TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

長期入院の前に部屋の中を片付けスッキリと

不用品
にお困りなら

今住んでいる家から離れるときも不用品を見直すチャンスです。

例えば、老人ロームに入所することになったので実家を片付けたい、ホームから病院に長期入院をすることになったので施設の荷物を片付けたい、亡くなるなどの事情で長年住んでいた家を退去したいなど、誰もが経験するかもしてれないことばかりですよね。

部屋のなかが散らかったままだと、もしものことがあったときにどうしよう…誰かに迷惑をかけてしまうのでは!?なんて考える人もいれば、実際に自分が片付けをしなくてはいけなくなることもあります。こういったライフスタイルの変化による不用品もおまかせください。

老人ホームに入所するための実家の片付け

高齢化社会なのもあり、実家に一人で生活している両親もそろそろ一人では危ないので老人ホームに入所するケースは少なくありません。

認知症を患っていて一人にしておけないケースや、足腰が悪くサポートなしでは生活ができないなど、専門家が常駐しているような老人ホームのほうが安心できますよね。ただし老人ホームは最低限の荷物しか持っていくことができません。

軽トラ
パック

実家をそのまま維持できる持ち家であれば、残しておきたいものをそのままにしておけるのですが、賃貸の場合長期で家を空ける時は解約するケースのほうが多いと思います。荷物を早急に片付けなくてはいけなくなり、大変な思いをする人も少なくありません。

・業者に依頼して少しでも手間を削減

老人ホームに入所する際の不用品の片付けは業者に依頼して片付けてしまったほうが懸命です。他にも手続きの書類を準備したり、荷物の移動もありますし慣れない環境で生活し始めた両親に会いに行く時間にもできますね。

不用品回収業者に依頼するときは、残しておきたいもの処分してほしくないものを事前に伝えていただければ、しっかりと対応します。またハウスクリーニング付きの業者であれば、賃貸物件の荷物を運び出したあとの片付けまで対応してくれます。

・遠方でも代わりに片付けるので安心

実家の片付け、ホームの片付けといっても遠方に住んでいるとより大変です。片付けの日程に合わせて仕事を休む必要も出てきますし、宿泊場所の確保も必要になることもあります。遠方の場合はすぐに片付けに行きたくても行けないなんて葛藤されているかもいると思います。遠方でも不用品回収業者が代わりに荷物を処分しますので、確認や片付けなど最低限の日数だけで対応できるのも安心できますね。

生活保護を受給している人の長期入院のケースは

ご高齢の両親のなかには年金が支給されず、生活保護を受給して生活をしている人もいます。アルバイトをして食いつないでいたものの、体力も精神力もついていかなくなり入院や老人ホームに入所することもあります。

実際にホームには生活保護の方も受け付けますとしているところもあり、珍しい話ではないのです。生活保護の人が長期入院や入所が確定されている場合は、亡くなる前に片付けるほうが懸命なケースもあります。

というのも、ホーム位は最低限の荷物しか持っていけません。亡くなる前であれば家財道具などを処分したいとき、生活保護費から処分費用が支給されることもあります。お住まいの役所にある「社会福祉課」に問い合わせてみてくださいね。

生活保護は受給者の生活を守る目的があるので、亡くなってしまった時点で一切お金が支給されなくなります。そのため、元気なうちに実家の不用品を処分してしまい、ホームの入所を検討してみてもいいと思います。

家財処分料は支給される条件として、入院または入所の見込みが6ヶ月を超えるため家財の処分が本当に必要な場合や、敷金の返還金や他の援助が得られず経費を賄えないときに対象になります。

親族や家族で生活保護を受給している場合は、早めに今後どうするのかを考えてみてもいいと思います。ご高齢で一人では生活が難しい場合、自宅の不用品を負担してくれるので安心できますね。

長期入院を見越して自分の力で不用品の片付けをしたい

長期入院になるケースのなかには、ご自身でできる限り片付けて家族には負担をかけたくないと話される方もいます。とはいえ思い家電や家具などを一人で処分するのは難しく、不用品回収業者に依頼して一緒に作業を行うケースもあります。

家のなかのもので「必要なもの」と「必要でないもの」を一緒に仕分けしながら進めていくので、重い荷物を動かしたりゴミを片付ける必要もなくなります。

自分の荷物だから元気なうちに片付けたいと考える方も増え、近頃は生前整理を前向きに検討されている方もいます。何が起こるかわかりませんし、長期入院がいきなり決まることもあると思います。

決まってからでも遅くはありませんが、今まで住んできた家のなかには大切なものがたくさんありますね。だからこそ、一度真剣に向き合ったうえで不用品を片付けておくと後悔もなくなります。

・お客様は指示を出すだけでOK

不用品回収業者を使って処分する場合、基本的はその場に立ち会っていただき処分するものをご指定いただくだけで問題ありません。そのため、体力面が心配な方でも安心してご依頼いただけます。

ご予算なども決まっている場合はその金額にあったプランを提示します。不用品回収業者のなかには無理な相場で交渉してくるケースもあるので、相場に合わない金額の場合は安易に依頼しないようにしてくださいね。

不用品回収は業者に任せるとあっという間に片付く

いざ片付けるとなると時間もかかり大変です。なかには自分たちでやろうとしたもののうまく進まず途中で挫折してしまったなんて声を聞くこともあります。

不用品回収業者といってもさまざまですが、限られた時間のなかで片付けなくてはいけない、自分で片付けのは限度がある人にとっても負担を減らすことになります。なんでも自分で片付けなくてはと思うと想像している以上に大変です。

そもそも荷物を運び出して終わりではありませんし、処分や家のなかの片付けなどもしなくてはいけません。長期入院など自宅から離れなくてはいけないときにも、家のなかをすっきりと片付けておけば帰ってくるときも安心できますね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら
自動チャットでご案内します
自動チャットで問い合わせる
×