TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

引っ越し前の1月・2月に不用品回収業者を利用するメリット

不用品
にお困りなら

家のなかにある不用品を見直すタイミングは人それぞれ違うものです。なかには、年末年始の大掃除のときに不用品の処分をする人もいますし、人生のライフスタイルの変化で不用品の見直す人もいます。なかでも3月にハイシーズンを迎える引っ越し時に、不用品回収のご依頼をいただくことも少なくありません。そんなあなたにこそ、1月・2月の時期に、不用品の見直し&回収をおすすめします。メリット・デメリットも含め紹介します。

引っ越しに伴う不用品は意外と多い

いざ、引っ越しのタイミングにならないと家のなかにある不用品にはなかなか気づけないものです。普段使っているものはあって当たり前になっているので、不用品として見ることは少ないのではないでしょうか。ではどんなときに不用品として処分を検討するのかについて、まずは解説していきたいと思います。

・引越し先の部屋の変化

例えば引越し先の部屋が狭いケースや、イメージしているレイアウトと合わない、配置する場所がないなどの部屋の変化によって、今まで使っていた家具や家電がゴミになってしまうケースも少なくありません。例えば、冷蔵庫一つにしても高さが合わない、置く場所がないなどの理由で別のものに変えかえることもあります。引っ越しの理由によっても違いますが、部屋が変わる=不用品が出てくる可能性が十分に考えられます。

軽トラ
パック

・ライフスタイルの変化

例えば結婚してパートナーと同居する、転勤から実家に帰る、子供が生まれるなどのライフスタイルの変化によって、不用品が出ることも珍しくありません。自分は気に入って使っていたものでも、パートナーと好みが合わないこともあります。一人暮らしをしていて実家に帰る場合、家具や家電なども使わなくなります。こういったライフスタイルの変化で引っ越すケースも少なくないのです。

・家具や家電などの劣化

引っ越しのタイミングで今まで長年使っていた家具や家電を見直したい!と考える人も多くなります。心機一転新しい生活が始まるタイミングで新しいものに買い直したいなどの理由で今まで使っていた家具・家電の処分を行う人もいます。特にずっと劣化が気になっていたものや、故障気味、修理が必要なものを引越し先に持っていくよりも、先に処分してしまおうと考えるものです。

1月・2月に不用品回収業者を利用するメリット・デメリット

引っ越しに伴う不用品について考えたときに、ギリギリに処分するよりも早めに処分を考える人もいると思います。引っ越しのハイシーズンは転勤・進学などが重なる3月だと言われており、1月・2月は比較的依頼が落ち着いている時期でもあります。もし、引っ越す予定があり、不用品を処分するのであれば、1月・2月も検討してみるといいかもしれません。1月・2月を利用するメリット、デメリットについて紹介したいと思います。

【メリット】

1月・2月などの時期は不用品回収業者にとって閑散期になります。12月は年末年始の大掃除などもありますし、3月は引っ越しに伴う不用品の回収で忙しい時期になります。ちょうどその間にある1月・2月に不用品の処分をするメリットとして、あなたの希望の回収日に予約が取りやすい点があると思います。

電話一本で回収に伺えるものの、繁忙期になるとすでに予約が埋まってしまい、希望日時の予約が難しいケースも少なくありません。閑散期でも曜日によっての違いはありますが、お電話で希望していただいた日時で回収できるケースが多く、スケジュールが立てやすいメリットもあります。

また、多少の荷物の増減であれば対応でき、急な予定変更に対応できるケースもあります。もちろん、予約の入り具合によっても違いますので、必ずではないにしても、柔軟に対応できるのは大きなメリットになります。急な回収依頼にも対応できるので、お客さんにとっても安心できますね。不用品回収業者のなかには、閑散期向けのキャンペーン等を行っているケースもあります。

【デメリット】

デメリットとして引越し前に不用品を見直さなくてはいけないことです。なかには3月に引っ越しを予定しているものの、まだ何も決まっていないので不用品になるかどうかわからないケースもあると思います。

処分してしまってから実はいるものだったなんてことにならないようにするためにも、ある程度目星がついてから不用品に出すのをおすすめします。1月・2月に処分するには、例えば実家に帰るなど明らかに不用品が決まっているケースのときの利用をおすすめします。

不用品回収業者に引っ越し時の不用品を処分する方法

引越し時の不用品を処分するうえで、不用品回収業者に依頼する以外に処分する方法がないのか気になっている人もいると思います。一気に部屋のなかにある家具・家電など不要なものを処分したいのであれば、不用品回収業者が最適ですが、依頼する人の状況によっても変わります。

例えば「自治体」に不用品を回収してもらう方法もあります。自治体だと事前に電話で予約をしたうえで、所定の指定日時に不用品を持っていく必要が出てきます。1個いくらの計算になるので、たくさんの不用品を処分するときは持っていく手間や、時間、金額を考えても見合わなくなってしまいます。

でも1個だけの家具や家電を処分したいのであれば、自治体も視野に入れてみてもいいと思います。例えばタンスだけを処分したい、ソファだけを処分したいなど決まっている場合は、自治体で手頃な価格で処分してもらう方法もあります。

また、比較的状態が良く、新しいものを処分したいときは「リサイクルショップ」なども視野に入れてみてもいいと思います。なかには人気のアイテムや長年のベストセラーアイテムになると、高額買取の可能性も出てきます。処分費用をかけずにできるので、費用面を抑えたいと思っている人にも向いています。

では逆に、不用品回収業者に依頼するべきなのはどんな人なのでしょうか。

・とにかく捨てる不用品の数が多い人

・家具、家電はもちろんもえるゴミや燃えないごみを仕分けるのが面倒くさい人

・リサイクル家電などの違いがわからず、どこで購入したのかわからない人

・できるだけ時間や手間をかけずに不用品を処分したい人

・仕事が忙しく回収日を希望の日時にしたい人

・小さな子供がいたりご高齢で家具や家電を運び出すのが難しい人

など、回収するのが難しい人にこそ不用品回収業者をおすすめします。

その分回収する費用はかかってしまいますが、乗せ放題などのパックを選んでいただければさまざまなゴミを同時に回収できます。引っ越しのために部屋のなかを見直してみたら出てきた不用品で、処分の仕方がわからないもの、自分で分解(解体)するのが難しいものなどもあると思います。

不用品回収業者はこれらの運び出しもお手伝いできるので、不用品の処分が断然楽になるはずです。時間に余裕のある1月・2月にこそ、部屋のなかを見直し、不用品の処分を考えてみてくださいね!

引っ越しともなるとやらなくてはいけないこともたくさんあります。不用品の処分は業者に任せていただけると、時間を有効的に使えるようになりますよ。引越し前の時期に余裕があり見直せるのであれば、1月・2月の閑散期に不用品回収業者の利用をおすすめします。電話一本で回収に伺いますし、荷物の運び出しから運搬、処分なども含め一通りの作業をおまかせくださいね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×