TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

引っ越しで処分に困るものベスト5とは?

不用品
にお困りなら

引越しを機会に不用品を見直したい!と思っていても、いざ片付けてみると思いもよらぬ不用品の数々に頭を悩ませる人も少なくありません。

なかには不用品は自治体が回収してくれるのでは!?と思っていたら。ごみ処理券が必要だったり事前に予約がないと回収できないなどのゴミのルールに直面することも。

引越しの不要品のなかで処分に困るものにはどんなものがあるのか、ランキング形式にてご紹介したいと思います。

不用品処分で困る1位「ベッド」

一人暮らしの自宅で最も困る不用品といえば、堂々の第1位は「ベッド」です。実家から出て一人暮らしを始めるとソファ代わりとしてベッドを購入する人もいますし、置くだけで部屋のレイアウトがおしゃれになるので人気のアイテムでもあります。

部屋の半分以上がベッドでしめているなんてこともあるかもしれません。ベッドは大きさがあるのでいらなくなったときに粗大ごみとして処分するにも高額なお金がかかります。

軽トラ
パック

組み立て式の場合、引越しで解体しなくてはいけないケースがほとんどなので、引越し先での手間もかかります。なかには分解してもえるごみ・もえないゴミで捨てたいと思っていたものでもベッドにスプリングが入っているものになると、自分で分解するのが難しいので引越しと同時に処分して、新居で新しいものを購入する人も少なくありません。

特に引越しは荷物が多くなるとその分費用もかさむので引っ越しする前に処分するのが懸命です。寝具にはこだわりたい反面、処分方法が大変になるのはネックでもありますね。

不用品処分で困る2位「エアコン」

家電リサイクル法に分類されているエアコンは、通常の粗大ごみとして処分できない家電でもあります。

処分にはどうしても費用がかかってしまうので新しいエアコンを購入する予定があるなら引き取ってもらうほうが、処分方法としては簡単かもしれません。住んでいるマンションにエアコンがついていなかったので、自分で購入した場合は特に注意が必要です。

なかにはエアコンは大家さんと交渉したうえで置いていったなんて人もいます。エアコンの取り外しも必要になりますし、処分するにも手間がかかる家電です。引越し先でエアコンがついていて必要ないのであればなおさらです。不用品処分で困るものの一つでもあり、自分で取り外しができないからこそ業者の対応が必要になります。

不用品処分で困る3位「カーペット類」

どの家にもあるカーペットやラグ類は大きければ大きいほど、処分に困るものでもあります。そのまま処分しようとすると30cm以上の大きさがあるので、粗大ごみの対象になります。

処分費用や所定の場所まで持っていく手間を考えるとできれば粗大ゴミで出したくないというのが本音ではないでしょうか。他人にあげるとしても床に敷くものと考えると躊躇してしまいますし、処分するのが難しいケースもあります。

自治体によっては小さく切り刻んで処分すれば、もえるごみとして処分できる場合もあります。もえるごみであれば回収日も多いのでそこまで負担にはなりません。

お住まいの回収をよく見て対象かどうか判断するようにしてくださいね。また購入するときに厚めのカーペットだと処分が大変になりますので、薄めのものを選んで置くと安心です。

不用品処分で困る4位「ソファ」

自宅に設置してあるソファも処分に困る家具の一つです。大きさもあり重い家具なので自分で運び出すのも難しく分解するのも難しいので粗大ごみとしとて処分します。また新しくソファを購入するときに処分してもらう方法もあります。

リサイクルショップへの買取依頼で処分する方法もありますし、自治体のリユースサービスを利用することもあります。ソファによっては組み立て式になっていて、自分で分解して運べるものもあります。ソファの大きさによっても違いますが、引越しのときにも考慮して考えられるといいですね。

不用品処分で困る5位「パソコン」

不用品のなかでも大きすぎないのでついつい後回しになってしまうのがパソコンです。なかには、使わなくなった古いパソコンが10台ぐらい置いてあるなんて人もいるのではないでしょうか。

なかには大切な個人情報だったり、仕事関係の情報が含まれていることもありそのまま捨てられないので処分しにくい家電でもあります。粗大ごみとしてそのまま処分するのは怖い気もしますし、きちんと安心して任せられる業者に依頼したほうが懸命です。どのご家庭にも1台はあるパソコンだからこそ、処分方法に困ることもあります。

不用品の処分はものによってそれぞれ!負担にならない方法を選ぼう

不用品の処分と一言でいってもそのものによっても方法はそれぞれです。間違えた処分方法をしてしまうと、あとあと大変なことになります。

不用品回収業者のなかには、違法な業者もいるので回収したゴミを不法投棄してしまうリスクもあります。認可を受けた正規の廃棄物処理業者を選ぶこと、昨年実績数の多い業者を選ぶようにしてください。

所在地不明の不用品回収業者だったり、過去の実績の見えない不用品回収業者になるとどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。

また、不用品回収のなかでも即日対応だったり、土日祝なども対応してくれること、軽トラパックなどの乗せ放題など選択の多い業者を選んでおくとあとから調整もできるので困りません。

不用品を処分したいと思っている方は、当店におまかせしてみませんか?
安心しておまかせいただけるように誠心誠意尽くしてまいります。

“すべてはお客様の満足のために”を念頭に、三重県の北勢地域を中心として愛知県や岐阜県などの範囲も出張しています。

当日の回収のご依頼も歓迎しますので、引越しで不用品の手配を忘れてしまったときや、今すぐに片付けたいものがあるときなどなんでもご相談くださいね。

追加料金も一切ありませんしキャンセルでも料金をいただくことはありません。不用品に困ったときは当店にご連絡いただければ解決いたします!!

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×