TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

共働き家庭は柔軟な対応必須!長期休暇こそ不用品処分

不用品
にお困りなら

日々時間に追われている共働き家庭のなかには、週末になると「今週こそは片付けたい!」と思っていても体力や気力が限界になってしまい厳しい…と諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

仕事に家事に育児にと限られている時間しかないなか、部屋のなかの片付けは大変です。散らかっているとはわかっていても後回しになってしまいます。共働き家庭にこそ時短であっという間に片付く方法で、家のなかをきれいにしていきましょう。

共働き家庭にとって家の掃除は大変!

平日はほとんど仕事の時間で、家にいる時間の少ない共働き家庭。家事をするために朝早く起きて片付けたり、ときには寝る時間を削ってでも夜遅く掃除をしているなんて人も珍しくありません。

会社に固定されている時間があるからこそ、家事は後回しになりますし常に誰が来てもきれいな部屋の状態が維持できるはずがないのです。最低限の掃除機やクイックルワイパーにトイレ掃除、洗濯だけでも十分。

軽トラ
パック

あとの片付けは週末なんて思っていたら急な予定が入って出かけなくてはいけなくなることもあります。今は女性も外に出て働く共働き家庭が増えていますし、なかには男性よりも帰ってくる時間の遅いバリキャリな人も。共働きしながら家のなかをこまめに掃除をするのはとにかく大変です。

だからこそ夏休みや年末年始などの、長期休みを使って部屋のなかを掃除する人が増えているのです。

また、旦那さんなどのパートナーが「部屋が散らかっていても気にしない」ケースもあります。お互い仕事をしているのだから片付けてほしいとお願いしても、「俺の実家もっと汚かったよ」とか「足の踏み場があるだけマシでしょ」なんて返されてしまうことも。

結婚生活はお互い育ってきた環境の違う人同士が一緒に生活するからこその難しさも感じますね。とはいえ、仕事から帰ってきて家のなかをみると、「泥棒が入ったのか?」と思ってしまうほど散らかっている部屋では心も身体も休まりません。

パートナーとの掃除の考え方が違うとしても、お互いが協力しあって生活している以上説得する必要があるのです。そうしないと、片方にばかり掃除の負担がかかってしまうことになります。

特に自粛で家にいる時間が増えたからこそ余計に気になる部分もあるのではないでしょうか。在宅ワークで家にいる時間が長くなり「あれ?家はこんなに散らかっていたっけ?」と気付いたときこそ、片付けのチャンスですよ。

共働き家庭の片付けはいかに効率よく片付けられるか

共働き家庭の場合、なんといっても効率重視です。家計も二柱な分多少の余裕があるおうちもありますし、時間をかけて掃除なんて難しいケースもあります。

毎日の掃除は週に1回家事代行サービスに依頼して掃除してもらっているなんて人もいます。もしくはルンバなど自動でお掃除してくれる機械を上手に活用しながら、乗り切っている人もいます。

日常のお掃除はそれでもいいかもしれませんが、ときには部屋のなかで必要なものや必要でないものを見直したりと部屋全体の掃除も必要になります。ずっと使わずにクローゼットや納戸のなかで眠っているものがあれば、一度見直さないと不用品の山で溢れかえっているかもしれません。

時間に余裕があるときに片付けておかないと、次にいつ掃除ができるかもわかりません。共働き家庭の片付けは、効率の良さ重視です。業者に依頼できる部分はしつつも片付けが負担にならない方法を選ぶようにしましょう。

家のなかの不用品を処分するのにもっとも効率的な方法は?

家のなかにある不用品を処分する場合、どうするのが一番負担にならないのかを考えなくてはいけません。

家のなかを片付けたときに出た不用品を処分する方法として最も多いのは、自治体に回収してもらう方法だと思います。安心感もありコストを抑えて手頃な価格で処分できる方法ではあるのですが、共働きで時間に限りがある人にはおすすめしません。

理由1. 回収日時を選べない

自治体の回収の場合、日時を指定することはできません。もともと決められた日程のなかで予約を入れる形になります。さらに平日しか回収を受け付けていないので土日祝は対応できません。

共働きのご家庭のなかには土日しか時間が取れない人もいるのではないでしょうか。不用品回収の為に仕事を休めない人も多いと思います。土日祝に回収してほしい人にとっては、自治体だと捨てにくさを感じる人もいるのではないでしょうか。

理由2. 手間がかかる

不用品の回収は事前に電話で予約をし、ごみ処理券を用意しなくてはいけません。さらに、回収日当日に指定の場所までゴミを出しにいく必要があるなど、とにかく手間がかかります。

ゴミを出して終わりではないのでこういった手順を踏まなくてはいけないことを大変だと感じる人も少なくありません。もっといえばゴミを分別する手間などもかかりますし、忙しいなかでこの手順を踏むのは大変です。

理由3. 重い家具や家電の運び出しが必要

自治体の場合は指定場所に持っていかなくてはいけないので、どんなに重い家具や家電であっても運び出しが必要になります。そのため一人では持ち上がらないような重いものでもなんとかして運び出すため大変です。

自治体の回収では家の中に入って運び出しの作業はしません。地域によっては高齢者向けのサービスとして一人で処分できない人向けのお手伝いもありますが、自分でが基本です。自治体の場合、運び出しが大変です。

共働き家庭の不用品回収は業者におまかせ

共働き家庭で不用品を回収したいと思っているのであれば、業者に任せるのをおすすめします。運び出しなどの手間もかからず、土日祝などのお休みに合わせて運び出しができるなどのさまざまなメリットもあります。

電話一本で早ければ即日回収に来てくれるので、急な予定がキャンセルになり家にいるときに、部屋の掃除をしてしまうのもおすすめです。運び出す手間やごみ処理券を購入する手間もなく、当日作業に伺ったスタッフに支払うだけの方法になります。

共働き家庭であっても負担にならずに不用品が処分できることもあり、自治体だと予定が合わずに難しい人にもおすすめします。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×