TOP 会社案内 お申し込みの流れ 品別価格表 お役立ち情報 対応エリア

金属製のキッチン用品の処分に困ったときは?

きれいなキッチン

年末年始に向けて自宅やお店にある不用品を処分したいと思っている方も多いのではないでしょうか。なかでも「金属製品」のゴミで困っている人はいませんか。例えば鍋やヤカン、フライパンなどの調理用品はそのまま燃えるゴミや燃えないゴミでは出せない地域もあります。そのため処分するにも手間がかかってしまったり、時間が取れない人にとっては厄介な存在になってしまいます。金属製品の不用品回収なら当店に任せてみませんか。

調理用品はキッチンでかさばるし処分しにくい

どのご家庭でも必ずといっていいほどある調理用品ですが、安価なものから高価なものまで種類もさまざまです。なかにはこだわりのブランド調理用品を使っている人もいるかもしれません。

でもこういった金属製品は使っているうちに劣化してしまうので買い替えが必要になります。金属の部分が変色してしまったり、テフロン加工で焦げ付かなかったフライパンが焦げ付くようになってしまうこともあります。

そのまま使えなくはないけど、美味しい料理の為には買い替えたいものですね。ちょうど年末だしこの機会に処分したいなと思っている人も多いのではないでしょうか。残すとしてもキッチンで場所を取るので困るんですよね。使わないままで積み重ねられた調理用品は意外とたくさんあるはずです。

年末の大掃除で気付いてはいたけど、後回しにしてしまっている人もいるかもしれません。でも意外と知られていないのが金属製品の処分方法です。いつも出しているもえるごみ・燃えないごみで出せると思っていませんか。

地域ごとに異なる小型金属の回収方法は

実は金属製品は「資源ごみ」に分類されます。新品か中古かは関わらずリサイクルしやすい素材として調理用品は「小型金属」に分類され分別回収の対象になります。地域によっても処分方法が異なるのでお住まいの自治体に確認するのをおすすめします。一部の地域の小型金属の処分方法について簡単にご紹介します。

【桑名市】

例えば、三重県の桑名市では、小型金属であれば不燃ごみとして回収できることになっています。事前に購入した不燃ごみ指定袋に入れて口を縛り、不燃ごみの日に出します。指定の袋に入らないものは「粗大ごみ」になります。中身が入っているものは捨て汚れているものは洗い流してから処分するようにしてください。

【海津市】

近隣の岐阜県海津市では、平成30年4月1日よりリサイクルの対象になり、武道館北側壁沿いにある蛍光灯や乾電池の場所に、小型金属用の回収ボックスが用意されています。もしくはエコドーム(月・火・年末年始を除く)でも回収しており24時間365日好きなときに利用できます。よく洗って汚れを落としてから出すように指定されています。近くにお住まいの方にとっては、ちょっと立ち寄るだけで処分できるので気軽に利用できますね。

地域によってはいつものごみ処理場に毎月1回~2回程度、回収に来るところもあり朝8時00までに透明のゴミ袋に入れて出すなんてケースもあるようです。この場合、朝の時間に合わせなくてはいけないので非常に厄介です。ゴミとして出したいと思っていても、仕事の時間もあってなかなか難しい人も多いのではないでしょうか。

小型金属を不用品回収業者に依頼したほうがいいケース

そのため、年末に金属製品も含め不要なものがたくさん出た場合は「不用品回収業者」への依頼をおすすめしています。どの方法で処分しようか迷っているあなたに、不用品回収業者を使ったほうがいいケースについてご説明します。

1. 処分するものが多い

年末年始でとにかく処分するものが多く、仕分けをしたりものによって処分する日が違うと大変ですよね。なかにはこのタイミングで家具や家電などの処分も考えているのではないでしょうか。きちんと分別していないと回収してもらえないばかりでなく、近所のお宅の目も気になるところです。

「ゴミちゃんと分別できないなんてマナー違反だわ」と思われてしまうかもしれませんし、周囲の目を気にしながら処分するのも大変です。ただでさえ年末はやらなくてはいけないことがたくさんあるし手間はかからないに越したことはありません。金属製品以外もある場合は、不用品回収業者を利用するのも検討しましょう。

2. 業務用の調理用品

自治体のリサイクルで回収している小型金属は、あくまでも「家庭用」のみです。例えば自宅で何か商売をされていて使っている調理用品だったり、過度な汚れがひどく落とせないほど状態の悪いものだと回収できないケースもあります。

家庭用の調理用品なら1個・2個程度ですが業務用にもなれば大きさも個数も違うのですぐにわかります。業務用の調理用品の買い替えや、リニューアルオープンに向けての買い直しなどで出た金属製品の処分は、自治体ではなく不用品回収業者のほうが気軽に依頼できます。持ち運びの手間もかからないので回収にも来てくれますし、忙しい年末の繁忙期でも安心です。

3. 回収場所が遠い

家の近くのゴミ回収場に取りに来る地域ではなく、指定の場所に持ち込まなくてはいけない場合、金属製品の処分をもって移動するのも大変です。例えば処分するなかに圧力鍋があれば重さも十分にありますし、1人で持ったまま移動するのも大変です。

仕事が忙しく思っている以上に時間が確保できない人や、回収場所が遠い人にとっては無料のリサイクルとはいえ回収場所に持っていくのは大変ですし、不用品回収業者を使ってもいいと思います。また不用品回収であれば指定の日時にお宅に向かうこともでき、時間のタイムログがほとんどありません。

不用品回収業者に依頼するのはどうしたらいいの?

まずは不用品回収業者を探します。ただし不用品回収業者のなかには悪質な業者もいるのも確かで、回収した不用品を山間部に破棄したり価値のないものと偽って回収してしまう業者もいます。いくら回収してもらったものとはいえ、このゴミが自治体に見つかると回収してもらったお客様側にも責任がかかってしまいます。せっかくお金をかけて回収してもらうわけですし、安心して任せられる人に不用品回収の依頼をしたいものですね。

不用品回収業者を決めたらメールや電話等で回収してほしいものや、量、日時などを伝えて回収日の予約します。混雑具合にもよりますが、電話をもらった即日に回収にいけるケースもありますので、まずはご相談ください。

回収する量にもよりますが自治体では回収できないものでも一緒に引き取りでき、乗り切る量であれば追加料金も発生しません。また「来たついでにちょっとお願いしたいんだけど…」なんてご依頼もお断りしません。

業者のなかにはちょっとした依頼でも追加料金がかかることもあります。予約するときは慌てていて伝え忘れてしまった…なんてこともありますし、できるだけお客様に寄り添い回収いたします。

まとめ

鍋・やかん・フライパンなどの金属製品の処分は自治体のリサイクルを使う方法もありますが、不用品回収業者を使ってぱぱっと処分してしまうほうが安心です。ゴミの仕分けも必要なく、粗大ごみや家具・家電などの処分もできますし年末の忙しい時期でもあっという間に片付きます。調理用品がそのままになっていてなんとかしたいと思っていた人はこの機会に見直してみませんか。キッチンの限られたスペースをきれいに保つのであれば、不要なものは処分してしまったほうが、片付けも楽になりますよ。

メールでのお問い合わせはこちら