TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア
投稿日:🕒2016/05/21 更新日:🕒2016/05/28

自動車の古タイヤの処分は不用品回収業者に頼むと便利です

古タイヤは自治体の粗大ゴミでは出せません

自動車の古タイヤの処分にお困りの方も多いと聞きます。

スタッドレスタイヤに履き替えるなど、昔と比べると寿命以外でもタイヤを取り換える機会は多くなりましたが、それと同時に不用になったタイヤの処分方法がわからず、ガレージに放置したままという人も増えているようです。

各自治体によってルールは異なりますが、多くの自治体ではタイヤを始めとした自動車のパーツは粗大ゴミの対象外になっています。

つまり、不燃ゴミとして出すこともできないし、ゴミ処理場まで運んでも受け付けてくれないということです。処理の方法が一般廃棄物とは異なるため、古タイヤは家庭ゴミには分類されないことを覚えておきましょう。

あまり歓迎されない古タイヤの処分

それでは、どこで処分すればよいのかということになりますが、通常であればタイヤの交換時にディーラー等で捨ててもらうことになります。

よって、懇意にしているディーラーや車屋さんがあれば、場合によっては引き取ってくれることもあるでしょう。

ただし、どこでも引き取ってもらえるわけではありません。

古くなったタイヤはゴムが劣化しているので、そのまま再販することはできませんし、決して歓迎してもらえる類のものではないのです。

不用品回収業者に頼むのが手っ取り早い

もっとも現実的、かつ、簡単な方法は、不用品の回収業者に処分を依頼することです。

ガレージで眠っている古タイヤの場合、たとえばディーラー等で処分してもらう場合、お店まで自分で運ばなければなりません。

タイヤは意外と重量があるので、自分で運ぶのはけっこうな労力ですが、回収業者ならば自宅まで直接取りに来てくれます。

ただ、回収業者によっては取り扱っていないところもあるので注意が必要です。

廃タイヤは産業廃棄物になりますから、国から処分・廃棄を認定された業者でなければ引き取ってもらえないでしょう。

処分を引き受けてくれる業者の見分け方は、「産業廃棄物収集運搬業許可番号」がホームページに記載されているところです。

たまにこれの記載がない業者なのに、処分できるというところもありますが、そういうところの場合、不法投棄をするような悪質な業者という可能性も考えられます。

自分のタイヤが不法投棄されないためにも、適正な認可を受けた業者に依頼するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

意外と面倒な廃タイヤの処分ですね。

当社は産業廃棄物業者とも委託契約を締結していますので、安心してご依頼ください。

お読みいただきありがとうございました。

お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

メールでのお問い合わせはこちら