TOP 会社案内 事業案内 価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/05/28

損害賠償やハウスクリーニングなど、不用品回収業者ごとの独自のサービス

大型家具は分解して外に出します

自治体の不用品回収サービスと違って、民間の回収業者は、自分では運び出せないような重いものでも代わりに運び出してくれるのでたいへん助かります。

そのうえ、大型のタンスやベッドなど、家の出入口の大きさによっては、そのまま運び出せないような巨大な家具であっても、きちんと分解して運び出してくれます。

組み立て式の家具の場合、家の中で組み立てると、そのままでは外に出せなくなってしまうものも多いですから、この点も安心です。

運び出すときに家具や壁などに傷をつけてしまった

大型の家具などを運び出す場合、気になるのが搬出中の破損事故です。

自宅内の壁や他の家具を傷つけるのも困りますが、マンションの共有スペースの壁などを破損してしまっては、弁償のために思わぬ出費となってしまう場合も考えられます。

自分で運び出すことと比べると、プロの業者なら断トツに確実で安心なのですが、たとえプロであっても、誤って他の家具や壁などを傷つけてしまうことだってないとは言い切れません。

賠償保険に入っているか聞いてみましょう

その辺が気になる方は、損害賠償制度を設けている業者に依頼するとよいでしょう。

回収業者のなかには損害賠償責任保険に加入しているところも多く、なかには最大1億円まで補償というところもあるので、万一の時のために依頼する前に問い合わせておくとよいでしょう。

不用品処分後のお部屋の清掃も忘れずに

さて、そうやって業者に依頼して不用品を一気に処分した場合、意外にたいへんなのがその後の部屋の片付けや掃除です。

大きな家具をどけてみると、裏側にカビなどが発生していることもよくありますし、片付いた部屋の中では染みついた汚れなどが前より目立つようになります。

それを自分できれいにしようと思うと、また一仕事ですが、回収業者のなかにはゴミを運び出した後の、ハウスクリーニングまで引き受けてくれるところもあります。

素人では取り除くのが難しいカビやシミなども徹底的に落としてくれるので、部屋をとことんきれいにするにはいい機会です。

事前打ち合わせをしっかりしておきましょう

回収業者もさまざまですので、サービスの範囲も業者によって大きく異なります。

万一の時に備えておくべきか、低料金で不用品を運び出してもらえればそれでいいのか、または、その後の掃除・片付けまでお願いしたいのか、自分の希望をよく検討して依頼する業者を決めるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

当社では不用品処分からお部屋の清掃及び原状回復工事まで一貫してさせていただいております。

昨年度は年間400件以上の賃貸住宅の原状回復や営繕修繕工事をさせて頂きました。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら