TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

リビングの模様替えがしたい!不用品の処分方法は

不用品
にお困りなら

新型コロナの影響もあり自宅で過ごす時間が増えたことで、自宅のなかを見直したいと思っているかたもいると思います。家のなかでも家族みんなで食卓を囲む憩いの場でもあり、来客時にお客様を招く場所としても重要なのが「リビング」ですよね。

TVを見たり勉強をしたり家族で過ごす場所だからこそ、時間に余裕のある今のうちに見直したい!なんて人もいるのではないでしょうか。リビングの模様替えに合わせて、不用品も見直していきましょう。

リビングの模様替えの不用品にはどんなものがある?

リビングのリフォームといってもご家庭によって何を変えるのかが違ってくると思います。例えばダイニングテーブルや椅子、食器棚、ソファ、テレビ台もそうですし、カーペットやカーテンなどのデザインを見直す場合もあると思います。

部分的なリフォームなのかリビングの部屋全体のテイストを変えるのかによっても変わってきます。またご家庭によってはお子さんのおもちゃとして滑り台などの遊具が使わなくなってからも置きっぱなしになっていることもあります。

近頃多いのは、ウォーターサーバーを契約したものの回収対象になっておらず引き取ってもらえないため、一緒に回収して欲しいというご依頼です。新しい別のウォーターサーバー会社に契約する人もいれば、ウォーターサーバー自体を使わないなんて人もいます。

軽トラ
パック

リビングは家族が過ごす場所なのもありそのご家庭によってさまざまなものがあります。これらを見直すとなると想像以上に大変です。特にリビングは家族で使うものが多いので、重く自分たちでは動かしにくいものが多いのです。

リビングの不用品はいつ片付けるべき?

リビングの模様替えをするために不用品を処分するタイミングですが、毎日使うものだかからこそ早く処分しすぎてしまっても日常生活に支障が出ます。例えばダイニングテーブルを処分してしまうと、家族で食事をとる場所がなくなってしまいます。

模様替えは不用品を処分する方法と同時に、新調する家具や家電なども選ばなくてはいけません。新調する家具が届くタイミングで不用品を処分できたほうがいいですよね。TVを観るときのソファもそうですし、カーテンがついていないと外から丸見えになってしまいます。

食器棚なども早くに処分してしまうと、届くまでの間どこに保管しておくのかなどの問題も出てきます。出して片付けてを何度も行うのは負担にもなりますね。リビングは毎日使う場所なのもあり、不用品を処分するタイミングに注意しなくてはいけません。

早すぎても不便さを感じることになりますし遅すぎても保管しておくスペースがないと、片付かなくなってしまいます。リビングの不用品は一つ一つが大きなものが多いので、処分の日時を柔軟に調整できるほうが懸命です。

リビングの不用品をどうやって処分する?

リビングの不用品でも通常のもえるゴミや燃えないごみで処分できるようなものなら問題ありません。回収頻度も多く所定の日時に回収場所に持っていき処分します。一番困るのは回収日の少ないゴミだったり、大きな粗大ごみの処分になります。リビングにある不用品をどのように処分したらいいのか具体的な方法について紹介します。

1. 自治体の回収

自治体の回収はできる限り処分費用を抑えてリビングの家具や家電を処分したい人向けです。もえるごみや燃えないゴミを処分するときに自治体に回収してもらっているはずです。粗大ごみの場合は、事前に予約したうえでごみ処理券などの用意は必要になります。

自治体が指定した日時に所定の場所にまで運び出さなくてはいけなくなるため、時間に余裕があったり重いものを持ち上げられる男手がある人におすすめです。

ダイニングテーブルになると、ひとりでは持ち上がらないことも多く、無理して腰を傷めてしまったり床や壁に傷をつけてしまう危険性も考えられます。自治体の回収ならではの安心感もありますが、ある程度柔軟に対応できる人におすすめの処分方法です。

2. 買取に出す

リビングの不用品のなかで比較的新しいものがあったり、状態のいいものがあれば買取も検討してみてもいいと思います。買取してもらえれば処分費用の負担も少なくなりますし、使わなくなったものとはいえ必要な人に使ってもらえるのは嬉しいものですね。

買取に出す場合、店舗に直接持ち込むかもしくは自宅に出張買取に来てもらいます。持ち込みができる程度の軽トラなどの車が必要になりますし、自宅から買取店までの搬出作業なども必要になります。せっかく持ち込んでも買取してもらえないこともあります。

出張買取は自宅に来て見積もりを取り買取額を決めるので一見楽な処分方法に感じますが、出張費用などを差し引いたうえで支払われることがほとんどです。

3. オークションやジモティを使う

リビングにある不用品をヤフオクなどのオークションサイトを経由して買い取り手を探したり、ジモティで周辺のお宅でほしいと思っている人に格安で譲る方法もあります。

誰かの為に役に立てるのはとても魅力的な方法ではありますが、買い取り手が見つかるまでは処分できない点は注意が必要です。

この日までに処分したいと決まっている場合や、できるだけ早く処分したい人にとっては、いつ決まるかわからないことが負担になってしまうこともあります。

この手のサイトの場合は買い取り手が見つかったらラッキーだと思っていたほうが良いと思います。なかには出品しても買い取り手がなかなか決まらないことも。

4. 不用品買取業者を使う

リビングにある不用品を決まった日時で処分したいのであれば、不用品回収業者を使うのもおすすめです。

処分費用は自治体よりも高くなってしまいますが、回収したい日時を決めたうえでお電話をいただければ即日の回収にも対応できます(混雑具合によって異なる)不用品の処分方法はできるだけ簡単な方法がいい人や、搬出などの手間もかからないので重いものを持ち上げたり運ぶ必要もありません。

また、回収日時に合わせる必要もないので仕事が忙しく時間が取れない人にもおすすめの方法です。また一見価格が高く感じてもある程度まとめた個数を買取に出すのであれば結果として安くなることもあります。自治体の回収になると1個あたりいくらといった費用がかかります。

そのため個数が少ないと処分費用をおさえることができますが、個数が多くなると費用が高くなります。また不用品買取業者の回収方法の一つである「軽トラパック」を使えば、乗せられる分までリビング以外の不用品もまとめて処分できます。一緒に見直したいものがあればこの機会に処分してしまってもいいのではないでしょうか。

まとめ

リビングの模様替えを考えているものの、不用品の処分はどうしよう?処分するタイミングは?自分たちで搬出したり処分できるか不安…なんて方は、不用品買取業者におまかせしてみませんか。

処分に手間をかけることもなくなりますし、模様替えがもっと気軽にできるようになります。ただし不用品買取業者といってもなかには悪質な業者も存在します。回収した不用品を不法投棄してしまい、後々トラブルの原因になることも。

リビングの模様替えで不用品を処分するときは、安心しておまかせできる不用品買取業者を利用するようにしてくださいね。この機会に部屋の模様替えで気分転換を楽しんでみませんか。そのお手伝いができれば嬉しいです。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら