TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

大掃除は早めに始めるのがメリットがいっぱい!家で過ごす今がチャンス

不用品
にお困りなら

一般的に大掃除というと、12月の中旬~後半に行う年の瀬の行事の一つというイメージを持っている方も多いかもしれません。

年神様をお迎えする為に部屋のなかをきれいにするのはもちろんですが、毎回この時期になるとバタバタ忙しくなくなり時間に余裕がない…なんて人もいるのではないでしょうか。

今年は自宅で過ごす時間も増えているからこそ、大掃除はギリギリに始めるよりも“早め”に始めて時間に余裕を持って年末を迎えてみませんか。早めの大掃除にはどんなメリットがあるのか、ご紹介していきたいと思います。

早めの大掃除で余裕を持って年末を迎えるメリット

早めの大掃除には具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。時間的にも少し余裕のある今だからこそ始められることがたくさんあります。今の時期だからこそできる、快適な大掃除の方法についても説明していきます。

1. 寒すぎない気候

年末になると窓を開けて掃除をするのはちょっとつらい…と感じるほど気温も下がり冬本番がやってきます。もちろんこの時期も寒くないわけではありませんが、年末は気温が一桁なのも当たり前。掃除をするにも気合を入れないと重い腰が上がらないなんて人もいるのではないでしょうか。

軽トラ
パック

11月の大掃除は日中の日差しが出ている時間であればそこまで寒さを感じることもなく、快適な掃除ができるはずです。年末に比べて日が長い時期でもあるので掃除がはかどりやすいのもありますね。

大掃除で気合を入れすぎて年末に風邪をひいた…なんてことにならないように、本格的に寒くなる前の大掃除はおすすめです。また、気温が高い時期のほうがキッチンなどの油汚れも落ちやすいといわれています。

2. 不用品の処分が楽

大掃除では家のなかで使わなくなった不用品の処分についても考えなくてはいけません。年末だと不用品回収業者も繁忙期になり希望した日程での回収が難しくなります。また業者によっては早割としてお得に回収できることもあります。自治体の不用品回収を利用するにしても早いうちからしっかりとスケジュールを立て準備しておけば、ギリギリで慌てることもありません。

特に自治体は年末になると回収がお休みになってしまいます。ゴミを出せずに年を越さなくてはいけなくなることも…。

不用品の処分はできるだけ負担にならないように早めに出してしまったほうが、大掃除も捗るはずですよ。家のなかのレイアウトを見直す機会にしてもいいかもしれませんね。

3. 家族のスケジュールが立てやすい

大掃除は範囲が広く時間もかかるので、家族で行う恒例行事になっている家もあるのではないでしょうか。でも12月に入ると仕事も忙しくなり何かと付き合いもあるので予定が立ちにくい…なんて家も多いと思います。

掃除をしなくては…と思っていても時間が合わずに、結局最小限で済ませてしまうなんて人もいますよね。本当ならもっと大掃除をしたいと思っていたのに時間がなく、渋々諦めたなんて経験もあるはずです。

もちろん仕事によって違いはありますが、家族のスケジュールの立てやすさは12月よりも11月のほうが余裕があると思います。もし家族が風邪を引いてしまっても大掃除ができなかったなんて諦めることもなくなります。早め早めのスケジュールは忙しい年末にこそ重要です

4. 肌荒れなどの心配も少なくなる

真冬の水を使って掃除をするのって想像以上に大変です。しかも大掃除になると長時間掃除しているため、なかには毎回手荒れが気になっているなんて人もいるのではないでしょうか。

手荒れも軽度のものからあかぎれや血が出てしまうほど悪化してしまうものもあります。気温的にもそこまで低くない11月中に大掃除を済ませておけば、手荒れなどの心配もなく大掃除ができるはずです。

家族の手荒れを心配している人や、今年は本格的に掃除をしたいと思っている人にとっても手荒れの心配から解消されるのは大きいですね。

また、年末は何かと疲労が溜まっていることもありぎっくり腰の危険性もあります。年末年始病院で過ごす…なんてことのないようにしたいものですね。

5. 夏に繁殖したダニやカビの除去ができる

秋になると、なんとなく家のなかが臭うな…と感じたことはありませんか。夏は湿度も高いとダニやカビ・バクテリアなどが繁殖しやすくなります。人間の老廃物なども含め汚れのもとになるものがたくさん残っています。

特にカビは人間の汗や皮脂などを餌にして大量に繁殖します。雑菌が増殖しているときに嫌な匂いを排出するので、ちょうど部屋のなかがなんとなく臭いな…と感じる時期でもあります。部屋のメンテナンス面も含めて考えると、年末の大掃除よりもこの時期に掃除をして部屋のなかの雑菌を取り除いてしまうほうが懸命です。

年末前にいかに大掃除をするのがメリットが多いのか、わかっていただけたのではないでしょうか。大掃除は年末にするものだと決めつけてしまい、せっかく時間に余裕があるのに掃除をしないのはもったいないと思いませんか。

大掃除の大変さは業者に依頼して軽減しよう

年末よりも今の時期のほうが余裕があるとはいえ、なかには大掃除を一人でしなくてはいけない、今も掃除だけで精一杯なんて人もいるかもしれません。大掃除は必要なこととはいえ、少しでも手間を傾いて楽にできるに越したことはありませんよね。そんなときは、遠慮せずに業者に依頼して厄介な掃除を済ませてしまいましょう。

・長期間掃除しておらず、落とすのが大変なキッチン周り
・お風呂の排水溝や排水管など手の届かない範囲の掃除
・家のなかにある大量の不要品の処分
・部屋のレイアウトを変える為の家具の処分

など、一人で片付けをするのは想像以上に大変です。スケジュールに余裕があってもそもそも掃除の仕方がわからないような汚れや、不用品の処分に困ったことはありませんか。

ハウスキーパーや不用品回収業者におまかせいただければ、時間の余裕もでき負担も少なくなります。なかには業者に依頼するのはもったいないと話す人もいますが、どうにもできない状況のときは頼ってしまい空いた時間を有効活用するほうが何倍も効果的です。

例えば、以前の大掃除のときには時間がなくて手が回らなかった換気口や家具の後ろに溜まってしまったホコリやベランダなどこの時期だからこそできる場所もありますね。棚のなかに眠っている使わない化粧品や洋服などの断捨離も含めて見直してみましょう。

業者に依頼するとわかっていれば、処分方法に困るようなものでも一緒に回収してもらえるので一石二鳥ですよね。処分方法を調べたり所定の日時に持っていくなど考えただけでもやらなくてはいけないことがあります。

時間に余裕があるからこそ、気持ちにも余裕ができ家の掃除もはかどるのではないでしょうか。

まとめ

大掃除は年末にやるものと思いがちですが、今の時期から進めることでたくさんのメリットがあります。年末に慌ただしく大掃除をしつつ、不用品の処分をしたり…、家族のスケジュールを考えなくてはいけません。他にもやらなくてはいけないことがあるのに年末ほどバタバタするものです。

大掃除は早めに済ませてしまい、時間に余裕を持って年末を迎えられるようにしてくださいね。不用品の処分に困ったときはお気軽に「生活総合サービス企業組合」にご相談くださいね。回収の日時も柔軟に対応できますし、お客様の都合に合わせて回収させていただきます。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら