TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

Tag: 生前整理


両親の認知症が始まったかな?と思ったら生前整理を

いつまでも元気でいて欲しい両親ですが、認知症が始まるタイミングは誰にもわからないものです。ふと電話で話をしていたときに両親との会話が噛み合わなくなり、おかしいな?と思ったのがきっかけで認知症の始まりに気付いたなんてケースも。
“両親の認知症が始まったかな?と思ったら生前整理を” の続きを読む


生活保護を受けていても生前整理や遺品整理は必要?

不用品整理

さまざまな事情があり、生活保護を受けて生活している人もいると思います。生活保護を受給している人は、様々なケースはありますが、多くは家族など身寄りのいない人や、働きたくても働けない事情があり金銭的な問題もあり生活するのが難しい理由があると思います。生活保護受給者にとっても、自分になにかあったときに遺品整理は国がしてくれるものだと思っている人も多いのではないでしょうか。生活保護を受けていても、生前整理や遺品整理は必要です。 “生活保護を受けていても生前整理や遺品整理は必要?” の続きを読む


親が孤独死しないために有効な対策方法

孤独死について考える

コロナの影響もあり「孤独死」というキーワードが珍しいものではなくなっています。両親は元気だし、特に病気をしていないので孤独死なんて無縁だと思い込んでいませんか。仕事をしていて、外に出る機会の多い両親だって孤独死の可能性は十分に考えられるのです。離れて住んでいれば、誰もが孤独死になる可能性もあります。孤独死をいかに防ぐかで、いろいろなメリットもあります。自分には関係ないと考えるのではなく、孤独死を防ぐ方法や、生前整理の重要性について、今一度考えておきましょう。 “親が孤独死しないために有効な対策方法” の続きを読む


生前整理で困る、墓じまいの考え方!

お墓参り

実家の生前整理について考えるときに、お墓をどうするのかも一緒に考える必要があります。近頃は、高齢化していることや、各家族が進んでいること、檀家制度についても極力利用したくないと考える人が増え、墓じまいについて考える人も増えています。
でも墓じまいをどのように進めていけばいいのか、処分方法についても迷うところだと思います。詳しく紹介していきたいと思います。 “生前整理で困る、墓じまいの考え方!” の続きを読む


生前整理が進まない親には「捨てて!」はNGワード

親子仲良し

これから先のことを考えたときに、実家の生前整理を進めておきたいと考える人も多いのではないでしょうか。せっかく親に生前整理を提案したものの「まだいいわよ」と、片付けを進めてくれないと、悩む人もたくさんいます。亡くなったときの負担を考えると、できるだけ生前整理は進めておきたいものです。実は、高齢の両親ほど、言い方一つでも生前整理が進むかどうかが変わってきます。家の片付けを成功させるポイントを紹介します。 “生前整理が進まない親には「捨てて!」はNGワード” の続きを読む


生涯独身のあなたにこそ、生前整理を習慣化させよう

終活の習慣化

結婚するかどうかも選択肢が増えている今、生涯独身のままがいいと考えている人もいるのではないでしょうか。おひとり様ならではの楽しみもたくさんありますし、仕事に打ち込みながら自分のペースで生活できる良さもあると思います。ただ、生涯独身のままだと決めている場合は、自分の生前整理についてもある程度習慣化させておくことも大切です。特別なことではなく、毎日の生活のなかでコツコツと積み上げることが重要です。 “生涯独身のあなたにこそ、生前整理を習慣化させよう” の続きを読む


生前整理をしないまま空き家になった時の窃盗のリスク

空き家になった家の箪笥

先日、ニュースで生前整理をしないままになっている空き家に窃盗に入った犯人が捕まったとやっていました。空き家なんてどこにでもあり、珍しいものではないそう思っている人もいるのではないでしょうか。なかには両親が亡くなりそのまま片付けをせずに空き家状態になっている建物を、所有している人もいるかもしれません。空き家に対しての考え方は人それぞれですが、実際にこうした事件が起きていることも認識する必要があるのです。 “生前整理をしないまま空き家になった時の窃盗のリスク” の続きを読む


元気なうちに生前整理をするのはメリットだらけ

年末年始は生前整理のチャンスです

近頃は「生前整理」について、耳にする機会も増えてきました。自分のこれから先のことを考えたときに、生活をより充実させ、家族に負担をかけないためにも、元気なうちの生前整理をおすすめします。体が動くうちだからこそスムーズに進みますし、自分で決めた片付けができるのも大きいと思います。生前整理のタイミングに迷っている人も、これからやってくる年末に向けて、生前整理を進めていきましょう。 “元気なうちに生前整理をするのはメリットだらけ” の続きを読む


持ち家の処分を考えているあなたに、メリットとリスク

実家の処分と整理

高齢になってくると自分の人生について考える機会も増えると思います。20代・30代のときに将来のためにと考えて住宅ローンを組み購入した我が家。支払いは終わったとはいえ、子供が家を出ていくと、このままでいいのか考えてしまいます。持ち家を手放すうえでのメリットやリスク、また片付けのポイントについても紹介していきたいと思います。 “持ち家の処分を考えているあなたに、メリットとリスク” の続きを読む


年の離れた兄弟に生前整理を進めるときのポイント

兄弟に生前整理を進めるポイント

生前整理は年代を問わずに必要なものです。人間誰しも、いつどこで何があるかはわかりません。自分もそろそろいい年になってきたし、生前整理をして残された家族にかかる負担を軽減してあげたいと考えている人も多いのではないでしょうか。でも、ふと思い返してみると年の離れた兄弟も生前整理について考えるべきなのでは?と思うこともあります。親しき仲にも礼儀ありというように、兄弟だからこそ注意しなくてはいけないこともあります。

年の離れた兄弟に生前整理を勧める理由

親切心で生前整理の必要性を伝える場合もあれば、自分にかかる将来的な負担を考えて生前整理を促すこともあると思います。例えばすでに両親が亡くなっており、年の離れた兄弟が結婚していないとします。もしくは結婚していても子供がいないご家庭などもあります。すると、亡くなったあとに財産分与は兄弟も対象になります。それが財産などのプラスの資産であればいいのですが、借金やローンの残った住居だとしたらどうでしょうか。ある程度の年齢になってきたら、一人で生活するにしても生前整理を前向きに考えてほしいものです。あなたが相続人になると、亡くなった兄弟の代わりに部屋の片付けをしなくてはいけないケースも出てきます。いくら兄弟とはいってもそれが負担になることだってあります。また、兄弟でも大人になれば自然と距離ができお互いに知らないこともあります。年の離れた兄弟がいる場合は、こうした話も日頃からしておくことで、お互いの意向を尊重することにも繋がります。年が離れていなくても、ある程度の年代になったら話しておきましょう。

兄弟に生前整理を勧めるときに注意すること

兄弟に生前整理を勧めるとき、つい間違えた方法をとってしまうとそれが原因で喧嘩になってしまい、なかには絶縁状態になってしまうケースもあります。兄弟だからといっても、生涯仲良しなんてことはありません。勧めるときの注意点を紹介します。

・あくまでも相手のためであることを主張

生前整理を勧めるのは、あくまでも相手のためであり自分の都合ではないことをしっかりと主張しておきましょう。生前整理と言われると、なかには不快感を示す人もいます。自分が元気なうちにそんな話をするなんて…と嫌な想いをすることもあるのです。だからこそ、生前整理は残りの人生をポジティブ(前向き)に生きるためであり、充実した時間を過ごすために必要であることを伝えるようにしましょう。兄弟とはいえお互いに大人ですし、環境によっても思うことは違います。あくまでも相手のためをおもっていることが伝われば、生前整理に対して、そこまで不快感を示すこともなくなります。

・焦らず、自分の気持ちを押し付けない

生前整理に対しての考え方は人それぞれ違います。それを否定すればお互いに嫌な気持ちになります。また生前整理を焦って伝えても、兄弟だからこそ相手の気持ちがわかるもので、なにか裏があるのかな?なんて考えてしまいます。他人とは違い、一緒に過ごしてきた時間も長いからこそつい強い言葉で伝えてしまうこともあります。それが喧嘩の元になってしまうケースも少なくありません。兄弟といえども、お互いに寄り添いあう気持ちも必要です。自分の気持ちを押し付けるのではなく、こういった方法があるよと伝えるようにします。本人が生前整理をしてみようかなと思わせることが重要になってくるのです。

・コロナだからこそ提案しやすい

今は世の中がコロナの話題でもちきりです。コロナに感染したときのリスクを考え、万が一に備え、4人に1人は生前整理について考えるようになったとも言われています。以前は生前整理というと、聞き慣れない言葉なのもあり拒否感もありました。でも周りの人がやっている=自分もやるべきことなんだと思えれば、自然と敷居も低くなり生前整理にたいして前向きな気持ちにもなります。自分だけ…と思わせるのではなく、今の世の中の風潮でもあると思えば、そこまで嫌がる人もいませんよ。

生前整理の負担を軽減するなら業者におまかせ

生前整理の負担をいかに減らすかと考えたときに、業者に依頼する方法もあります。いざ、生前整理をしてみると、不用品も多く大型のものばかり…。自分で部屋から運び出すのは難しく、車もないので業者に依頼したいなんて人もいます。不用品の処分に時間がかかると考えると、生前整理もなかなか進みません。事前に不用品回収業者に依頼してしまい、あとは決められた日時までに不用品を確認し、まとめておけばOKです。回収日を決めてしまったほうが、後回しにならず、片付けも進むはずですよ。

まとめ

年の離れた兄弟に生前整理をして欲しいとおもっても、無理に強制したり、やる気にさせようとしても逆効果になってしまいます。生前整理の必要性について、一緒に話していけるのが一番です。お互いに残された家族に負担をかけない方法が選択できるといいですね。

自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×