TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

桑名市のパソコン処分についてわかりやすく徹底解説

不用品
にお困りなら

どのご家庭にも一家に一台ともいえるほどに普及したパソコンですが、使わなくなったり新しいパソコンを購入したときなど処分に困るものでもあります。桑名市にお住まいのお客様でも自宅に古いパソコンがあるけどどうしよう…と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

また一般のご家庭だけでなく、会社などの事業を営んでいてパソコンの処分に困っていることもあると思います。桑名市でパソコン処分に困ったときの対処法について徹底的に解説していきます。

パソコンは桑名市で回収できないもの

まず、パソコンを処分する場合、桑名市の一般ごみとしては回収していません。リサイクル対象の電化製品になるため、自宅で不要になった場合は各パソコンメーカーに問い合わせをしたうえで処分する必要があります。もしどこに電話をかけていいのかわからないときは、購入した店舗に問い合わせをすると代わりに担当してくれたり、処分に関するカスタマーなどの窓口を教えてくれます。

リサイクルマークのあるパソコンの処分方法

パソコンを処分する前にまずはリサイクルマークを確認してください。このマークがあるとリサイクルの対象として処分時に費用がかかりません。各メーカーに電話にて「廃棄申込み」を行いますが、その際にはパソコンの型番とシリアル番号の両方が必要です。ない場合はメーカーからの指定の方法にて「回収最資源化料金」を支払ったうえで処分します。

軽トラ
パック

【リサイクルマーク】

平成15年10月以降に販売された家庭用のパソコンについているマークです。一般社団法人パソコン3R推進協会と連盟しているパソコンメーカーが対象です。それ以前のパソコンになると機種等関わらず、処分時に費用がかかります。

家庭向けに販売されているパソコンは原則としてマークがついているものがほとんどです。一般的には緑色の「PC」に青い矢印で囲っているデザインになりますが、なかには別の色のものもあります。

PCの裏側に直接貼り付けられているものもあれば、別途送付されている可能性もあるので確認してみてください。パソコンの説明書と一緒に同封されているのもよく見かけます。

もし平成15年10月以降のパソコンでリサイクルマークが見当たらない場合は、各メーカーに問い合わせをすると送付してくれることもあります。

またそれぞれ違うパソコンを処分する場合、それぞれに手続きが必要になります・例えば富士通のデスクトップ型パソコンとDELLのノートパソコンを処分するときは、別々に手続きを行う必要があります。その分手間も時間もかかることもありますので、早めに処分の手順を進めておいたほうが安心です。

デスクトップ型パソコンやノートパソコン、液晶一体型、ディスプレイ、タブレットなどについているはずです。ただし周辺機器になるデジカメやプリンタ、スキャナなどにはこのマークがついておらず、企業向けのパソコンにはありません。

【手順】

パソコンのメーカーによっても多少の違いがあります。
1. まずはホームページなどから廃棄申込みを行います
2. ゆうパックの伝票が送られてくるので、自分で梱包します
3. ゆうパックの伝票で持ち込み(集荷対応もOK)発送します
4. リサイクル対象として受理され完了です

リサイクルマークのないパソコンの処分方法

次にリサイクルマークのないパソコンを処分するときの方法について説明します。
リサイクルマークのないものは、メーカーに問い合わせをして「回収資源化料金」を支払い対応してもらう必要があります。処分するものに応じてそれぞれかかることになります。

そもそも回収資源化料金とは、メーカーが回収したあとにリユースやリサイクルにかかる費用のことをいいます。リサイクルマークがついているものは事前にその費用を支払っていると考えるとわかりやすいと思います。

回収したパソコンは契約している再生工場などでリサイクルが行われます。その費用を処分するときに支払っているだけの違いです。他にも自作で改造したパソコンなども該当します。

【手順】

1. まずはホームページなどで回収の申込みを行います
2. 回収資源化料金の支払いに必要な「郵便局の払込取扱票」が郵送され(2日程度時間がかかるので要注意)、郵便局にてその費用を支払ます。手数料はお客様負担となり、数日程度で「ゆうぱっく伝票」が届きます。
3. 梱包したものを郵便局にて持ち込みもしくは集荷してもらい完了です。

回収の依頼をしてから1週間~2週間程度の時間がかかることもあり、早めに対応することも大切です。

事業系のパソコンの処分方法

社のパソコンを処分するときに、台数も多いしどうしたらいいのかわからない…なんて方もいるのではないでしょうか。

会社のパソコンは企業の情報や顧客情報が入っているため情報漏えいのリスクもあります。事業系のパソコンはPCリサイクルのマークがないため、廃棄に別途費用がかかります。一般のパソコンと同様に自治体での処分は行っていません。

1. メーカー対応

自社商品のパソコンのみ対象とし、産業廃棄物を回収してリサイクル・処理しています。大手ならではの安心感はありますが、メーカーによって費用が異なること、複数のメーカーのパソコンを処分する場合、手間も時間もかかります。なかに含まれているデータを消去する費用は有料になります。処分が完了するまで時間がかかることも多く1ヶ月程度の時間がかかると思っておいたほうが懸命です。

2. システムベンダー

メーカーの種類に関わらず、廃棄を請け負ってくれる会社になります。とはいえ直接廃棄を行っているのではなく、他社に廃棄依頼をかけその作業を代理で行うものです。そのためシステムベンダーによってもかかる費用が変わってしまうこと、なかのデータ消去は有料の扱いになります。また知名度も低い分不安に感じる人もいると思います。

パソコンの処分なら不用品回収業者におまかせ!

家庭用パソコンも、事業系パソコンも処分方法に困ったときは不用品回収業者におまかせいただくのもおすすめです。特にこんな方にこそ前向きに検討してくださいね。

・できるだけ早くパソコンを処分したい
・パソコンの処分に余計な手間をかけたくない
・パソコンのメーカーがまちまちで処分が大変
・なかのデータ処分費用に余計なお金をかけたくない
・パソコン以外にも一緒に処分したいものがある

など、処分をできるだけ早くしたいと思っている人にとっても便利なサービスです。また回収する日時も柔軟に対応しますので、平日はもちろん土日などの回収、早朝や夜などのパソコン回収にも対応しています。忙しくなかなか時間が取れずにパソコンの処分があとまわしになっていた人にとっても、安心してご利用いただけます。まとめて処分したいものがあり、分別や仕分けが面倒くさい…なんて人にとっても便利ですよ。

ただし不用品回収業者のなかには、悪質な業者もいます。パソコンのなかには大切な個人情報等が含まれているため、本当に安心できる業者選びも大切です。実際に問い合わせをしたときの対応や口コミなどを参考にして、業者を選ぶようにしてくださいね。

まとめ

桑名市でパソコンの処分をする際の方法や注意点についてもご紹介しました。まとめて処分したいときやお急ぎのときはお気軽にお問い合わせくださいね。たくさんの実績や嬉しいお声をいただいております。まずはパソコン回収のご相談だけでも歓迎いたします。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら