TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

節約に繋がる、部屋の不用品の整理のコツ

不用品
にお困りなら

そろそろやってくる年末に向けて部屋の大掃除をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。今年は一年が過ぎるのも本当に早く、気が付くと師走(12月)なんて驚きですね!今回は、年末に向けて不用品を見直すためのコツについて紹介します。なにかと出費の多かった今年だからこそ、少しでも節約と部屋の掃除をして新しい年を迎えましょう!

部屋が散らかっているとお金も貯まらない

あなたは“部屋が散らかっているとお金が貯まらない”そんな話を聞いたことはありませんか。部屋の綺麗さとお金ってどんな関係があるの!?と思う人もいるかもしれません。でもお金が自然と集まってくる人には、実は共通するタイプがあります。

【お金が貯まりにくい人】

・基本的になんとかなるさの考え方
・予定外の出費が多い
・新しいもの好きで流行に敏感、買い物が好き
・割引やセールが好きで余計なものを買いがち
・部屋が散らかっていて片付けるのが苦手
・とりあえず、机のうえに置いたままの癖がある

【お金が貯まりやすい人】

・本当に欲しい物を厳選して購入する
・無駄に物を増やさない、いらないものは処分できる
・部屋の片付けが上手でいつも整理整頓されている
・誰がいつ部屋に来てもピカピカきれいな状態
・毎月きちんとお金の貯蓄ができている

軽トラ
パック

もちろん個人差があるので一概にはいえませんが、お金が貯まりやすい人と貯まりにくい人の違いがわかったのではないでしょうか。部屋が散らかっている片付けが苦手な人は、貯金が苦手でお金の管理が苦手な傾向があります。毎月「今月こそは貯金ができるかな?」なんて思っていても、あっという間に使ってしまい手元にお金が残らない…なんてケースも少なくないのです。

節約に繋がる、不用品の見直しのコツは

自分はお金が貯まりにくい人だなと感じたあなたは、どうしたら節約できるのか不用品を見直すためのコツについて説明します。年末までに部屋の不用品を見直して、少しでも貯金できるように、変えていきましょう。

・使わないものは捨てて在庫が過剰にならないように管理する

家のなかが散らかっている人の多くは、家の中にものが過剰に有りすぎることが原因です。そのため、自分で買ったものを忘れてしまう、管理できなくなり、散らかっているように見えてしまっている可能性があります。

節約を本気で考えるのであれば、まずは不用品を捨てることから始めましょう。家のなかにある使わないものは一度捨ててしまい、在庫が過剰にならないように管理することも必要です。

例えば、タンスや棚の中、納戸や倉庫なども含め一見見えなくなっているところに、不用品が山積みになっている可能性があります。1年以上使っていないものは処分してしまっても問題ありません。また在庫になっているものから使うと、使用期限や賞味期限が過ぎて処分することもなくなります。

・必要なものを長くきれいに使う工夫をする

不用品が多くなってしまう人の傾向として、とにかく安いもので在庫を持っている、買いすぎてしまう傾向にあります。「安いからまた買えばいいか」と考えてしまい、物を大切にしない傾向もあります。

自分が本当に気に入っているもの、必要なものを長くきれいに使う工夫をすることも大切です。例えば洋服も安くて枚数を持つのもいいですが、雑に扱っていればあっという間に傷んでしまいます。

洋服が部屋でたたまずに積み上がっている状態では、生地が傷んでしまったりかび臭くなってしまうこともあります。洋服の枚数は少なくても、しっかりとケースに入れて管理をする、湿気対策を行うことで、長く洋服を着こなせます。長くきれいに使うことも、結果として節約に繋がっていきます。

・部屋のレイアウトから見直す

部屋の片付けを考えている人は、まずは部屋のレイアウトから見直すことも必要です。今部屋のなかにある収納が、片付けにくい構造になっているのかもしれません。例えば必要なものを棚から出すのに上に乗っているものを一度出さないといけない構造など。片付けを本格的に行うのであれば、部屋のレイアウトから見直すのをおすすめします。お気に入りの棚を探してみたり、使いやすい収納を探してみると、不用品の片付けも楽しくなるかもしれません。年末で時間に余裕のある今こそ、部屋のレイアウトを見直してみてもいいと思います。

家の中を片付けたらお金が貯金できるようになる理由

家のなかを片付けると、どうして貯金ができるようになるのでしょうか。今までの散らかっている部屋でも、住んでいる本人にとっては快適な生活だったかもしれません。片付けがによるお金が溜まりやすくなる理由について説明します。

1. 本当に必要なものが見極められるようになる

片付けの第一歩は、今持っているもののなかで「本当に必要なもの=使っているもの」と「不要なもの=使っていないもの」の2通りに分類することにあります。不要なものは処分する必要がありますし、そのまま家の中に置いていても片付くことはありません。

家の片付けだけではなく家計などお金の管理も同じです。本当に必要な出費と、不要な出費を分類する必要があります。本当に節約したいと考えているのであれば、できる限り不要な出費を減らす努力が大切です。

片付けでできない人がお金の管理でもできるはずがありません。片付けを通してお金の貯金ができるようになると、本当に必要なものが見極められます。

2. 外出時に使うお金が少なくなる

家のなかが散らかっている環境では。家のなかにいても落ち着かないからとついつい外出したくなります。一度外出すると、カフェで一休みしたりフラっと入ったお店で買物してしまうことも少なくありません。

むやみに外出する習慣が原因でお金を散々してしまっていることもあります。家のなかの居心地がいいだけで出かけるのが嫌になることも。節約や貯金が自然とできている人は、もともとおうちで過ごすのが好きな人だったり、家にいる時間を楽しめる人です。

そのためには家がきれいでないと、長時間過ごしたいとは思えません。

3. 新しいものを買うのに慎重になる

物を買うのは想像以上に簡単です。近頃は通販サイトなどもありますので、それこそポチッとすれば簡単に手に入ります。そのため本当に必要なもの以外でも買ってしまい、あっという間に部屋のなかがもので溢れかえってしまいます。一度買ったものを手放すのは意外と手間も時間もかかります。

まず、この先残しておいても使わないもの=不用品と判断したものを処分する必要があります。もし売ったとしても買った時の値段よりも高くなることはほとんどありません。ものによっては処分するのにお金がかかるものもあります。

買ったものを処分する大変さを、身をもって実感することで、新しいものを買うのに慎重になります。安いから思いつきで買わなくなるので、部屋も散らかりにくくなります。

まとめ

本気で節約を考えたらまずは部屋の掃除から始めるのをおすすめします。不用品が部屋のなかで散らかっている状態では、いつまで経っても節約はできません。お金の管理ができている人というのは、自然と部屋の掃除もできている人です。

今年は何かと出費が多かったあなたも、年末のこの機会に部屋のなかを見直してみませんか。不用品の処分に困ったときは、当店、生活総合サービスにおまかせください。お電話1本で回収に伺いますので即日の不用品処分にも対応します。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら