TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

エアコンの処分方法は?家電リサイクル法とは

古いエアコンの処分方法
不用品
にお困りなら

自宅にある古いエアコンを処分したいけど、どうしたらいいのか困っている人も多いのではないでしょうか。エアコンだと素人では取り外しができませんし重いので、自分で処分するのは難しい家電でもありますね。

昔は粗大ごみとして処分できた時代もありましたが、現在は家電リサイクル法に指定されてしまい処分方法が厳しくなりました。そのためいざ処分するときになって、どうしたらいいのか迷ってしまうことも少なくありません。

エアコンや扇風機の処分方法を詳しく説明していきますね。

エアコンの家電リサイクル法とは?

家電を不用品として処分する機会でもない限り、意外と知らないのが「家電リサイクル法」です。2001年に施行されもので粗大ごみとして処分するのではなく、資源として回収し分解、再利用することになりました。

もともと粗大ゴミのなかには大型で重く固い部分が多いので処理施設であっても処理が難しいケースもあります。特に家電製品はこれに該当し、廃棄物を減らす目的、有用な資源を有効利用する目的からこの法律が制定されました。

家電リサイクル法はすべてのものに該当するわけではなく、「エアコン」「テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫・冷凍庫」の4品目を「特定家庭用機器」として指定します。ただし業務用のものになると対象外になるケースもあります。基本的には家庭の家電のみになりますので注意してくださいね。

また平成21年には「液晶式テレビ及びプラズマ式テレビ」や、「衣類乾燥機」も追加される形になりました。それ以前は粗大ごみとして処分していたので、高齢者の世代などでは知らずに処分してしまっている人もいるかもしれません。

軽トラ
パック

この法律が制定されたことによって「一般廃棄物運搬業」の許可を受けた業者や家電量販店などは回収した製品をメーカーに引き渡すことになりました。製造業者は引き取った商品の一部をリサイクルすることによって、再商品化することができるようになったのです。

エアコンについても粗大ゴミで処分しなくなり、有効活用されるようになりました。廃棄物がどんどん増えていくような状況を改善する為にも重要な役割を担う法律だといえます。

また、家電リサイクル法の家電を処分する場合、事前に「家電リサイクル券」の購入が必要になります。販売店にて用紙の記入をしたり料金を支払う「料金販売店回収方式」と、ゆうちょ銀行や郵便局に行って自分で料金を支払う「料金郵便局振込方式」があります。どちらの方法になるのかは処分方法によっても異なります。

郵便局のタイプになると土日祝は休みのケースも多いので、郵便局だと支払いにいけず券の購入が難しいケースもあります。

エアコンを処分する方法にはどんなものがあるの?

自宅にあるエアコンを処分したいけど、どうしようかな…と決めかねている人もいるかもしれません。家電リサイクル法が制定されたこともあり、正しい方法で処分しないと法律違反に鳴ってしまうことも考えられます。

具体的にどんな回収方法があるのかについて詳しく説明していきます。処分方法について迷っている人は参考にしてみてください。

1. 新しいエアコンを購入するときに家電量販店に引き取ってもらう

自宅にあるエアコンの買い替えであれば、購入する家電量販店に相談して古いエアコンを処分してもらう方法があります。なかには購入するとはいえ言い出しにくいなんて言う人もいますが、家電リサイクル法によって収集を行う義務があります。

そのため購入者から引取を希望されて断ることはしませんので、気軽に相談してみてください。引取を希望した場合料金等の支払をエアコンの支払いと一緒に、同日レジにて行うケースもあります。

家電量販店に依頼すると、エアコンの取り外しや搬出などの作業を一通りすべて請け負ってくれます。そのため余計な作業も必要なく決められた日時に自宅に来てもらい作業をしてもらうだけです。

家電リサイクル法のリサイクル券の記入や書類の処理等すべての作業を業者が代行してくれるので、エアコンの処分にかかる費用を業者に払うだけで済みます。

ただし家電量販店の業者の場合は、基本的に住んでいる地域を管轄している外注のケースが多いので、質がまちまちなケースもあります。なかには時間に遅刻してきたり、作業に慣れていない人が来てしまい、時間がかかるケースも。

家電量販店にエアコンの引き取りを依頼しても料金面は「自己負担」になります。取り外す費用はもちろん運搬料金、リサイクル料金などのお金がかかり、どんなに安くても1,500円以上はかかると思っていたほうがいいでしょう。また、エアコンが特殊なものになると追加料金が発生することもあります。家電量販店に依頼するときは、型番も含め相談しておきどの程度の費用がかかるのか事前に出してもらったほうが正確な金額がわかると思います。

2. 自治体に依頼して回収してもらう

自治体によっても異なりますが、家電リサイクル収集などのサービスを行っている場合もあります。自宅の近くい「家電リサイクル受付センター」があるかどうか調べてみてください。基本的に職員が自宅にきてエアコンの回収をしてくれます。

自治体のサービスなので自らリサイクル券を発行できるので、わざわざ自分で記入する手間もかかりません。回収にかかる費用もエアコンの引き渡しのときに料金を支払って完了なので、余計な手間もかからず処分しすい方法です。ただし自治体に回収してもらう場合、エアコンの取り外し作業は担当外になってしまいます。

そのため自分で取り外しの作業を行わなくてはいけません。エアコンはただでさえ重く、大人一人で作業するのは難しいケースが多いので注意が必要です。またエアコンによっては専門的な知識がないと取り外せないもの、ホース部分が変わった作りになっているものもあります。

エアコンを回収してくれるメリットはありますが、取り外しをどうにかしないと自治体の回収は難しいと思います。また取り外しだけを業者にお願いする人もいますが、その分が追加料金になってしまうので負担が大きくなります。

また自治体の回収の場合、自治体が指定した日時に回収することになるので平日の場合も多く仕事をしていると、なかなか日程が合わず回収してもらえないこともあります。リサイクル料と運搬料の両方がかかるので、4,000円以上の費用がかかる場合も…。自治体だからといって決して安く処分できるとは限りません。

3. 購入した小売店に回収してもらう

処分するエアコンを購入した場所がわかれば、そこで処分してもらうこともできます。家電リサイクル法の法律によって、お客さんから商品の収集を依頼されたときは断ることはできません。

ただし購入したのがかなり昔でどこで購入したのかわからないようなケースは、この回収方法は使えません。小売店で回収してもらう場合は、自宅までエアコンを取りに来てくれるので直接持ち込む手間もかかりません。また料金販売店回収方式になるので必要な書類などの記入はすべて代行してくれますし、必要なのは処分にかかる費用のみです。ただし小売店によっては取り外しができないこともあります。

自分で取り外さないといけないので、このケースの場合も自分で頑張って取り外すもしくは、業者に依頼しなくては行けない分高額な費用がかかってしまうこともあります。取り外しを行っているのかどうかは事前に確認しておかないと、当日にバタバタしてしまうこと、回収が難しくなってしまうケースもあるので十分に注意してくださいね。

4. 不用品回収業者に回収してもらう

エアコン以外にも処分したいものがあったり、仕事の都合で自宅にいられる日が限られているのであれば、不用品回収業者に依頼する方法もあります。お客さん側が回収する日時を指定できること、エアコンの取り外し、運搬、処分などの一通りの作業をすべて依頼することができます。

エアコンを処分したいけど自分で取り外すのは難しい人にとっても、不用品回収業者は強い味方といえるでしょう。ただしサービスではないのでもちろん回収する費用もかかります。

エアコン1台だけなどの回収方法もあれば、トラックに乗るだけ不用品を回収する乗せ放題のような処分方法もあります。小さな不用品から大きな不用品まですべてを回収できるので、自宅で他にも処分したいものがあったり、分別するのが面倒だな…と思っているものがあれば、不用品回収業者に依頼しましょう。

ただし不用品回収業者のなかには悪質な業者もいますので、十分に注意しなくてはいけません。回収したエアコンを山間部などに廃棄してしまうような業者も少なからずいます。

もしそれらの違法投機が見つかってしまった場合は、もともとの所持していたあなたに回収の義務が生じてしまいます。不

用品回収業者を選ばないと余計に費用がかかってしまうこともあるので、十分に気を付けてください。あまりに相場よりも安い業者だったり会社の所在地がわからないような業者に依頼すると、違法性の高い回収業者の場合もあります。

事前に口コミなどを調べたうえで本当に任せられると判断した業者に依頼してもいいと思います。また問い合わせなどをしたときに丁寧な対応をしてくれるのかどうかによっても、本当に信頼できる業者かどうかがわかるはずです。

まとめ

エアコンの処分方法について説明しましたが、自治体や販売店・小売店などに引き取りをお願いするケースもありますし、時間が厳しいのであれば不用品回収業者に依頼する方法もあります。

いずれも処分には一定の費用がかかってしまいますし、すぐに処分できないこともあります。引越し時に慌ててエアコンを処分するなど、時間がないときは不用品回収業者に依頼するのも検討してみてくださいね。混雑具合にもよりますが即日対応できるケースもあり、すぐに不用品の処分ができ片付けが一気に進みます。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら