TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

作者別: 生活総合サービス


引っ越しの際の不用品回収はお任せ下さい!引っ越しごみ回収の流れ

回収スケジュールの確認

新生活に心踊らせて、いざ引っ越ししようと思って荷物を整理したら、不用品でいっぱい!

また新生活に心躍らせて引っ越して来たは良いけれど、ダンボールがかさばって邪魔になってしまったり。持ってきた荷物を紐解いていたら「やっぱり、これいらないな……」と新生活の序盤から、ゴミの捨て方に困っている、そんなふうに困っていませんか?

弊社では、忙しい引っ越しの”困りモノ”、引越しゴミの処分の無料見積もり・適正価格処分を承っております。

アナタにぴったりの不用品回収を心がける弊社の、引っ越しゴミ回収の流れは以下の通りです!

引越しゴミ処分の流れ

  1. 1.お電話or専用フォームからのお問い合わせ
  2. 2.お伺い予定のご確認・ご予約
  3. 3.弊社スタッフによる迅速な見積もり
  4. 4.料金に納得された場合、速やかに引っ越しゴミを回収
  5. 5.料金のお支払い

人生の大きなイベントの1つである「引っ越し」はいらないゴミや不用品を処分出来る――断捨離のチャンスです。

今まで捨てるに捨てられなかった大きな家具も家電も、この機会に処分して、心機一転新しい土地で、スッキリとした部屋で気持ちが良いスタートを切りたくないですか?

この機会にいらないもの、不用品とはスッパリ縁を切り、新生活をスタートさせましょう!

それでは引越しゴミ処分の流れを流れにそって、ご紹介させて頂きます。

1.お電話or専用フォームからのお問い合わせ

まず、お電話か専用フォームから、弊社にてお問い合わせをお願いします。この段階では、ハッキリとした見積もりはお出しできません。

まず、現状を確認するために、弊社スタッフが直接お客様のお家にご訪問させて頂きます。お見積の段階で、金額に問題がないということでしたら、お見積後すぐに不用品回収に移ります。

なお、引っ越しゴミの処分見積もりは無料です。お気軽にお電話ください。

○引っ越しゴミの処分費用って、いくらぐらいなの?


引越しゴミを処分する上で、まず気になるのが金額ですよね? あまりにもお金がかかる場合は「自分でどうにかして処分しよう」と考える方が多いです。

しかし、引越しゴミの処分費用は弊社の場合平均1.5~3万円で、アナタが思っている以上に、お高くはありません。

不用品の量や材質によって異なりますが、単身引っ越しの際に出る引っ越しゴミ程度(軽トラ1台分)であれば、ほとんどの場合3万円以内で処分が可能ですよ!

2.お伺い予定のご確認・ご予約

お電話かお問い合わせフォームでご連絡後、実際にどれくらいの処分費用がかかるのかを見積もりを作成するために、弊社スタッフがお伺いさせて頂きます。

お電話或いは、お問い合わせフォームより「ご希望日」「お伺い時間」「住所」「電話番号」「氏名」をお教えください。

お電話・お問い合わせフォームでお聞きする内容


・お伺い可能な日時 ※17時迄

・お伺いする住所

・ご依頼者様の連絡先

・ご依頼者様の氏名

また弊社営業時間外に見積もりをお願いしたい場合は、見積もりだけでしたら可能な場合もありますので、とりあえずご連絡ください!

「でも、こんないっぱいの不用品どうやって処分して良いのかわからない」 「不用品回収業者にお願いすると高いんじゃないの?」

ご安心ください! 生活総合サービス企業組合では、引っ越しゴミの処分も適正価格で、しっかりサポート致します。

ゴミの種類にもよりますが、ほとんどの場合、引っ越しゴミの処分にかかるコストは1.5~3万円以内と非常にお得! 引っ越しゴミの処分に困ったら、まずはお電話を。

3.弊社スタッフによる迅速な見積もり

ご指定して頂きました日時に弊社スタッフが、見積もりに参ります。ちなみに対応エリアであれば、最短即日応が可能です! 回収して欲しい不用品をお教え頂ければ、後はこちらで見積もりをお出しします。

10~20分ほどで見積もりは完了しますので、お手間を取らせることはありません! また見積もり作成後、提示金額に納得されない場合は、追加費用は絶対に発生しません。

あくまでお客様のご希望第一ですので、安心して不用品回収のお見積をお申し付けください。

なお、お見積金額に納得され、その日のうちに不用品回収をご依頼される場合は、見積もり後すぐに不用品回収作業に移ります。

○不用品回収の押し売りをする会社にご注意を!


弊社では無料の見積もりの後、お客様のご希望に合わせて見積もりをお出ししています。お客様が見積もりを見て納得されない場合は、追加費用は頂きません。

しかし、中には強引に不用品回収を行う悪徳不用品回収業者も存在しているので、ご注意ください。

 

仮に不用品回収業者に見積もりを依頼し、その後、強引に不用品回収を行い不用品回収費用を請求して来た場合は、速やかに110に電話し、警察の到着を待ちましょう。

4.速やかに引っ越しゴミを回収

見積もりを行い、お客様が見積もり金額に納得した場合は、その日のうちに引越しゴミの回収に移ります。

ご依頼される不用品の量によって所要時間は異なりますが、1~2時間ほどで不用品の処分時は完了します。また、ご依頼者であるアナタは何もする必要はありません。コーヒーでも飲んで、ゆっくり休憩していてくださいネ!

また、後日改めて不用品回収をご依頼される場合は、お問い合わせを行った際と同じく、「ご希望日」「お伺い時間」を再度お教えください。ご指定の日時に、改めてご自宅までお伺いさせて頂きます!

5.料金のお支払い

不用品回収後、見積もり金額と同額のお支払をお願いします。 不用品回収費用は、お客様にとって一番負担が少ない方法で行われます。

弊社の料金形態は2種類。その中でも、一番お客様にとって負担が少ない方法で不用品回収費用を請求しています!

■生活総合サービス企業組合の料金形態


  1. 1.処分品単価の合計
  2. 2.積載トラックの大きさによる固定料金

弊社の場合は、お客様にとって一番オトクになるように、2種類の料金形態を採用しています。

たとえば……

◆冷蔵庫・テレビの不用品回収処分をご依頼の場合


冷蔵庫回収費用 (6000円) + テレビ回収費用 (4000円)= 1万円

【ご請求金額】:1万円+税

参照:生活総合サービス企業組合:粗大ごみ回収(単品料金表)

上記の例のように冷蔵庫とテレビのみの不用品回収であれば、ご請求金額は冷蔵庫の回収費用+テレビの回収費用を合算した金額になり、合計1万円の請求になります※回収する不用品によって金額は若干異なります。

冷蔵庫とテレビのみ不用品回収であれば、「処分品単価の合計」を計算してご請求した方が、金額は安いのですが、これが回収する不用品の種類が増えると金額が高づいてしまいます。

◆冷蔵庫・テレビ・洗濯機の不用品回収処分をご依頼の場合


冷蔵庫回収費用 (6000円) + テレビ回収費用 (4000円)+ 洗濯機回収費用(5000円)= 1.5万円

【ご請求金額】:1.5万円+税

参照:生活総合サービス企業組合:粗大ごみ回収(単品料金表)

このご請求形態の場合、冷蔵庫 + テレビ + 洗濯機の不用品回収をご依頼すると1.5万円+税のコストがかかってしまいます。

しかし「2.積載トラックの大きさによる固定料金」を利用すれば、冷蔵庫 + テレビ + 洗濯機 + 洋服タンの不用品回収を行っても、かかるコストは同じく1.5万円です!

 処分品単価の合計の場合

冷蔵庫回収費用 (6000円) + テレビ回収費用 (4000円)+ 洗濯機回収費用(5000円)+ 洋服タンス大(5000円)= 2万円

【ご請求金額】:2万円+税

     積載トラックの大きさによる固定料金

冷蔵庫回収費用 (6000円) + テレビ回収費用 (4000円)+ 洗濯機回収費用(5000円)+ 洋服タンス大(5000円)= 軽トラ1台分(1.5万円)

【ご請求金額】:軽トラ1台分1.5万円+税

このようにご依頼する不用品の数が多ければ、多いほど軽トラック1台分に詰め込めるだけ、詰め込む固定料金(1.5~3万円)の方がオトクなんです!

「冷蔵庫回収して欲しいけど、冷蔵庫だけじゃ……」

「引越しゴミが沢山あるから、回収費用が高づきそうだ」

と、それぞれ不用品回収に関する費用について心配していらしゃる方は、一度、処分しようと思っている不用品ごとに回収費用を弊社の価格表と照らし合わせて、合計費用を計算してみてはいかがでしょうか?

その後、改めて「軽トラパックの方が安いし、ついでに他のものもイロイロ処分しちゃおう!」と、思い直し。この機会に思い切って引越しゴミ以外のものも処分しようと考えるようでしたら、ご気軽に固定料金パックをお申し付けください。

なお、固定料金パックは、ほとんどの場合3万円以内で収まります。引っ越しゴミでイロイロといらないモノが増えてしまった場合は、固定料金パックを利用して弊社でオトクに不用品回収しましょう!

引越しゴミはまとめポイ! まずは無料見積もりから♪

新生活を始める前に、なるべく処分しておきたい引越しゴミです。 引っ越し前・引越し後に“まずかかるコスト”である引越しゴミの処分を怠ると、気持ちの良いスタートが切れませんよ~!

また、何かと忙しい引っ越し前・引越し後にゴミのせいで、余計な時間を取られてしまうと、何かと支障が出てしまうケースも。 新しい土地での新生活を、スムーズに迎えるために、いらない引越しゴミは「まとめてポイ」しちゃいましょう。 「とりあえず」の見積もりだけでも、お電話ください。 アナタの心残りの不用品、弊社が適正価格で回収させて頂きます!

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

ごみ屋敷は男性よりも女性が多い!意外な事実

ネットやTVなどでよく耳にする“ゴミ屋敷”ですが、他人ごとのように「自分には関係ない」だとか「ゴミ屋敷になってしまうなんて考えられない」と思っている人もいるかもしれません。

家の外から見ただけではゴミ屋敷かどうかを判断することはできないだけで、実はあなたのまわりにもゴミ屋敷で悩んでいる人がたくさんいるかもしれないのです。

そんな困ったゴミ屋敷ですが、実は男性よりも女性の方が多いと言われています。その理由や対処法について、詳しく説明していきます。もしかしたらあなたもゴミ屋敷予備軍かもしれません。

■ゴミ屋敷に女性が多い理由とは?

部屋の片付けが苦手というと男性をイメージする人が多く、面倒くさがりですしゴミを散らかすのは男性の方が多いと思っている人は少なくありません。

確かに部屋を綺麗に保ったり工夫して片付けたりするのは女性の方が得意です。

ですがゴミ屋敷まで状態がひどくなってしまうのは女性の方が断然多いといわれています。ゴミ屋敷の割合は男性は40%前後、女性は60%前後にもなり、倍近くの人数に違いがあるのです。

どうして女性の方がゴミ屋敷になりやすいのかについてですが、「物への執着心」「買い物好き」な人が多いのが原因ではないかと言われています。例えば女性の場合はストレスの発散を買い物にしてしまっている人も多く、日頃のフラストレーションを解消するために過度な買い物をして家の中の物が増えすぎてしまっていることがあるのです。

家の中で何がどこにあるのかわからなくなってしまっている人や、物が多く部屋の中が散らかっている人はいませんか?ゴミ屋敷とまではいかなくても、もので溢れ返っているのは女性の方が格段に多い傾向にあります。

もったいないと思い捨てられない、思い出の品は残しておきたい、なにかに使うかもしれないなどこういった思考は女性の方が格段に多いのです。その点男性は、ものへの執着心がなく「なんでもいい」という人も多く余計なものを買わないのでゴミ屋敷になりにくいのです。

■女性でゴミ屋敷になってしまいやすい人の特徴

女性の中には片付けが得意な人もいれば、ゴミ屋敷のようにゴミが飽和して日常生活に支障をきたしてしまう人もいます。ゴミ屋敷になってしまう女性には一定の特徴があります。もちろんすべての女性に当てはまるわけではありませんが、こんな特徴がある人は、ゴミ屋敷にならないように意識して注意する必要があります。

・日頃から部屋のカーテンを開けずに過ごしていることが多い

・部屋の空気の入れ替えをする習慣がなく部屋の中にホコリが溜まっている

・仕事が忙しく部屋の掃除をする時間が取れない

・人の死に近い場所で仕事をしているなど、日々ストレスのかかる仕事をしている

・一人暮らしで他人と接する機会が少ない

・買い物をするのが唯一のストレス発散になっている

・もったいないと同じものを長く使う主義で捨てられない

これらの状態が続いているとゴミ屋敷になってしまっている人もいます。女性のなかには「消臭剤を使っているからバレない」なんて思っている人もいるかもしれませんが、ゴミ屋敷ならではのニオイがあるので職場でも外で公共機関の電車やバスに乗っているときでもバレている可能性もあります。

また、トレンドに敏感な若い女性の方がゴミ屋敷の可能性が高いといわれています。近頃はメディアなどでモデルさんやタレントさんが自宅のゴミ屋敷を公開し驚かれていることもありますが、見た目からは想像もつかないほどに散らかっている部屋の中に驚いてしまうこともあります。

とにかく物が多く芸能の仕事をしていて忙しいことも関係していそうですよね。

■女性のゴミ屋敷は男性とは違うもので溢れている

女性のゴミ屋敷には洋服やバッグなどとにかくもので溢れかえっている場合もあれば、生理用品や傷んでしまい腐った食材がそのままになっているゴミ屋敷などもあります。中途半端に使わなくなったスキンケアや、日用品など足の踏み場がないほどになってしまっている人もいます。飲みきらなかったペットボトルがそのまま部屋中に転がり、中身が不気味な液体になってしまっていることも・・・。

また女性は男性よりも髪の毛が長いので排水口に髪が溜まってしまい、そのまま放置していると完全に詰まり水が流れなくなってしまいます。ゴミ屋敷でない人から見ると異様な光景にも見えますが、ものに囲まれた暮らしに慣れてしまうと自分の部屋がゴミ屋敷であることに気づけなくなってしまうのです。

ゴミがたくさんある空間の方が落ち着くなんて人もいるのです。

男性の場合は食べた後の弁当容器などがそのまま放置されていることが多くゴミ屋敷の内容も女性と男性では大きな違いがあるのです。

■女性のゴミ屋敷はどうやって片付けるべき?

ゴミ屋敷になってしまった場合、どうやって片付けるべきなのか「片付けたい」という意思があってもなかなか行動が伴わず悩んでいる女性もいるかもしれません。

ゴミ屋敷の中で生活をするのが当たり前になってしまうと心身ともに体調を崩してしまったり気持ちがネガティブになるなど、何一ついいことはありません。もちろん近隣に住んでいる人たちへの迷惑もかかってしまうことも考えられます。

早めにゴミ屋敷を解消してあげることが大切です。

1. 自分で片付ける

ゴミ屋敷にしてしまった本人がコツコツと片付けていく方法です。ゴミ屋敷であることを意識して片付けられたら何も問題はないのですが、それができていたらそもそもゴミ屋敷になることはありえません。何らかの理由によって片付けができなくなってしまっているから今の状況がおきてしまっているので、「ゴミ屋敷は片付けたほうがいいよ」と促したところで状況が変わるとは考えられません。

2. 家族で片付ける

本人が難しいのであれば家族で片付ければいいのでは?と思うかもしれません。各自治体のゴミ出しルールに従ってゴミを分別し所定のゴミ置き場に置きます。ですが、ゴミ屋敷の程度にもよりますが、あまりに大量のゴミを一気に出してしまうと近所迷惑になります。家族が近くに住んでいて一緒にこまめに掃除ができるならいいのですが、仕事で忙しく時間が取れない場合もあると思います。

3. 業者で片付ける(おすすめです!)

自分でも家族でも難しい場合、不用品回収業者に依頼して片付けを行う方法もあります。部屋の中に家族以外の人が入ることに抵抗がある人もいると思いますが、あくまでも仕事ですし重い荷物などの大変な移動もすべて業者が対応するので一番負担がかからず一気に片付けのできる方法でもあります。

その分依頼する費用はかかりますが部屋からあふれかえるようなゴミの量になってしまった場合は、業者でないと処分が難しい場合もあります。

ゴミ屋敷というとどうしても男性をイメージしてしまいがちですが、実際に6割以上は女性であること、しかも状態がひどく足の踏み場がないほどになってしまっていることもたくさんあります。そんなゴミ屋敷を自分で片付けられるのが一番ですが、捨てる勇気が持てずそのままにしてしまっているのであれば不用品回収業者に任せてみませんか?

1年以上使っていないものはそのまま残していても二度と使うことはありません。またゴミの中に眠ってしまっている洋服も、害虫が住み着いてしまっていたりもう一度着ることはまず考えられません。部屋のなかをきれいに片付け快適な空間で生活できるようにしましょう。


プロにお任せ!不用品回収の流れ

新しい家電や家具を買ったり、引っ越しをしたり、ライフスタイルの変化によって、今まで必要だったものが要らなくなることって、結構ありますよね?

「今まで使っていたのに、捨てるなんてもったいない!」と、ついつい日本人の悪い癖が出てしまいますが、いつまでもいらないものが家の中にあると、ソレだけで嫌な気分になってしまうし、何よりスペースがもったいない!

“プロにお任せ!不用品回収の流れ” の続きを読む


遺品整理の流れをご紹介

突然、いなくなってしまった故人のことを思うが故に、残された遺品をどう扱って良いのか、わからない――そんなお悩みをお抱えではありませんか?

そもそも何を処分して良いのかわからない、何から手をつけて良いのかわからない、というような状況で、1人お悩みになる必要はありません。

遺品整理も、人の手を頼ることで、心の負担も身体の負担も楽になる場合があります。

「遺品整理ぐらい、家族で出来るよ!」 「人様に頼るようなことじゃ……」 そんな風に思われる気持ちは、よく理解できますが、個人で遺品整理をするのはあなたが思っている以上に大変です。

“遺品整理の流れをご紹介” の続きを読む


自分でできる家電リサイクル処分方法(桑名・四日市・いなべ・海津・弥富版)

三重県北部(桑名市・いなべ市・四日市市・東員町・朝日町・川越町)や愛知県弥富市、岐阜県海津市で自分で家電リサイクル4品目(テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・乾燥機・エアコン)の処分を検討している方はいませんか?※実際には6品目ですね。

家電リサイクル法(特定家庭用機器再生商品化法)で定められているリサイクル家電の場合は通常の粗大ごみとして捨てることはできません。

自治体に沿った正しいルールで処分を行う必要があります。自治体ごとの処分方法についてご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

“自分でできる家電リサイクル処分方法(桑名・四日市・いなべ・海津・弥富版)” の続きを読む


おかげさまで平成30年に15周年を迎える事となりました。

日頃よりご愛願いただきましてありがとうございます。

弊社「生活総合サービス企業組合」は皆様のおかげで平成15(2003)年に本組合創立から15周年を迎えることができました。

長年続けてこられたのもお客様のご支援あってのことであり、本来であれば直接この気持をお伝えできればいいのですがこの場をかりまして深く感謝を申し上げます。

弊社は平成15(2003)年12月5日に、三重県の桑名市を中心に北勢地域の皆様が「生活のなかで不便に感じていることを解消したい!」

そんな想いから事業展開をスタート致しました。設立当時は資本金300万円、スタッフ数4名の今よりも小さい規模でスタートでした。

“おかげさまで平成30年に15周年を迎える事となりました。” の続きを読む


引越しの時の消耗品・粗大ゴミは一緒にまとめて処分しましょう

引越しの不要品は大型の家具・家電の場合もあれば使わずに大量に残ってしまった消耗品の場合もありますよね。

消耗品も少しの量であれば大したことがないのですが、それが大量になると処分する方法やどうしたらいいのかなど困ってしまうこともあるはずです。

そんな困った消耗品の処分は、他の大型の家具・家電などと一緒に不用品回収業者に任せてみませんか?その理由について説明します。

“引越しの時の消耗品・粗大ゴミは一緒にまとめて処分しましょう” の続きを読む


意外と知らない仏壇の引越しどうやってしたらいいの? 処分方法は?

近頃は核家族化も進み、仏壇を家に置くスペースがないご家庭も多いのではないでしょうか。

一昔前迄どの家庭にも仏壇が置いてありご先祖様を供養する為の大切なものでした。毎朝拝んで仏壇にご飯などのお供えものを置くのが家族で当番制になっていたなんて人もいるでしょう。

そんな仏壇を引越しや家族の事情などで処分することになった場合、どのように処分したらいいのでしょうか。大切なものだからこそ正しく処分したいものですよね。

“意外と知らない仏壇の引越しどうやってしたらいいの? 処分方法は?” の続きを読む


一人暮らしから寮に引っ越す時の不用品は・どうやって処理するの?

一人暮らしから就職を機に寮に引越しをする人もいるのではないでしょうか?

警察官などの公務員の場合に多く、余計な家賃がかかることもありませんし、寮母さんがいれば食事や掃除・洗濯などすべておまかせできるのでとにかく楽ですよね。

就職してしばらくは寮で生活して行く職業は決してめずらしくありません。寮に引っ越すとなると今住んでいる家から引越しをしなくてはいけません。

一人暮らしから寮に引越しをする場合、実は不用品がたくさん出てしまいます。その理由や処分方法について説明します。

“一人暮らしから寮に引っ越す時の不用品は・どうやって処理するの?” の続きを読む


犬や猫などのペットと一緒に引越するときの注意点・不用品は?

引越しをするのは何も人間だけに限った話ではありません。一緒に生活している家族でもある犬や猫・小動物などのペットも一緒に引越しすることになります。

新しい家で生活する為にはこの機会に一度ペット関係の不用品も見直してみませんか?

“犬や猫などのペットと一緒に引越するときの注意点・不用品は?” の続きを読む