TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

桑名市の方へ「家電リサイクル券」について徹底的にご紹介!

家電リサイクル券についての解説
不用品
にお困りなら

桑名市で回収していないものの一つに家電4品目に該当する「家電」があります。この家電を処分するときに必ず必要になるのが「家電リサイクル券」です。そもそもどうして家電を処理するのにこの券が必要になるのか?意外と知らない家電リサイクル券の使い方や手順、使うポイントなどをご紹介します。家電の処理に困ったときに役立つ情報になりますので、是非参考にしてみてくださいね。

桑名市で家電が処理できないわけ

桑名市で処理できない家電は「エアコン」「洗濯機(衣類乾燥機を含む)」「冷蔵庫(冷凍庫)」「テレビ(電池式液晶テレビを除く)」の4種類になります。これらの家電を廃棄する場合は、その市区町村の処分方法にて行うように決められています。

家電を処分する場合は2通りの方法で処分ができます。

1. 家電量販店への持ち込みまたは買い替えの場合

買い替えなどのお店で不要な家電を引き取ってもらう方法もあります。

新しく買い替えをする予定があれば、そのお店で引き取りを依頼することもできます。また、買い替えをしない予定の場合は、どこで購入したのかがわかる場合はそのお店に問い合わせをして引き取りを依頼します。

ただし家電量販店に引き取りを依頼する場合は、「リサイクル料金」だけでなく、指定の引取場所まで運ぶ運搬料金がかかることもあります。基本的には家電を購入した店舗で引き取りを依頼するのが一般的になり、家電量販店は不要な家電を引き取らなければならないとしています。

軽トラ
パック

引き取り店は以下の通りです
・エディオン桑名店 0594-22-2277
・ケーズデンキ桑名店 0594-33-3211
・ジョーシン桑名イオンモール店 0594-25-3011

2. 指定の引取場所への持ち込み

家電を処分したいものの買い替えの予定がなく、もともと購入したお店がわからないケースの場合は、指定引取場所に直接持ち込んで処分する方法があります。事前に郵便局で家電リサイクル券を購入したうえで、直接持ち込みます。

指定の引取場所は以下の通りです
・朝日金属(株)四日市工場 059-351-4606
・日通(株)三重支店 059-352-4155

家電リサイクル券とは

家電リサイクル券は、「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」によるものです。これらの家電から有用な部品や材料をリサイクルするための法律になり、適正に処分する必要があります。

冷蔵庫などの家電は回収し解体したあとに素材ごとに分別されます。ただしこの分解にフロンなどの有害物質を発生させてしまう危険性があります。4種類の家電をリサイクルすることで廃棄物を少なくして減量し、資源の有効利用を促すものです。

家電リサイクル券は「料金郵便局振込方式」のものになります。(郵便局券)郵便局やゆうちょ銀行で使える家電リサイクル券になります。家電リサイクル券は複写式のものになり、「払込取扱票(郵便局控え)」「振替払込請求書受領証(お客様控え)」「振込払込受付証明書(家電リサイクル券に貼り付ける)」は3種類合わせて払込書として使います。これに「家電リサイクル券」があるので、払込書を使ってリサイクルにかかる費用を支払います。

1. リサイクル料金を支払う

まずは家電を処分するのにリサイクル料金がどのぐらいかかるのか確認してください。郵便局に備え付けられている「家電リサイクル料金一覧表」を参照したうえで、処分する家電の「製造業者等名コード(3桁)」、「品目・料金区分コード(2桁)」「リサイクル料金(税込み)」を事前にメモに残しておき、確認できるようにしておきます。

【製造業者等名コード】
パナソニック 100
パナソニック(三洋電機) 101
東芝ライフスタイル 110
ダイキン工業 120
JVCケンウッド(日本ビクター) 130
日立グローバルライフ 300
SHARP 210
三菱電機 320
ソニー 340
富士通ゼネラル 350
ソニー(アイワ) 360
三菱重工冷熱 370

【品目・料金区分コード】
エアコン 10
ブラウン管テレビ(小21 大22)
液晶・プラズマテレビ(小51 大52)
冷蔵庫(170L以下31 171L以上32)
洗濯機・衣類乾燥機 40

2. 払込書の記入をする
払込書は
・住所(2箇所)
・名前(3箇所)
・電話番号(1箇所)
に記入します。記入漏れがあると手続きが進まなくなってしまうので、書き方をしっかりと確認したうえで払込書を記入するようにしてくださいね。

【注意点】
・払込書は「記入を間違えたときは訂正をせずに新しい家電リサイクル券」に記入します。
・カーボンで転写される仕組みになるので「ボールペン」を使ってしっかりと転写されるように力を込めて記入するようにしてください。
・また家電リサイクル券1枚につき1個の家電が処分できます。

※もし間違えて払込をしてしまった場合は、0120-319-640に電話をすると、後日返金の手続方法が届くようになります。

3. リサイクル料金の払込をする

払込書を記入したあとは、郵便局の「窓口」もしくは「ATM」にて料金の払い込みを行います。払込の方法によっても手順が変わってきますのでそれぞれわかりやすく説明します。

【窓口で支払う場合】
郵便局の窓口で支払う場合は、記入済の払込書を切り離します。そのうえで「貯金の窓口」に払込書を提出します。受付が終わると「日附印」が押印されるので、「振込請求書兼受領書」と「振替払込受付証明書」を受け取ります。払込のときに、法令等に基づき「運転免許証」「顔写真付き公約証明書」などの提示を求められる場合もあります。

【ATMで支払う場合】
払込書を切り離したうえで「振替払込受付証明書」とその下にある「余白」を切り離します。ATMに挿入して払込の手続きを行います。払込が終わるとATMから「ご利用明細票」が出てくるので受け取って完了です。

ATMの場合は、この払込書を必ず使うこと、もしこの用紙を使わずに「電信振替」などを使い支払った場合は、対象外になります。また機械で処理をするため、記入欄意外を汚さないように注意してくださいね。記入しない箇所に間違えて記入してしまうと処理ができなくなってしまうこともあります。

※リサイクル料金の払込は、別に「払込手数料」がかかります。どのぐらいの費用がかかるのか確認する場合は、窓口に確認するようにしてくださいね。

4. 家電リサイクル券の貼り付け

窓口で支払った人…振替払込受付証明書
ATMで支払った人…ご利用明細票(保管分がないのでコピーを取ること)
を家電リサイクル券に貼り付けます。
ATMの場合でも、振替払込受付証明書に日附印を押して貼り付けすることもできます。

家電リサイクル券の1枚目になる「指定引取場所控」の右側に貼る場所があります。指定の引取所まで自分で運んで運搬して引き渡しする際は、近くの指定引取場所を「家電リサイクル券センター」にて確認するようにしてくださいね。0120-319-640(FAX03-3903-7551)

※家電リサイクル券の有効期限は、「郵便局での振込日の翌日から10年」になります。ただし振り込んだ金額と家電リサイクル料金の間に差異があると引き取りできない場合がありますので注意してくださいね。

まとめ

桑名市で家電4品目を処分する場合の、家電リサイクル券についてご紹介しました。少し手順も多くややこしく感じるかもしれませんが、手順通りに進めてもらえると正しく家電も処分できるはずです。

もし迷ったときは家電リサイクル券センターに問い合わせをして確認することもできます。間違えて記入してしまうと処理が正しく行われなくなってしまうのでくれぐれも注意してくださいね。

家電リサイクル券や家電の処分に困ったとき、できるだけ手間をかけずに処分したいときは、当店の生活総合サービス企業組合にお気軽にご相談くださいね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら