TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

急な引っ越しで時間がないときこそ不用品回収業者へ

不用品
にお困りなら

引越しのなかには更新など余裕を持って準備ができるケースもあれば、急に決まり時間が取れないなんてケースも少なくありません。急な引越しなんてそうそうあるわけではないと思うかもしれませんが、ライフスタイルの変化によっても起こり得ることです。誰もが一度は経験する急な引越し出でた不用品の回収も、業者に任せてもっと簡単にしませんか。

引越しは準備に追われて時間がとれない

引越しの準備は何かと大変です。荷造り一つにしても「ダンボールはどこから用意しよう?」「ガムテープがない」「荷造りいつ始めるの?」など、困ることもあると思います。

引越し業者を使う場合は、代金のなかに無料のダンボールがついてきますが、格安引越しパック(運送会社など)になると自分でダンボールを用意しなくてはいけなくなります。昔のように無料のダンボールをスーパーでもらえるとも限りません。

引越しの荷物の量によっては大量に必要ですし、大切な洋服を入れるのに汚れたダンボールでは不安です。新居によっては家のなかにある荷物を減らさなくてはいけないこともあります。

軽トラ
パック

もともとIRで結婚を機会に広い部屋に引っ越すなど広くなるならまだしも、一人暮らしから実家に帰る、住替えで部屋が狭くなると、使わない不用品を見直す必要も出てきます。

荷造りのタイミングや、電気ガス水道などの解約手続き、役所にはいつ行こう?など、日常の仕事や家事、育児などやることだらけのときに引越しの作業も増えるので、準備だけでも大変です。引越し前後のバタバタを考えると、なかなか時間が取れません。

引越しで退去日まで時間がないケースは意外と多い

引越しで余裕を持って準備ができる人もいれば、退去日まで時間がなくどうにもならないなんてケースも少なくありません。どんなケースが考えられるのでしょうか。

1. 急な転勤や異動

転勤のある仕事をしていると、急な引越しには慣れているなんて方もいるかもしれません。1ヶ月ほど前に急に「転勤になるから」といわれ、バタバタ準備をしているうちにあっという間に引越しになってしまうこともあります。

自宅から転勤になるときは荷物を持ち出すだけなので不用品は少ないものの、逆に自宅に帰るときに不用品も出てきます。一人で生活していたときに使っていても、同じものが自宅にあるから処分するなど限られた時間のなかで片付ける必要が出てきてしまいます。

2. 更新予定が新居になったとき

賃貸物件などは事前に更新するかどうかの有無を決める用紙が届きます。でも、更新にかかる費用って意外と高いものです。家賃1ヶ月分に火災保険の更新で2万円など通常の家賃だけでなく、更新費用がかかってきます。

このお金を用意するぐらいなら引越ししてもいいかなと考える人もおり、物件を探して決まってから引越しと時間がないケースもあります。

引っ越ししたいと思える物件にすぐに出会えるかどうかによっても変わってきますし、タイミングは思い通りにならないことも。新居になったら、更新予定が変わりますしやらなくてはいけない準備に追われることになります。

3. 理想通りの分譲マンションにであったとき

結婚してしばらく賃貸に住んでいたものの分譲マンションの購入を決め、理想の物件に出会ったなどの理由で引越しすることもあります。

新築マンションでもない限り入居の時期はできるだけ早く求められることもありますし、家賃との兼ね合いを考えれば早く引越しする人もいます。

急遽引越しになり荷物をまとめたり、分譲マンションに必要なものを揃えたりもします。また間取りが変われば部屋の家具・家電なども見直す必要があるので、今使っているものを処分したいと考えるケースもあります。

4. 離婚して引越しをするとき

3人に1人が離婚するといわれる時代において、離婚が原因で引越しをするケースも多いものです。急な引越しというよりかは、できるだけ早めに家を出て新しい生活をスタートさせたいと考える人も多いはずです。

今まで一緒に使っていた家具・家電を処分して新しいものに新調したいなんてときもありますね。ゴミの回収日まで待っていたら時間もかかりますし、なかにはパートナーが居ない日に作業をしたいなんてこともあります。

離婚して引っ越しが必要なケースでも急な引越しになるパターンが大抵です。

5. 実家に帰らなくてはいけなくなった

離れて暮らしている親になにかトラブルが起こり、実家に急遽帰らなくてはいけなくなることもあります。

長男で実家を継がなくてはいけないなど、離れて生活していると難しい場合、引越しして実家に住むこともあります。時間が迫っているからこそ、早急に片付けをしたいと思っていても、時間の調整が難しいケースもあります。

一人暮らしで使っていた家具・家電などを処分する必要が出てきてしまうことも…。

急な引越しはここにあげたケースだけでもさまざまなものがあります。なかには単身引越しなど荷物が少ない場合は、即日対応してくれる引越し業者も。家族など荷物が多い場合は断られてしまうこともあります。

予約の電話を入れてみると、週末よりも明日・明後日のほうが料金がお得だったなんてことも考えられます。急な引越しは意外と誰もが経験する可能性のあるものです。

急な引越しでも後悔しない業者選びを

急な引越しとはいえ大切な荷物を移動させるのですから、引越し業者はもちろん自宅の不用品処分も安心して任せられる業者選びが重要です。

不用品回収業者のなかには街のなかをトラックで走っていて「格安で回収します」「無料回収です」なんて業者もいますが、いざ回収しようとすると高額な費用を請求されることも少なくありません。

急な引越しで急いでいるとわかれば、そこを逆手に取られてしまうこともあります。急な引越しでも後悔しないように、任せられる業者をお探しなのであれば「生活総合サービス企業組合」に依頼してみませんか。秘密厳守はもちろん、安心の安価な引越しを実現します。

お電話1本の予約で即日対応もしていますので、急な引越しのお客様も喜んでお受けします。急いでいるときこそ失敗しない、後悔のない不用品回収業者を選んでくださいね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×