TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

共働きのご家庭こそ遺品整理業者がおすすめ

遺品整理の時期について
不用品
にお困りなら

遺品整理をしたいと思っていても、なかなか時間が確保できない人は少なくありません。例えば「共働き」のご家庭もその一つです。

休みの曜日がご夫婦で違うこともありますし、亡くなった時期がちょうど繁忙期になると、いくら家族や親族が亡くなったとはいえ遺品整理で休ませてくださいとはかなかか言いにくいものです。

急な遺品整理に戸惑っている方も、当店にお気軽にご相談してみませんか。

共働きご家庭の遺品整理

女性が外で働く機会も増え、共働き家庭は年々増加傾向にあります。結婚して子どもがいても仕事をしつつ子育てにも頑張る女性はとてもかっこいいものですし、家計にとっても世帯収入が増える分なにかと助かります。

もし旦那さんの収入が途切れてしまったら?と考えると共働きの日本柱の方が何杯も安心できます。アルバイトで週1.2回働いている人もいればフルタイムで働く人もいます。今後も共働きのご家庭は増えていくといわれています。

軽トラ
パック

共働きのご家庭の場合、なんといっても時間を確保するのが難しいなどの事情もあります。家族が亡くなり遺品整理をしたいと思っていても休みが取れないこともありますし、ご夫婦の予定が合わず一人で片付けなくてはいけないこともあります。

住んでいる場所が飛行機や新幹線を使って訪れなくてはいけないケースだとある程度まとまったお休みも必要になります。移動する時間、実際に遺品を見ないとどんな状態になっているかわかりませんし、片付けに時間がかかるかどうか判断できません。

仕事が休みの週末に何度も足を運んで片付けに行くのも体力的にも精神的にも負担がかかります。また行く階数が増えれば金銭的な負担だってありますよね。共働きといってもそこまで高い費用はかけられません。

なかにはお子さんがいるご家庭は、学校との兼ね合いもあり何度も足を運ぶのが難しいこともあります。時間が確保できないと遺品整理はなかなか進みません。とはいえ、そのままにしておくわけにはいきませんし、夏場だと室内のものが腐敗してしまったり傷んで異臭の原因になってしまうこともあります。

できるだけ早く片付けないと余計に手間がかかってしまうことも考えられるのです。こんな忙しい共働き家庭にこそ、遺品整理は業者にまかせてしまったほうが安心です。片付けが終わった部屋のなかで掃除をするだけであれば、1日もあれば対応できますよね。片付けの負担が少なくなる分、体力的な負担はかなり軽減します。

気持ちの整理のためにも遺品整理を任せよう

また、精神的な負担も軽減できるのが大きいと思います。遺品整理をしていると「もっと一緒にいてあげたかったな…」と後悔が出てきてしまったり、「会いたかったな」と悲しい気持ちになることもあります。

故人を想うのは決して悪いことではないのですが、前を向いて進んでいかないといけない部分もあります。仕事をしていると、どんなに辛いことがあっても職場に足を踏み入れれば仕事に集中しなくてはいけなくなります。

気持ちの整理をする時間的な余裕もないからこそ、やることに追われてしまうと精神的に辛くなってしまうことも。両親やご家族が亡くなり悲しいのは誰でも同じです。片付けは業者にまかせて気持ちの整理をする時間にしたっていいのです。

時間には限りがあるからこそ、遺品整理を業者におまかせいただき気持ちの整理に使ってみませんか?いつも頑張っているあなただからこそ、こんなときこそ気持ちを楽にしてもいいのです。

共働き家庭の遺品整理業者を選ぶときのポイント

共働き家庭で遺品整理業者を選ぶときのポイントがあります。立ち会いをせずに遺品を整理する場合、任せて良いのかどうか不安になることもあると思います。依頼してから後悔することのないように安全に任せられる業者選びをしてくださいね。

1. 柔軟な対応をしてくれること

遺品整理を行ううえで、柔軟な対応はとても重要です。自治体でも粗大ゴミなどの回収は行っていますが、平日しか回収してもらえなかったりすぐに対応できず事前に予約が必要など手間がかかってしまうこともあります。

その点、遺品整理業者は電話一本で即日回収に伺います。当日のご依頼も喜んでお受けしますし土日など週末のご依頼も歓迎します。もし予定が変わってしまったときのキャンセルや日時の変更なども対応しています。

仕事の都合で難しくなってしまった、時間を変更してほしいなどのご依頼も空き状況に応じて対応します。柔軟な対応のできる遺品整理業者だからこそ処分するうえで負担になりません。日時の変更などもどの程度対応してくれるのかを確認したうえで、業者を選ぶようにしてください。

2. 遺品整理士の資格を所有していること

遺品整理を依頼するときに、専門の資格である遺品整理士の資格を所有している業者を選ぶようにしてくださいね。不用品回収をおこなうだけの仕事ではなく、遺品に対して「故人の生きた証」と考え大切にしています。

一見ただの不用品に見えるものであっても故人の思いを忍び、尊重することを重視しています。遺品に対して供養の心を持ちつつ、一つ一つ真剣に向き合っていくのが仕事内容になります。

こういった遺品整理の考え方を持っている人であるからこそ、安心して依頼できると思いませんか?遺品整理だけでなく遺産に関するさまざまなことを相談できるなど、まさに遺品整理のスペシャリストでもあるのです。

3. 対応が丁寧なこと

遺品整理を担っている業者はさまざまな人がいますが、やはり対応の丁寧さは重要です。電話やメールでも事務的な対応だけでなく、しっかりと対応してくれる業者は遺品整理に対しても丁寧です。

ご依頼者様の気持ちをしっかりと理解しているからこそ、遺品を育つに扱うことがないのです。こういった対応の一つ一つに本当に任せられるかどうかが見えてくるはずです。対応でいまいちだなと思ったときは利用しないようにしてくださいね。

共働きのご家庭こそ遺品整理は業者に任せてしまうのをおすすめします。片付けの時間も限られているからこそ、余計な時間も手間もかけません。気持ちの整理をつけたり事務的な手続きなどあなたにしかできないことに時間を使うようにしてくださいね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら