TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

テレワーク用のスペースを確保して仕事に集中できる環境を

不用品
にお困りなら

コロナの影響もあり自宅で仕事をする人も増えています。とはいえ在宅勤務がどのぐらい長く続くかわからないからこそ、家でも集中して仕事ができるようにスペースを整えておきたいものですよね。そのためには家のレイアウトを見直したり、不用品を処分したりと片付ける作業も必要になります。片付け方のポイントやコツについてもご紹介します。

自宅にいる時間が増えたテレワーク!断捨離をする人が増加

コロナが流行り始めたばかりの頃は短期間だし、リビングにパソコンを持ってきて作業をすればいいのでは!?と思っていた人も多いのではないでしょうか。でも予想外に長引いていたり、企業のなかにはオフィスを持たずに在宅勤務を推奨するところも増えてきました。

そのうち会社に戻って今まで通りの仕事と思っていたものの、その考え方が変わりつつあります。ただ日本の住宅は狭いのでテレワークで仕事をするスペースが確保できない家も少なくありません。

仕事に集中し効率をあげる為にもテレワーク用のスペースを確保するのはとても重要なことです。そのために家のなかの不用品を見直し粗大ごみとしての断捨離を考える人も増えています。家によっては夫婦でテレワークなんてこともありますし、お互いに仕事中は別々のスペースを確保したいと思っているケースもあると思います。

軽トラ
パック

また日頃仕事が忙しく家のなかを掃除する時間が確保できないお家も、

・自宅にいる時間が増えて気になる部分が出てきた

・家のなかをもっと快適な空間にしたいと思った

・自宅にいる時期だからこそ部屋の不用品を見直したい

・年末が忙しいので今のうちに部屋の不用品を見直したい

と考えご依頼いただくこともあります。

仕事から帰って寝るだけの生活だった人が、基本的に自宅にいるようになると部屋のなかの散らかっている部分が気になったり、レイアウトを変えてみようかなと考えることもあります。自宅をもっと快適な空間にしたい、仕事のスペースを確保したい人にとってもこの機会に見直すのがおすすめです。

テレワーク用のスペースを作るメリットとは

テレワーク用のスペースを作るかどうか、悩んでいる人もいると思います。住んでいる家の間取りによってもスペースの確保が難しいこともあります。でも断捨離など見直してみると意外とスペースが生まれたり、仕事だけでなくもっと活用できることもあります。

まずはどんなメリットがあるのかについてご紹介したいと思います。

メリット1:プライベート遵守

テレワークで会議をしたり打ち合わせなど会社の人と話をしているときに、つい話をしている本人以外に見えるプライベート空間に注目してしまった人はいませんか。

家族用になぐり書きをしたメモだったり、古くなった家具や捨てるつもりでそのままになっている小物など職場の人には見られたくない、プライベートの部分が写ってしまうこともあります。

話すのに必死になっていてそのことに気付かない人も多く、見られると恥ずかしいものが含まれていることもあります。いくら自宅で仕事をするといってもプライベートはしっかりと守りたいものですよね。

テレワーク用のスペースがなくリビングで仕事をしている人はより注意が必要です。生活感のある空間がテレワークでバレてしまうかもしれません。特に取引先など大切なお客様相手と打ち合わせをするときなど、周囲に写ってしまう心配なものがないかしっかりと確認しておきたいものですね。

メリット2:集中できる

家のなかにテレワーク用のスペースを確保することで、仕事に集中できる環境を作ることにも繋がります。このスペースにいるときは「よし、仕事をするぞ!」と気持ちを切り替えることによって集中できるようになります。

在宅勤務だと家にいる分、会社で仕事をしているときよりも効率が下がってしまったり、余計な誘惑が多く集中できない人も少なくありません。新しい働き方として在宅勤務の会社が増えているなか、集中できる環境を作るのはとても重要です。

特にお子さんがいるご家庭などは子どもが近くにいる状態での仕事になってしまい集中できないなんてご家庭も少なくありません。このスペースにいるときは仕事をしているとわかると、子どもや家族との関わり方にもメリハリがつきますね。特に集中するのが苦手な人は、スペースをしっかりと確保したいものですね。

メリット3:効率化に繋がる

仕事用のテレワーク用スペースを作ることで仕事の効率化に繋がることもあります。例えばリビングにパソコンを持ってきて仕事をしている人だとします。

食事をとるときは一度片付けて仕事のたびにパソコンを持ってきてセットして…となると、想像以上に手間も時間もかかります。朝9:00には机について仕事を始めなくてはいけない人もいますよね。

在宅ワークといっても仕事の時間を自由に選べるわけではありませんし、決められた時間のなかで仕事の作業が必要になります。会社のデスクならパソコンの周辺にメモ帳やペンなどの必要なものをすべてセットできていますが、自宅だとそうもいきません。

平日毎日なのにその度に準備して仕事をしなくてはいけないのが、あまりに効率的とはいえません。この点を考えると、テレワーク用のスペースがあったほうが便利ですね。

家のなかの断捨離どうするのが効率的?

テレワーク用のスペースを確保しなくてはいけないとしても、平日は毎日仕事があるとなかなか時間が確保できない…なんて人もいると思います。コロナの流行もありいきなり始まったテレワークにバタバタ落ち着かない人もいるのではないでしょうか。家のなかを断捨離したいと思ったものの断念してしまう理由にこんなものがあります。

・想像以上にバタバタしてしまい断捨離の時間が確保できない

・粗大ごみの処分方法を調べたら手間がかかりそうで断念

・断舎離したいけどゴミの分別が面倒になり前に進んでいない

・ゴミを自宅から運び出す車がないので家具・家電などの処分ができない

・コロナが心配で家の片付けを友人に手伝ってもらうのが難しい

など、断捨離したいとは思っていても途中で断念してしまう人もいます。

仕事をしながらの片付けになるので、どうしても難しい業種などもあると思います。

家のなかの断捨離こそ、不用品回収業者に任せてみませんか?

ゴミの分別が必要ないこと、回収に伺いますので家のなかの不用品を運び出す手間もありません。搬出した不用品はトラックに乗せてこちらで処分しますので当日立ち会いをしていただくだけの簡単なものです。

お仕事中に伺って回収することもできるので、負担なく断捨離を進めていただけるはずです。事前にお電話をいただければ早ければ即日の回収も対応可能です。

すぐに処分したい人にとっても不用品回収業者にご依頼いただくのが最も早く処分できる方法になります。自治体だと処分費用は安いものの予約をしたりごみ処理券、当日の運び出しなどの手間もかかるのでおすすめしません。

テレワーク用のスペースを作って快適な空間で仕事ができれば、集中力もUPしますし効率化にも繋がります。家の断捨離での不用品回収もお気軽にご相談くださいね。

この機会に家のなかをきれいにして軽く大掃除をしておけば、年末の大掃除も楽になるかもしれません。在宅中で掃除をしていたら予想外にたくさんゴミが出てしまったときなど、一個単位のゴミからトラック詰め放題の大量のゴミまで幅広く対応しています。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら