TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

ごみ屋敷をリバウンドさせないた為に覚えてほしいこと

災害でごみ屋敷ですと逃げれません
不用品
にお困りなら

ゴミ屋敷になってしまう人のほとんどが、もともと掃除が好きだったり「まさか自分がゴミ屋敷に住むなんて…」と話す人ばかりです。単純に片付けができない人もいれば、何か精神的なストレスによって掃除ができなくなってしまう人もいます。

自分は大丈夫なんて思っている人が、年を重ねてからゴミ屋敷になってしまうなんてケースは十分にあるのです。さて今回はゴミ屋敷の原因だけでなく、せっかく片付けたらリバウンドさせない為のコツについてもご紹介していきます。

ゴミ屋敷は本人だけの問題ではありません。

家族が協力しあい解決していくことが重要です。

ゴミ屋敷の原因を紹介

ゴミ屋敷になってしまう原因にはどんなものがあるのか?

まずはその原因から洗い出していきたいと思います。

1. 孤独がゴミ屋敷の原因に

高齢者の単身世帯が増えたこともゴミ屋敷の要因になっていると言われています。独り暮らしで生活していると、周りの人とのコミュニティもなく寂しさを感じるようになります。体の自由もきかなくなってきますし、ゴミを捨てたり掃除をするのが億劫になってしまうことも…。

たくさんのものに囲まれている状況だと気持ちが安心してします。物の管理ができずにそのままゴミ屋敷になってしまうのです。特に年を取ると一人でいる時間を寂しいと感じたり、誰にも必要とされていないなんて気持ちが出てきてしまうことも。

社会的な孤独は人間のやる気を阻害します。実家に一人で住んでいて子どももめったに遊びに来ない家は思っているよりも多いのではないでしょうか。

孤独は人間が思っている以上に辛いものであり、周囲の声がけが必要です。

軽トラ
パック

2. 行政が苦手で頼れない

ゴミ屋敷になってしまう人のなかには、行政に相談し口出しされるのが苦手…なんて人もいます。特に年を重ねると若い人に注意されるのが苦手だったり、自分から弱音を吐くのが苦手なんて人も少なくありません。

ゴミ屋敷であることを行政を通して注意されても、無視してしまったり、余計に周囲と距離を取ってしまうような人もいます。行政に頼れない人は家族にも頼れないケースが多く、自分ひとりで抱え込んでしまう人です。

一度声をかけたときに片付けを断られてしまったとしても、何度も声をかけることでゴミ屋敷の片付けに取り書かれるケースもあります。高齢の方に特に多い傾向があります。

3. 掃除の仕方がわからない、苦手

ゴミ屋敷になってしまう人はすべて掃除が苦手だと思われがちですが、実際はそんなことはありません。家の中をきれいに保つ為には適切な収納や掃除が必要になりますが、何らかの要因によってそれがわからなくなってしまっている状態も考えられます。

掃除の仕方のノウハウなどを読んだところで、片付けたいと意欲が湧くものではありません。ゴミ屋敷になってしまう人は、心理的な依存や発達障害など見た目ではわからない悩みを抱えていることもあります。

掃除ができないというよりかは掃除の仕方がわからないので、一緒に片付けてあげたり掃除の仕方を一から教えてあげられるような環境が必要です。決まったルーティンができれば家の中の掃除ができる場合もあります。

4. ゴミ屋敷と認識していない

周りから見れば明らかにゴミ屋敷なのに本人が認識していないケースもあります。例えば今まで育ってきた家がゴミ屋敷だった人や、周囲の人が今までゴミ屋敷と指摘してこなかったなどさまざまな事情でゴミ屋敷と気付けないケースもあります。

収入グセがある人もゴミ屋敷になりやすいのですが、本人は自分の好きなものを集めているだけなのでそれがゴミだとは認識していません。周囲から見れば「それ必要ないよね?」と思うようなものでも、本人にとっては囲まれている空間が幸せ♪なんて状態もあるのです。

ゴミ屋敷として認識していない人は、周りが指摘してあげないといつまで経っても状況は変わりません。

5. ゴミを捨てることが怖い

ものに対しての依存度が高いとゴミ屋敷になりやすいとも言われています。今は安く何でも購入できる時代です。そのため物で溢れているのですが、捨ててしまったら二度と手に入らないかも?買えないかも…などの不安からゴミを蓄積してしまいます。

特に戦時中を経験し物が少ない時代を経験した人に多いのですが、今は状況が変わっていることを教えてあげることも必要です。

それでももし捨てるのを嫌がってしまうときは、「欲しい物があったら言ってね!」と伝え、困ったときはいつでも力になるからねと伝えてあげると、本人は安心感を覚えるのでゴミ屋敷から脱却できます。

ゴミ屋敷を認識していない人への対処法

周りから見ればゴミ屋敷なのに、本人はゴミ屋敷に住んでいると認識していない…そんな状況のときどうしたらいいのか迷いますよね。

ただ「あなたの家はゴミ屋敷だよ」と言われたところで、すぐに納得してもらえるはずがないのです。ゴミ屋敷に住んでいることを認識してもらうためにはどんな方法があるのでしょうか。

1. きれいな家に住んでみる

ゴミ屋敷から一度脱却してきれいな家に1週間でも住む機会を与えてみるのも一つの方法です。「こんなにきれいな家もあるんだ」と思えば、片付けようかなと思えるきっかけになることも。住まなくても友人の家に遊びに行ったりして、自分の家以外の場所に行くとゴミ屋敷であることを認識するはずです。

2. 引っ越しをしてみる

ゴミ屋敷からあえて引っ越しするのも一つの解決方法です。もちろん何かきっかけがないと引っ越しをしようとは思えませんが、大学を卒業するタイミングだったり転勤などをきっかけにゴミ屋敷を卒業できるケースもあります。

また大家さんから部屋を空けて欲しいと言われたなどの理由もあります。引っ越しになると期限が決まっている分、片付けざる得なくなります。引っ越しの機会を与えることでゴミ屋敷を認識できることもあります。

特に仕事が忙しく家にはかえって寝るだけのケースになると、家のなかがゴミ屋敷として認識できません。引っ越しのタイミングではじめて気付いた人も多く、やるしかないが片付けるきっかけになるのです。

3. 同居するなど家族構成を変えてみる

家族でゴミ屋敷に住んでいる人は少数派ながら存在します。ですが足の踏み場もなく悪臭も漂うようなひどい状況のゴミ屋敷は、大抵が独り暮らしの場合になってしまいます。恋人と同棲することになった、友だちと一緒にアパートやマンションをシェアするなど、誰かと一緒に住むのがきっかけになって、自分のゴミ屋敷を認識することもあります。

人の目がある環境は、今までの状況とは違うので「あれ?私の部屋散らかっているな」と認識できるようになります。またシェアハウスなど空間が限られていると、余計なものがおけなくなるのでそれをきっかけにゴミ屋敷を卒業できることもあります。

ゴミ屋敷を脱出するなら不用品回収業者任せてみよう

ゴミ屋敷である認識ができたら次はいよいよ片付けが必要になります。でもゴミ屋敷まで部屋のなかの状況がひどくなってしまうと、一人で片付けるのはとてもじゃないけど大変です。

いらないものをゴミ袋に入れてまとめ決められた日時に所定の場所に持っていくと考えても、後回しにしているうちに片付けが嫌になってしまうことも。ゴミ屋敷を片付けたいと思ったら一気に片付けるが鉄則です。

 

後回しにしていると、いろいろな理由をつけてしまいゴミ屋敷に逆戻りしてしまいます。不用品回収業者は電話1本で即日の回収もできますし、トラックに乗せ放題などの処分方法もあるので、どんなゴミであっても処分できます。

自分で分別する手間を考えると、不用品回収業者に依頼してしまったほうが効率的に片付けることもできます。もちろん費用はかかってしまいますが、あっという間に片付きます。

ゴミ屋敷をリバウンドさせない為に

せっかくゴミ屋敷を脱却したのに、リバウンドで元に戻ってしまっては意味がありません。

ゴミ屋敷をリバウンドさせない為にはどうしたらいいのでしょうか。

1. 物を増やさないこと

家のなかにゴミが増えると一気にゴミ屋敷になってしまいます。ミニマリストって言葉を聞いたことはありますか?日々の暮らしの中で必要最低限のものだけで生活している人のことをいいます。

自分が持っている荷物を見直してみると意外と使わないものってたくさんありますし、「こんなに必要ないんだな」と思えるはずです。ゴミ屋敷の整理をしたあとは残った必要なものから、できるだけ物を増やさないように心掛けるようにしてください。

長く大切に使えるものを選ぶと、物が増えすぎずにきれいに使えますよ。

2. 人とのコミュニティを持つ

ゴミ屋敷になってしまう人のなかには、人とのコミュニティがなく孤独な人に多い傾向があります。近所の人と積極的に話をしてみたり、何かコミュニティに參加するなど交流を持つ機会を増やすと、自然とゴミ屋敷を予防できます。

自宅に友人を招く機会もあるかもしれませんし、話す人がいるだけでも孤独感を紛らわすことができます。近所を散歩するなど、積極的に交流を持ち、仲良く慣れる人を増やしてみてくださいね。

3. 収納を工夫すること

物が減っても収入が下手だと何度でも散らかってしまいます。住宅内で人が移動する導線だけでも物で埋まってしまうことのないように注意してください。収納は高いものを買わなくても今はプチプラで気軽に購入できる収入方法はいくらでもあります。

DIYをして棚を増やしてみてもいいですし、自分の使いやすい収納方法を選んで使うと、部屋のなかをきれいに保てるようになりますよ。

まとめ

ゴミ屋敷を片付けたらあとはリバウンドさせないように、こまめな掃除や収納に工夫して部屋のなかをきれいに保てるように努力してくださいね。

また人とのコミュニティを大切にして毎日を生き生きと過ごすことも、心身ともに健やかに過ごす為には必要です。ゴミ屋敷のリバウンドには十分に注意してくださいね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら