TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

妊娠中・育児中の引っ越しのタイミングはどのタイミングでするべき

不用品
にお困りなら

ライフスタイルの変化で引越しをする人も少なくありません。特に結婚し妊娠中に生まれてくる子どもの為に引っ越すケースもあれば、子どもが生まれてからもっと広い家に住みたいと引越しを考える人もいます。

家族が増えれば家に求める条件も変わってきますし、少しでも快適な空間にしてあげたいと思うものです。子どもにとっては実家になるかもしれませんよね。

とはいえ妊娠中、育児中の引越しは大変です。どちらの時期に引越しをすればいいのか?また少しでもその負担を減らす方法はあるのでしょうか。

妊娠中と育児中の引越しどっちが大変?

妊娠中に引越しと小さな子どもの育児中の引越しどちらのほうがいいのか、迷う人も少なくありません。実際にこのタイミングで引越しをする人も多いそうで、特に分譲マンションではよくある光景です。そのため、どちらにするべきか悩む人も少なくないはずです。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

軽トラ
パック

・妊娠中の引越し

妊娠中といっても初期の頃に引越しをするのか、安定期の中期に引越しをするのか、後期や臨月に引越しをするのかによっても違います。

初期は安静にしていなくてはいけない時期でもありますし、このなかで順調な妊婦さんであれば安定期の時期が一番おすすめです。

この時期に出産関連用品などを準備するママも多い時期です。ただ共働きで産休まで仕事をするのであればお休みに入ってから引っ越す人もいます。

【メリット】

・比較的時間の余裕があるうちに引越しが終わる
・出産する病院を家から遠くない距離で探せる
・周辺の環境に慣れる時間のある分、スーパーや子供用品の買い物など安心
・役所の場所や手続きの方法などを把握する時間もある
・保育園の情報なども得やすくなる
・子どもがいないから自分たちのペースで動きやすい

【デメリット】

・妊娠中はいつ体調が悪くなるかわからないリスクもある
・引越しの時期によっては準備ができず、すべておまかせになる
・中期、後期と身体が重くなってくるので引越しも大変になる
・荷物を持つのが難しく重い粗大ごみなど業者に依頼しないと厳しい

・育児中の引越し

赤ちゃんを出産してから引越しをする人もいます。新生児のうちは家から出られないこともありますが、ある程度首が座ってから引っ越すケースもあります。

慣れない育児に追われて大変ななかの引越しにはなりますが、産後で徐々にママの調子が戻ってくれば引越しの準備を少しずつ始められるなんてケースもあります。

子どもが無事に生まれてあとは引越しだけの状態なので、あっちもこっちもやらなくてはいけないなどの心配もありません。また出生届などの役所に提出する書類も一通り終わっているので安心です。

【メリット】

・出産も終わりママも引越しの準備がしやすい
・0歳のときであれば寝ている時間が長いのでその間に準備ができる
・2歳以降の引越しであれば子どもが絡むトラブルを防ぐことにも繋がる
・年齢によっては子どもが一緒にお手伝いをしてくれる

【デメリット】

・子どものお世話をしながらの引越しになるので大変
・引越し当日に誰かに子どもを見ていてもらう必要がある
・保育園の問題もあり引越し先の保活情報は必須
・子どもの年齢によっては周囲の環境に慣れないこともある

妊娠中、育児中の引越しのどちらがいいのかを考えると自分たちのペースで引っ越しができるのは妊娠中なのではないかなと思います。もちろんママの体調によっては産後のほうが引越ししやすいこともありますし、どちらにしても負担のかからない方法を選ぶ必要があるのではないかなと思います。

引越しのタイミングで自宅の不用品を見直すチャンス

子どもが生まれると、家のなかのレイアウト面でも変更しなくてはいけないことが出てきます。例えば、子どもが生まれたばかりのときは、ねんねが中心ですが動き回るようになると危ない家具なども出てきます。よたよた歩きのときに角が尖っているような家具で頭をぶつけてしまっても大変です。引越しは断捨離のタイミングともいいますし、自宅のなかの不用品を見直してみてはいかがでしょうか。

例えば、ダイニングテーブルは家族3人が食べられる大きさであること、子どものベビーチェアやバウンザーを置く場合高さはあっているのかなども考える必要があります。

また引越し先によってはレイアウトやデザインが使いにくい家具もあるかもしれません。家族全員が使いやすいようにこのタイミングで見直しておきましょう。引越し前に見直すことによって、引越し料金が安くなることもあります。

また、妊娠中、産後どちらにしても不用品の処分はとても大変です。お住まいの自治体に粗大ごみとして出す場合、指定のごみ処理場に運び出す必要があります。

自治体はあくまでも回収しかしていないので当日家から運ぶことはありません。そのため妊娠中は難しく産後も体調が整わないうちに自治体にゴミを出すのは現実的ではありません。

不用品を処分するのであれば不用品回収業者に任せてみませんか?

・妊娠中でも産後でも安心のお電話1本で回収に伺います
・不用品を部屋から運び出す作業も全て任せられるので負担なし
・引越し後のハウスクリーニングにも対応
・ゴミの分別をする必要がないので不用品をなんでも処分できる
・家電や家具などの大きな不用品の処分にも対応
・土日祝などのお休みにも対応しているので希望の時間に対応可能
など、不用品回収業者ならではのメリットがたくさんあります。

できるだけ負担をかけずに不用品の処分をしたいと考えている方は、
お気軽にご相談くださいね!

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×