TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

金属類のごみは間違えやすい?処分時に注意を

不用品
にお困りなら

資源ごみというと紙類やペットボトル、空き缶などをイメージする人が多いと思いますが、「金属類」もリサイクルの対象になります。金属ゴミは私達の生活にもとても身近な存在です。

そのため、買い換えるときや、引越し、部屋の片付けなどさまざまなときにごみとして出ています。捨て方がわからずに自宅でそのままになっている金属ゴミも、この機会に見直してみませんか。意外と知らない資源ごみの金属類について説明します。

金属類の資源ごみとは

金属類と言われても、具体的にどんなものなのかわからない人もいると思います。例えば鍋やフライパンなどの調理器具、包丁やはさみなどの刃物、延長コード(電気コード)、缶などは金属類に分類されます。基本的には1mを超えない大きさのものになります。他にも、ファンヒーターや石油ストーブなども金属類の資源として回収できます。

引越しのときに処分に困るガスコンロも金属類に分類されます。こう考えると誰でも一度は処分したことのあるものばかりなのではないでしょうか。マンションによっては専用のボックスのようなものが置かれており、回収日など関係なく出せるところもあります。

軽トラ
パック

戸建てになると、回収日に合わせて出さなくてはいけなくなります。また、1mを超えていても自転車は金属類として処分できる対象になります。ただし、自転車といってもさまざまな種類があり、集積場内に入れるもの、もしくは“処分するもの”などの表示がないと、回収できないものもあります。

集積場の大きさはそれぞれ違いますし、事前に置いてもいいのか確認して奥などマナーを守って資源ごみとして出すようにしてください。これらを資源ごみとして知らずに、そのまま燃えないゴミなどで出してしまっている人もいると思います。限りある資源だからこそ、金属ゴミをそのまま処分しないように気をつけてくださいね。

回収した金属類の資源ごみはどうなるの?

四日市市では2週間に1回、資源ごみの回収をしています。自治体による違いはありますが、透明もしくは半透明の袋で出すのがマナーとして義務付けられています。入っていないものは回収してもらえないケースもあります。

また、自治体によっては回収容器が設置されていることもあります。その場合、袋には入れずに回収容器の中に入れます。普段からごみをどのように捨てているのか見ておくと、いざ、自分が金属類をごみとして出すときにもスムーズにでき、慌てることがなくなります。

回収した金属ゴミですが、ものによっても処分の方法が変わります。切る・砕くなどの手順を行い、金属の種類ごとに選別していきます。運びやすいようにブレスして製鉄工場などに引き渡す流れになります。

その後加工されて再利用されることもあります。そのまま捨てていればごみになってしまう金属も、資源ホミにするだけで再利用できると考えるといかに有意義なことなのかがわかると思います。

金属ゴミを資源として出すときの注意点

金属ゴミを資源として出すときに、どんな点に注意したらいいのでしょうか。

・金属ゴミとして出せるもの出せないものを覚える

金属ゴミとして資源で回収できるものとそうでないものは、勘違いしやすく把握するのが難しいともいわれています。例えば、電子レンジやガスレンジ、ミシンなどは大きさに関わらず粗大ごみとして処分することもあります。

また電化製品として勘違いされやすい、エアコンやテレビ、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機などは四日市市の資源として回収できません。家電リサイクル法 金属ゴミとして出せるものかどうか、判断が難しいときは事前に自治体に確認しておくと、処分時に困ることも少ないと思います。

自治体による違いもあるので、引越してきたときなどは、気をつけてその自治体のルールを確認してください。

・刃物を処分するときは危険性に配慮する

剃刀の刃や、包丁、針などの金属類を処分するときは、そのまま捨ててしまうと回収時に怪我をしてしまう危険性があります。刃物の向きを知らずに触ってしまい怪我をする可能性も十分に考えられます。

例えば包丁は包んで捨てる、金属製の容器に入れて蓋をした状態で捨てるなど、ちょっとした工夫次第で危険性を防ぐことにもなります。もし自分が回収する側だったら…と考えて配慮できると、お互いに気持ち良く回収ができます。

また金属類の細かなものを処分するときも、そのまま入れるのではなくまとめて袋に入れるようにします。袋でまとまっているだけでも、回収時の手間が省けますし、途中で落ちてしまうこともなくなります。刃物や細かいものを処分するときは注意してください。

・火災の原因となる金属類にも注意する

金属ゴミのなかには、石油ストーブやファンヒーターなどの火災の原因に成りかねないものもあります。なかに含まれている灯油や乾電池を事前に抜いておき、正しい処分を行うようにしてください。

そのまま出してしまうと、他のものと引火してしまい、火災の原因になることもあります。安全に金属類を回収するためにも、これらのリスクを配慮して処分する必要があります。安易な「大丈夫だろう」が大きなトラブルに繋がることもあります。

金属類の回収に困る、こんなときは不用品回収業者へ

金属類の資源ごみとしての回収方法をご紹介しましたが、ときには難しいケースもあります。不用品回収業者に依頼して処分するのは、どんなときに必要になるのでしょうか。

・急ぎで金属類の処分が必要なとき

金属類の処分は2週間に1回になります。そのため急な引越しなどで時間がなく早急に処分するときは、不用品回収業者に依頼していただいたほうがいいと思います。

マンションのなかには置くスペースが設けられている場合もありますが、あまりに金属類のものが多く長期で置いておかなくてはいけない場合、他の住民に迷惑がかかってしまいます。

不用品回収業者なら電話1本でお好きな日時に金属類の回収に伺いますので、余計な負担をかけることなく処分していただけます。時間がないときはお気軽にお問い合わせください。

・とにかく量が多く、他のごみもあるとき

金属類のごみの量はもちろん、他にももえるごみや燃えないごみ、粗大ごみなど処分しなくてはいけないものがたくさんあるときは、不用品回収業者にまかせてしまうのをおすすめします。

ごみごとに仕分けをするのも大変ですし、運び出すのも手間がかかります。粗大ごみなどは家から所定の場所に持っていかなくてはいけないので、想像以上に大変です。自治体の回収は基本的に自宅に入って作業を行いません。他のごみもあるときは一緒に処分しましょう。

・金属ゴミなのか区別がつかないとき

金属類はどれが該当するのかしないのか、判断するのが難しい問題もあります。1m以内であれば回収してもらえるとはいえ、家電4品目に該当していると処分してもらえませんし、金属類でも回収できないものもあります。

その反対で自転車など意外なものを回収してもらえるなど、自分で判断するのが難しく区別できないときは、不用品回収業者におまかせください。仕分けなども一切必要なく、あっという間にごみを回収します。

まとめ

金属類のごみの処分も、できるだけリサイクルとして出すようにしてくださいね。量が多いときや、急ぎで処分するときなど、困ったときは不用品回収業者にご相談くださいね。金属類の処分もしっかりとサポートしますので、安心してご連絡ください。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×