TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

古くなった家の倉庫を片付けてほしい!不用品の処分方法は

倉庫いっぱいの不用品
不用品
にお困りなら

自宅に「倉庫」のあるご自宅も多いのではないでしょうか。物置として使っている人もいればしばらく中を開けておらず、何が入っているのかわからない…なんて人もいるのではないでしょうか。

居住スペースではないからこそついつい片付けが後回しになってしまう場所でもあります。ただし倉庫は自ら片付けようとしないとそのままになってしまい、どんどん老朽化が進んでしまう場所でもあります。

自宅にある倉庫内の不用品を見直したい、実家の倉庫の中をまるまる掃除して処分したいなど、倉庫の不用品処分で悩んでいるかたに処分する為の方法や対策についてご紹介していきます。

倉庫の片付けが想像以上に大変になる理由

倉庫のなかのものが溢れてしまい、中に何が入っているのかわからないと話す人は意外と多いものです。整理整頓したい気持ちはあるものの、物が多すぎると何から片付けるべきなのか途方に暮れてしまうことも…。そもそもどうして倉庫が物で溢れかえるような状態になってしまうのでしょうか。

1. 倉庫にはとりあえずで詰め込んでしまいがち

倉庫のなかに入っているものの多くは「今使わないもの」ではないでしょうか。長年使っていないものでも、処分するにはもったいないのでとりあえず倉庫に入れて保管しておこうかな…と詰め込んでしまいます。

倉庫が小さいとそこまで不用品で溢れてしまう可能性はありませんが、規模が大きくなると余計なものまで入れてしまいその状態が長期化してしまうことも…。使わなくなった家具・家電を処分するのが面倒になってしまいそのままになていませんか。

倉庫に入っているものはめったに使わないものが多いからこそ、何をしまっているのかわからなくなってしまい、何が入っているのかわからない管理ができない場所になってしまいます。倉庫は一度このような状態になると脱却するのが難しいのです。

軽トラ
パック

2. 掃除を後回しにしてしまいがち

家のなかは定期的にきれいにしていて片付けているものの、倉庫の掃除は後回しにしていて「いつかやればOKでしょ」と思ってしまうものです。

来客時に誰かが見る場所でもありませんし、掃除をしなくても日常生活では困りません。そのため年末年始の掃除でも対象外になり、どんどん劣化してしまいます。また倉庫のなかは空気の入れ替えもしないので、中には湿気が多くなり、害虫の住処になってしまうこともあります。

ほこりも多くハウスダストの危険性もありますし、倉庫の中が汚くなればなるほど後回しで見なかったことにしてしまうのです。掃除を後回しにしていると、いつまで経っても片付きません。

3. 管理していた人が亡くなり放置しがち

倉庫を使っていたのが祖父母だったり、限られた人が管理していた場合亡くなったり管理が難しくなると、そのまま長期間放置することになってしまいます。

勝手に片付けるのもなんだか気が引けるし…とそのままにしているうちに、倉庫のなかの不用品が片付けない状況になってしまいます。管理していた人から次の世代に引き継がないと倉庫の状態を維持するのは難しいと覚えておきましょう。

長年そのままになってしまった倉庫は負の遺産になってしまうことが多く、時間が経ってから劣化したものを片付けるのは簡単なことではありません。

本来なら定期的に見直しておき少しでも散らかったら片付けるようにしないと、倉庫の状態が悪くなる一方です。

倉庫を片付けるかどうか考えるきっかけは?

そのままになっていた倉庫を片付けたいと考えるきっかけがあるはずです。例えば倉庫の外見も劣化してしまい見栄えが悪いので倉庫の撤去を考えていて、不用品を片付ける人もいるかもしれません。

また使わなくなってしまった倉庫を処分して庭をリフォームしたい、倉庫のなかにある不用品を処分して、家のなかにある使わないものをしまえる場所にしたいなど、何かをきっかけに考えるケースが多いはずです。

倉庫が機能していないばかりに荷物が入り切らず、別の場所にレンタル倉庫を借りるなど無駄なお金をかけてしまっている人もいるかもしれません。他にも実家の両親が亡くなり家のなかの不用品と同時に倉庫の片付けを考えている人もいると思います。

普段なら気にならない倉庫であってもいざなかにある不用品を見直し処分するとなると大変です。ただ、5年も10年も使っていない不用品を残していても今後、使う可能性のほうが少ないと思いませんか。倉庫のなかにある不用品もいつかのタイミングで見直さなくてはいけません。

倉庫のなかを片付けるタイミングは、「片付けたい!」と思ったときに少しずつでも片付けを始めるようにしていきましょう。

倉庫を片付けるのは自分で?もしくは業者に依頼する?

倉庫を片付けるのであれば自分で片付けるのか?もしくは業者に依頼して片付けるべきなのか悩んでいる人もいるかもしれません。迷っているあなたにそれぞれのメリット・デメリットについて説明します。

【自分で片付ける】

倉庫を自分で片付けるメリットとして、まずは費用の節約になることです。業者に依頼すれば少なからず不用品を処分する費用がかかります。できれば費用をかけずに不用品を処分したいと思っているのであれば自分で片付けたほうがいいでしょう。

ただし倉庫の片付けは思っている以上に大変で、ハウスダストなど不衛生な環境になっている可能性もありますし、悪臭や害虫で汚れている部屋の中を片付けなくてはいけません。そのため汚れている場所を自分で触りたくない、苦手なんて人にはおすすめしません。

また自分で片付ける場合、不用品を運び出したり処分して中を掃除するなど手間も時間もかかります。これらを総合的に判断して、自分で片付けができるかどうか判断するようにしてくださいね。

【業者に依頼する】

倉庫のなかを片付けるときに不用品回収業者などに依頼する方法もあります。業者に依頼してしまえば、不用品の運び出しから運搬、処分などの一通りの作業を依頼できるので余計な手間がかかりません。時間の節約にもなりあっという間に片付きます。

また、倉庫のなかが悪環境になっていても業者が片付ける分、病気などのリスクもありません。ただし業者に依頼する場合、本当に信用できる回収業者にしないと貴重品や貴金属の盗難などの被害にあってしまう危険性もあります。

不用品として回収した家具・家電を不法投棄されてしまい、犯罪に巻き込まれてしまう危険性も…。不用品回収業者といってもさまざまなものがあるので、しっかりと見極める必要があります。また、不用品回収業者の場合はサービスではないので処分に費用がかかるので注意してくださいね。

自分で倉庫の片付けをするのか、業者に片付けをするのかによってメリット・デメリットがあります。どちらを選択しても後悔のない方法を選ぶようにしてくださいね。

倉庫の不用品を処分する不用品回収業者を選ぶポイント

倉庫のなかにある不用品を処分する方法として自治体の粗大ごみや不用品回収業者などがあります。自治体のほうが費用を押さえて処分できますが、ゴミの収集日がかなり先だったり急ぎで処分したいときには不用品回収業者を使ったほうがいいでしょう。

片付けから処分、掃除などの一通りの作業を依頼できる分、倉庫のなかが一気に片付きすっきりとするはずです。また不用品回収業者のなかには買取をしてくれるところもあります。

1. 本当に信頼できる業者なのか?

倉庫の不用品回収業者を選ぶうえで信頼できる業者なのかどうかはしっかりと見極めたいところです。家庭から出る不用品を回収するためには「一般廃棄物収集運搬許可」を持っている必要があります。なかには「産業廃棄物収集運搬業」を持っているのに、一般の許可は持っていない業者も存在します。

許可を持っていない業者が不用品を回収した場合は、無許可行為に該当してしまいます。この許可を知らずに依頼してしまった場合、一般のご家庭であれば処罰にはならない可能性があります。ただし個人情報が漏れたときなど、事情を聞かれることがありますので注意してくださいね。

2. 見積もりを出さない業者は要注意

倉庫の中の不用品を片付ける費用は業者によっても変わります。ただし優良な業者であれば倉庫の中を確認したうえで見積もりを作って依頼主にしっかりと確認を取ります。

見積もりを提示しないまま作業を行うことはありませんし、「作業してみないとわからないから」などの文言を言ってくることははずありません。また

いきなり自宅を訪問し「不用品を回収します」といったようなセールスをしてきたり、町のなかで走っている無料で回収しますなどの業者を信用しないようにしてくださいね。

見積もりは業者にとっても信用を得るために必要なもので、それを提示しないのはおかしいと思っていたほうがいいでしょう。

3. 時間を守ること

不用品回収業者のなかでも「約束の時間を守れるかどうか」も重要なポイントです。業者のなかには決められた時間を守らずに「前のお客様の都合で遅れました」などの理由をノベル業者もいます。

基本的には1日に複数のお客様をまわり終わり次第、次の現場に行きますがどうしてもスケジュール通りにいかないこともあります。ただ今は共働きのご家庭も増えている中、時間を守らないリスクは大きなもの。

もし遅れるにしても事前に1本電話を入れるべきですし、謝罪の気持ちもないような業者を信用してはいけません。

まとめ

古くなった倉庫の不用品を片付けるのであれば、多少の費用はかかりますが不用品回収業者で一気に処分してしまいましょう。倉庫のなかには長年使っていなかった家具・家電などが眠っているかもしれませんし、衛生的にもいい状態とはいえません。

物をちょっと動かすだけでもホコリまみれになることも…。そんな状況を自分で片付けるのは大変ですし、業者に依頼してしまえば一通りの作業をすべて依頼でき負担を減らすことにも繋がります。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら