TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

ベッドや布団など寝具用品の処分方法に困ったときの対処方法

寝具関係の処分方法について説明します
不用品
にお困りなら

人間の健康維持の為にも睡眠時間はもっとも重要なものです。仕事が忙しくまとまった睡眠時間が確保できない人も多い中、少しでも快適な睡眠時間を過ごしたいものです。

例えばベッドや掛け布団・マットレス・枕などそれぞれに寿命があるので、劣化すれば定期的に入れ替える必要があります。ただ新しい寝具を購入するにしても、家にあるベッドやマットレスなどはどうしたらいいのか迷ってしまいます。

寝具の処分方法について迷っているあなたに、最適な方法も含め説明していきたいと思います。

ベッドの処分方法は

ベッドといってもシングルサイズ・セミダブル・ダブルベッドなどの大きさの違いもあれば、木製のベッドやパイプベッドなどの素材の違いもあります。引っ越しするときや新しく買い替えたいときなど、ベッドが要らなくなることは十分に考えられます。でもそのベッドを持って移動するとなると大きな荷物になってしまいます。

ベッドの処分は引越し前などに行うケースが多いといえるのではないでしょうか。大抵は大きく自分で持ち運びができないものがほとんどです。パイプベッドは比較的安価で軽いベッドですが、木製だったりセミダブル・ダブルと大きくなるとその分重量感もあるので、自分で運び出すことすら難しくなってしまいます。

また大きなベッドは組み立て式ですが、家のなかから外に出すのもとても大変です。二段ベッドの場合もありますが組み立てられたはいいけど、いざ片付けるとなると大人二人でも難しいケースもあります。

ベッドの処分方法としては自治体の「粗大ごみ」にて処分します。1辺が30cm以上の大きさになるのでもえるごみ・もえないごみでは処分することはできません。自治体の粗大ごみとして処分する場合、1,000円~と比較的安価な価格にて処分できます。

軽トラ
パック

ただし粗大ごみの費用は自治体によっても違うこと、所定の場所まで自分で運ぶ必要があります。自治体の回収日はもともと決まっているので早く回収してほしくても難しいケースも…。

ベッドの場合は処分すると決めたらとりあえず置いておけないので、どのタイミングで処分したいのかによって決めてみてもいいのではないでしょうか。

掛け布団の処分方法は

夏用・冬用など季節によっても変えて使うのが布団です。快適な眠りには欠かすことのできない重要なアイテムともいえます。そんな布団は季節性の違いもありますが、布団の素材の多くは面や化繊などの生地を使ってます。

布団の中身も異なりますが、羽毛だったり羊毛、化繊などを使っているものを見かけます。布団に何を求めるのか?によっても含まれている素材が違いますが、いずれももえるごみに分類されます。

ですが、布団自体は大きなものなので、もえるごみではなく「粗大ごみ」として指定している自治体が多いようです。自宅で使わなくなってしまった布団を、ゴミ袋に入ったからともえるごみの日に出してしまっていませんか。

また、布団でもこまかくすればOKなど自治体によってもだいぶ差があるようです。また回収方法を間違えてしまうと回収してもらえない可能性があります。

布団を処分するときは自治体に電話で予約をしたうえで、ごみ処理券を用意して指定の日時に合わせて不用品を処分しなくてはいけません。布団だけであればそこまで重いものではありませんし、近い場所に持っていくだけであれば女性でも問題なくできるでしょう。

ただし平日など日時の指定ができない分、仕事でなかなか出せない…なんてケースもあります。布団は最悪処分が後回しになってしまっても多少の期間は保管しておけるので心配ありません。不用品として出せるタイミングに出すようにしましょう。

布団は500円程度で比較的リーズナブルで処分に出せます。そのためタイミングさえあえば早めに処分しておきたいものですね。

マットレスの処分方法は

寝具のなかでも体の重心がかかるマットレスにはこだわりたい人も多いのではないでしょうか。寿命が過ぎてしまったマットレスは、中央部分が凹んでしまったり体に負担がかかり腰痛の原因になってしまうこともあります。

しっかり寝ているつもりなのに疲れが取れなかったり、睡眠の質が低下してしまうことも…。マットレスは自分に合っているものを定期的に買い替えたほうが状態もよく維持することができます。マットレス自体も大きな不用品になりますので、自治体では「粗大ごみ」に分類されます。

ベッドや掛け布団などと一式処分してしまう人が多いようです。処分にかかる費用としては1枚1000円前後になります。

処分する費用としては決して高いものではないので気軽に出せますね。ただし自力で所定の場所に運び込まなくてはならず、マットレスのように大きなものだと大人二人でも難しいケースもあります。

マットレスは思っている以上に重いものですし、自宅に保管しておくと場所を取ります。不用品になってしまうとまず使うことはありませんし、メンテナンスをしなくなるので劣化してしまいがちです。

マットレスの処分に困っている人は一度自治体に相談してみてもいいいかもしれません。地域によっても対応が変わりますので一概にはいえませんので注意してください。

枕の処分方法は

快適な睡眠を目指すための大切な道具としても欠かせないのが枕です。布団やマットレスにこだわっていても枕が自分に合っていないと快適な睡眠ができなくなってしまうこともあります。

一度気に入って買ったはいいものの、実際に寝てみたら肩や首が痛くなってしまい相性が悪かったなんてケースも考えられます。枕はちょっとフィティングをしただけではわからず長時間寝てみてはじめて相性がわかるといっても過言ではありません。

もともと枕は毎日使うものですし消耗品です。使う頻度が多ければ色は変色していきますし、嫌な臭いがすることもあります。他の寝具に比べても明らかに劣化が早い道具ともいえます。そんな枕ですが使わなくなってしまったときはもえるごみとして処分します。

寝具のなかでも比較的小さなものですし、いつもの一般ごみとしてゴミ袋にいれて処分します。ただし自治体だったり枕の大きさによっては粗大ごみになってしまうこともあります。例えば近頃肩の当たりまである枕も販売されています。

通常の枕よりも大きなものになると処分方法は変わります。また大きな枕を処分する場合小さくカットしてゴミ袋に入れるともえるごみもしくは資源ごみとして処分できることもあります。この辺りの基準も自治体によって異なりますので事前に確認しておいたほうがいいかもしれません。

枕のなかでも特殊なものは捨て方が変わることがあります。例えば低反発枕のなかにはウレタン素材が使用されています。そのためもえるごみとして処分できずもえないごみとして処分しなくてはいけなくなります。

パイプ入り枕の場合も中のパイプを不燃ごみとして出さないと処分できない場合もあります。外側部分はもえるゴミとして出せるなど処分方法が異なります。基本はもえるごみとして処分できますが中身だけは例外があるのも覚えておいてください。

枕をなんでももえるごみでOKにしてしまうと注意されてしまうこともありますので、くれぐれも注意するようにしてくださいね。

毛布を処分する方法は

冬場など掛け布団だけでは寒い…なんてときに活躍してくれるのが毛布です。肌触りもよく寒さ対策としても十分に役立ってくれる存在です。毛布は薄手のものから厚手のものと種類はたくさんありますが、大抵は粗大ごみとして処分します。

なかには一般ごみとしてどうしても処分したい人がいるかもしれませんが、その場合は小さく切ってまとめて出す方法もあります。毛布を自治体の粗大ごみに出した場合は1000円~2000円程度の費用がかかります。

毛布も決して高いものではないので処分するにはそこまで困りません。ただし自治体の場合は回収までに時間が開く場合が多いので圧縮袋などに入れて小さくまとめておくのをおすすめします。自治体の回収日に合わせて所定の場所に毛布を持っていく必要があります。

寝具を自治体の回収以外で処分する方法はないの?

寝具を処分する方法として自治体に依頼するのが一番簡単ですが、なかには平日は仕事で時間は合わせられないし一刻も早く処分したいと思っている人もいるのではないでしょうか。せっかく気に入って購入した寝具ですし、納得できる形で処分したいものです。

1. リサイクルショップ

寝具の状態が良くまだまだ使えるものであればリサイクルショップに出す方法もあります。直接お店に持っていく店舗買取もあれば、自宅に取りに来てもらう出張買取、郵便や宅配で送る宅配買取などもあります。

買取になる分値段が下がってしまいますが少しでもお金にしたいのであれば、リサイクルショップに持ち込むのも一つの方法です。ただしあまりに大きなものになると難しく、マットレスや掛け布団、毛布などの簡易的なものだけの買取のケースもあります。

2. 不用品回収業者

不用品回収業者に依頼していらない寝具をまるごと引き取ってもらうケースもあります。毛布だけとかマットレスだけなどの処分ではなく一通りの処分をしたいと思っているのであれば、単品で出していくよりも一気に片付き部屋のなかもさっぱりします。

不用品回収業者に依頼すれば希望の日時に不用品を取りに来てもらうだけですし、仕事が忙しい人でも土日の回収もでき負担になりません。ごみの分別が苦手な人からもご依頼をいただくことが多く、時間を無駄にしたくない人にも最適です。

まとめ

ベッドや布団などの寝具の処分に困ったときは、自治体の粗大ごみでもいいですし不用品回収業者に依頼して回収してもらう方法もあります。寝具の多くは処分にそこまでのお金がかからないものばかりですが、まとめて処分したいときにも便利な方法になります。この機会に寝具を一新してみませんか

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら