TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

老後の生活を豊かにする、高齢者の自宅の住み替え

不用品
にお困りなら

近頃、50歳以上の住み替えが増えているといわれています。もともと郊外の一軒家に住んでいたものの、今後のことを考えて駅チカのマンションに引越すひともいますし老後のことを考えたときに自宅で生涯を過ごせるようにリフォームを考える人もいます。

老後にどんな生活がしたいのか、思い浮かべる人はさまざまです。老後の生活を豊かにする住み替えとはどんなものなのか?住み替えるうえで覚えておきたい不用品の処分方法も含めご紹介したいと思います。

老後の生活を考えた住み替えとは

子どもも家から独立し夫婦二人だけの生活になると、今までの家に住む続ける必要があるのか?考えることもあります。二人だけで生活するには広すぎる場合もありますし、バリアフリーなどの面で心配になることもあります。

もともとバリアフリーに対応していない物件も多く、若いうちは問題ないとしても年を重ねたときに住み続けるのが難しいことも…。老後の生活を考えた住み替えは二人のこれからの生活を考えたうえで、より良くしていきたいと考えることでもあります。

軽トラ
パック

例えばもともと住んでいた家が郊外にあり、車がないと生活できない地域だったとします。高齢者の免許返納も珍しいことではありませんし、安全性を考慮して駅チカの物件に引っ越す人もいます。

駅に近い場所であれば、スーパーへの買い物も病院に行くのも、車がなくても不自由しません。また戸建てに住んでいたもののセキュリティなどの防犯面を考えると、マンションに引っ越そうと考える人もいます。

他にも相続の面で考えてもマンションのほうがなにかとメリットが多かったりもします。老後の生活を考えたうえで、今よりも条件のいい物件に引越したいと考えるのは珍しいことではないのです。

老後の住み替えにはどんなパターンがあるの?

老後の住み替えといってもさまざまなパターンが考えられます。家に求める条件や快適だと感じる条件はそれぞれ違うものです。老後の住み替えにはどんなパターンがあるのでしょうか。

1. 高齢者住宅

高齢者住宅といえば「サービス付き」のものをイメージする方が多いと思います。部屋のなかにキッチンや洗面台、トイレ、浴室など1Rのような部屋になり住み替えのしやすさもあり人気です。高額な初期費用を払う必要もありませんし、安否確認や生活の支援として掃除や買い物代行などを依頼できる分、老後でも安心して生活できます。

シニア向けの分譲マンションなどもあり、家賃ではなく購入の形になる物件もあります。居室はもちろん、プールやシアタールームなどの共有設備が充実している特徴もあるのです。

入居者同士の付き合いが盛んにあるので、友人を作って楽しい老後を過ごしたい人向けです。

2. 住宅のリフォーム

今住んでいる家をリフォームして、バリアフリーに変える人も少なくありません。やっぱり住み慣れた家や土地で住み続けたいと考える人もいますし、思い出の詰まった家を離れられないなんて人もいます。

住宅の年数によっても変わりますがリフォームで家のなかの機能性を高めたり、おしゃれな空間にすることもできます。リフォームはある程度予算を決めてできますし、自分たちで住む場所だからこそカスタマイズできる楽しさもありますね。

もともとの家の立地にもよりますが、リフォームする人も少なくありません。

3. 子どもの家に住み替え

住み替えのなかでも自分で家を探すのではなく、子どもの家に同居して住み替えるものです。ただし子どもから「一緒に住まないか?」など声をかけられた場合でないと、住み替えは難しいケースも少なくありません。実

家に一人で生活している両親が心配なので一緒に暮らしたいなどさまざまなパターンがあります。二世帯住宅として住居を新設することもあれば、部屋を分けてもらい住む場合もあります。

住み替えに向けて家のなかの不用品を見直そう

高齢者住宅にしてもリフォームや二世帯住宅でも、家のなかを一度見直す必要があります。例えば今住んでいる家よりも居住スペースが少なくなることも考えられます。長年住んでいたからこそ、家のなかには使わないもので溢れています。

思い出の品なので捨てられないと残していたものの、住み替えるのであればそのまま持っていくのは難しくなります。またリフォームのタイミングで生前整理をしてみてもいいと思います。せっかく住みやすい空間にリフォームするのですから、家にある家具や家電なども本当に必要なものかどうかを見直すタイミングでもありますよね。

長年使っていないものの残していたもの、納戸やたんす、今は使っていない部屋などを見直してみると、長年放置されているものも少なくありません。もったいないからと残していてもそのうち処分しなくてはいけなくなり、子どもに負担をかけるのであれば本当に必要なものだけに切り替えてみてもいいと思います。

住み替えの不用品はどうやって処分するべき?

家のなかを見直してみると驚くほどの量のゴミが出てきてしまい、慌てている人もいるのではないでしょうか。家具や家電など一つ一つ動かすのはもちろん処分するのも大変です。

自治体の回収でもえるごみ・もえないごみや粗大ごみはあるものの回収できる日時も決まっています。しかもまとめた不用品を自分で運び出し所定の場所に持っていかなくてはいけません。時間もかかりますし、重いものを持って移動するのは大変です。

無理に持ち上げようとすれば、腰を傷めてしまうこともあります。自宅にある不用品は自分たちで運び出すのではなく、不用品回収業者にまかせてみませんか?作業の当日に回収するもののご指示をいただければ問題ありません。あとはご希望の日時に直接取りに伺いあっというまに回収します。

不用品の運び出し、回収、処分の一通りの作業を行いますので不用品の処分にかかる負担を軽減できるはずですよ。あなたも老後の生活のためにも家のなかにある不用品を見直してみませんか?もので溢れかえった生活は、これから急な引越しや住み替えが大変になってしまいます。

使わないものやいらないものを見直してみると、部屋のなかもすっきりとして過ごしやすい空間になるはずですよ。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×