TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

マンションのオナーが抱えるごみ屋敷問題とは

マンションのオナーのごみ屋敷問題とは
不用品
にお困りなら

マンションのオーナーさんにとって、自分が所有している物件に何もトラブルが起きてほしくないと思っているものです。

オーナーならではの悩みは想像以上に多く家賃の滞納や孤独死などなにかと問題になることもあります。なかでも本人はもちろん周囲にも迷惑がかかってしまう「ゴミ屋敷」は死活問題でもあるのです。

ゴミ屋敷の問題は年々増えている

一昔前のゴミ屋敷といえば戸建てなどの一軒家に多く、玄関や庭先まで溢れかえったゴミが問題になっていました。周囲から見ても「あそこの家、ゴミ屋敷だね」とわかるようなゴミ屋敷が主流でした。

近頃のゴミ屋敷はマンション等の閉ざされた空間で増えてしまうケースも多く、外から見ると判断できないケースが多いのです。見えないゴミ屋敷の多くは、仕事の都合などで退去を求められ慌てて片付けるケースも少なくありません。

逆にいえばそれまではゴミ屋敷を片付けることなく、放置されてしまっている状態なのです。マンションのなかにあるゴミ屋敷は、狭い空間に驚くほどのゴミが積み上げられているケースが多く足の踏み場もない状態のことも珍しくありません。

軽トラ
パック

ゴミ屋敷の形が変わりつつあるからこそ、マンションのオーナーがゴミ屋敷の問題に直面すること珍しくないのです。マンションのオーナー経験の長い人でも、ゴミ屋敷の経験がなく問題に直面してから慌てて対策を行う人も多いのです。

どうやってゴミ屋敷が発覚するの?

マンションに住んでいると近隣の住宅との付き合いはほとんどありませんよね。ゴミ屋敷に住んでいることがどうしてバレてしまうのかというと、大抵は周辺の家からのクレームです。

ゴミ屋敷があると異臭が隣の部屋にまで広がっていることもありますし、ゴキブリなどの害虫が増えてきた、ねずみなどの害獣の異変からゴミ屋敷が発覚することもあります。マンションでゴミ屋敷化している部屋は、ベランダにもゴミが溢れていることもあり、隣にゴミが流れてくるようになり調べてもらったらゴミ屋敷だったなんてこともあります。

ゴミ屋敷であるのをまわりに隠せていると思っているかもしれませんが、何かの拍子にバレることもあります。オーナーは「ゴミ屋敷がある」といわれれば現状を確認し注意するなど、生活状況を改善してもらうように促さなくてはいけません。

まさか本人もゴミ屋敷なのがまわりにばれているとは思っていないので、恥ずかしいと思えば片付けてくれることもあります。住民同士で注意をしてしまうとトラブルの原因になりますので、オーナーや大家、管理会社などが注意するのが一番です。

ただ注意するうえでいきなり「ゴミ屋敷ですよね」と指摘すると怒らせてしまうこともあります。「近隣の部屋から異臭がするなどの問題が起きているのですが心当たりはありませんか?」「ゴミのマナーが悪くて」など遠回りに注意して、「もしかしたら、自分のことを言っているのかも?」と思わせることで、ゴミ屋敷の状態を改善していきます。

オーナーにとってゴミ屋敷が及ぼす問題とは

ゴミ屋敷になってしまったときにマンションにとってどんな影響があり、どんな問題が考えられるのか?ゴミ屋敷の及ぼす影響について解説していきたいと思います。

1. 住民が安定しない

自分が住んでいるマンションにゴミ屋敷があると聞けば、引越しを考える人も少なくありません。部屋のなかをキレイに保っていてもベランダを開けるたびにどこからともなく異臭が漂ってきたり、ゴキブリなどの害虫がたくさんいる可能性もあります。

2年目の更新を待たずに退去する人もいますし、ゴミ屋敷が原因で更新せずに引越ししてしまうことも。マンションに空室があるとその分家賃が入らなくなってしまいます。オーナーにとっても住民が安定しないのはリスクにしかなりません。

ゴミ屋敷に住んでいた人が退去したとしても、原状回復に高額なお金もかかります。修繕に時間もかかりますし、ゴミ屋敷であったことを次の入居者には知られたくありませんよね。住民が安定しないのはオーナーにとっても死活問題になってしまいます。

2. 風評被害の危険性

ゴミ屋敷のあるマンションなのは隠しているつもりでも周囲の人に知られている可能性があります。SNSなどが普及している今、ゴミ屋敷を隠すほうが難しく住民から広がってしまうこともあります。

毎月家賃を払って生活する以上、ゴミ屋敷のあるマンションに住みたいとは思えない人も多いのではないでしょうか。どこから広まるかはわかりませんし、マンションに新しい入居者が入らなくなってしまう危険性もあります。

一度広まった噂は片付けたからといってすぐに解消できないことも多く、風評被害になってしまうのです。

マンションのオーナーのなかには家賃収入で生活している人もいると思います。それなのにゴミ屋敷のせいで入居者が決まらないと頭を悩ませる原因にもなりますね。

ゴミ屋敷の程度にもよりますが、年々増えている以上決して他人事ではないのです。同時に、孤独死対策なども考えていかなくてはいけません。安定的な収入を得るためにもゴミ屋敷は深刻な問題といえるのではないでしょうか。

マンションのオーナーを悩ませるゴミ屋敷を解決しよう

マンションのオーナーを悩ませているゴミ屋敷問題を解決するのであれば、不用品回収業者に依頼してみませんか?

ゴミ屋敷の住人の方にお話をするのはオーナーさんになってしまいますが、部屋を片付けたり不用品を回収・処分やハウスクリーニングなどの一通りの作業をすべてお手伝いできます。ゴミ屋敷を片付けるといってもどうしたらいいのかわからない、何から手をつけていいのかわからない人も多いものです。

不用品回収業者の中には軽トラパックなどもあり、乗せ放題(上限あり)なので面倒なゴミの分別も必要ありません。まとめたゴミをそのまま乗せていただくだけなので、時間のたんすy国も最適です。住民にとってもオーナーさんにとってもゴミ屋敷の問題は深刻です。

だからこそ負担にならない方法でしっかりと片付けていきましょう。ゴミ屋敷の問題が解決すると気持ちもすっきりとするはずですよ。マンションの未来のためにも早めに解決しておきたいものですね。

遺品整理に
お困りなら
メールでのお問い合わせはこちら