また引っ越しシーズンも同様で混雑することがあります。

他の時期であれば希望の日時に回収できる分、時間が無駄になる心配もありません。

2. 掃除は場所ごとに時期を決める

大掃除で多いのが排水溝やお風呂場、洗濯機、トイレなどの水回りやキッチンあたりではないでしょうか。汚れが気になっているものの掃除する時間が取れずにそのままになっているなんて人も少なくありません。

一気に片付けるのは難しいのでお風呂場は11月に掃除する、キッチンは12月初旬など時期を決めスケジュール化しておくと安心です。あとから「あ~ここも掃除しておけばよかった」なんて後悔することもなくなります。

場所ごとに掃除しているとそこまで負担に感じませんし、掃除でピカピカになっていくのが気持ちよく感じるはずですよ。また、早めに掃除したところは年の瀬の前にもう一度簡単に掃除するようにしておくと、気持ちのよい年越しができますね。

3. 部屋のなかのものを増やさない

大掃除が大変になる理由の一つに、家のなかのものが多すぎることにあります。もともともので溢れかえっていると、まずは必要なものと必要でないものを見直す必要も出てきてしまいます。仕分けをして処分し掃除と考えると何倍も手間がかかります。

ものがすくなくすっきりとしている部屋であれば、そもそも散らかりません。そのため毎日の掃除の手間も少なくなります。安いからまとめて買っておくではなく、必要なものを最小限買っておくだけでも十分に生活できますよ。部屋のなかのものを増やさない工夫も大切です。

4. 掃除は時短に繋がるものを

家の掃除をするまえに、まずは必要な掃除道具を揃えておきます。掃除の場所によっても必要なものは違いますし、汚れの種類によってもきれいになるものとそうでないものがあります。

掃除に使う道具は使いにくいものではなく、こすらずに汚れが落ちるものだとか、隙間の汚れもしっかりととれるもの、使い捨てで洗う必要のないものなど、極力手間のかからないものを選ぶのをおすすめします。

掃除をするのに使う道具が悪いと思いどおりにいかずに余計に時間がかかってしまうことも。掃除のしやすさを重視すると、掃除にかかる時間も減らせるはずですよ。

不用品の処分は業者に任せてきれいに

家のなかを見直した際の不用品の数々…。でもどれそどのゴミとして分類したらいいのかわからないなんて方も多いのではないでしょうか。なかにはなにも考えずにゴミ袋に入れてしまったなんて人もいるかもしれません。

ゴミ袋のゴミをもう一度出して処分するのはまりにも現実的な話ではありませんよね。不用品の処分は業者に任せていただくことで、余計な負担をかけることがなくなります。閑散期といえども他にもやらなくてはいけないこともたくさんありますよね。

家のなかをきれいに掃除したり、新しい家具を設置するなどあなたにしかできない仕事もあります。不用品回収業者に任せておけば片付けの手間も減らせるはずです。お電話一本で即日回収に伺いますのでお休みの時間を無駄にすることもありません。

粗大ごみなどの難しいゴミの捨て方を調べている時間ももったいないですし、一気に片付けてしまえば時間の有効活用にも繋がります。大掃除は12月にしなくてはいけないものと思わずに、できるタイミングに無理なく進めていきましょう。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×